これまでクレジットカードのショッピング枠現金化を利用することができない

  • 収入のない方
  • 無職の方
  • 過去に自己破産などを行ったブラックリスト
  • 未成年の方

といったような原則的にクレジットカードの審査の通らない方でも資金調達が可能な方法として、クレジットカードのように後払いでの決済ができる携帯電話のキャリア決済を現金化するサービスが脚光を浴びていました。

この携帯決済の現金化ではamazonギフト券などの電子マネーを携帯決済で購入し換金する方法によって現金化されていましたが、2017年11月より携帯決済ではamazonギフト券の購入ができなくなったのです。

したがって今までのようなamazonギフト券による携帯決済現金化は不可能となり、それ以外の方法で携帯キャリア決済を現金化するしかありませんが、実は携帯決済でamazonギフト券を購入することができるスマホアプリがありました。

それが「バンドルカード」というプリペイドカードをスマホで使用することができるアプリなのですが、このバンドルカードについてまだ知らない方も少なくありませんので簡単に説明していこうと思います。

今でもできる携帯決済でamazonギフト券を購入する方法

携帯決済を現金化する方法

クレジットカードのショッピング枠現金化でもそうですが、現金化を利用する際にもっとも重要ともいえるのが決済金額に対する現金の割合となる「換金率」や「還元率」といったパーセンテージといえるでしょう。

多くの現金化ユーザーはより高い換金率の業者で利用するためにいくつもの現金化サイトに申し込みをし比較しています。

クレジットカード現金化の場合、多くの店舗やサイトで決済することができるため現金化方法はいくつもありますが、携帯キャリア決済は現在でも決済できるサイトは限られており現金化の方法も多くはありません。

この携帯決済でamazonギフト券が購入することができなくなりましたが、そのほかの電子マネーとなるiTunesコードであれば各キャリアの公式ホームページから携帯決済によって購入することができます。

そのためamazonギフト券に代わる携帯決済の現金化方法としてiTunesコードの転売という選択肢もありますが、amazonギフト券と比較すると買取率が10%以上も低くなるため現金化する際の換金率に納得いかない方も少なくありません

こういった現金化における換金率の部分を考慮した場合、高く買い取りが可能な電子マネーはamazonギフト券よりも優れているものはなく最適な金券類といえるでしょう。

ではAmazonやPINCOMでは携帯決済で買えなくなってしまったamazonギフト券の購入方法はといいますと、各キャリアの発行するプリペイドカードを利用する方法です。

どこの携帯キャリアでもキャリア決済でチャージすることが可能なプリペイドカードを発行しています。

このプリペイドカードにはクレジットカードの国際ブランドがあり、チャージすることによってカードに表記されるロゴのクレジットカードとして買い物をすることができるのです。

したがってキャリア決済でプリペイドカードにチャージすればamazonギフト券を購入することができます。

ただしこのプリペイドカードは発行されるまで数日間かかるため携帯決済を即日現金化することはできません。

ところがスマホでアプリをインストールすればすぐに利用することができるプリペイドカードが存在するのです。

アプリをインストールすればカードが発行される「バンドルカード」

バンドルカード

近年ではパソコンでのインターネットサービスの進歩に加え、スマートフォンのアプリも飛躍的に進化していることを実感させられます。

などこれまでにはない画期的なサービスが次々とスマホアプリとして利用することができるようになりました。

したがって今ではスマホは電話やメールなどの通信手段だけではなくさまざまなサービスをアプリから利用することができるマストアイテムとなっているのです。

そんな便利なスマホアプリのひとつに「バンドルカード」というものがあります。

このバンドルカードというアプリは起動するとクレジットカードのような画面が表示されVISAカードとして使用することができるチャージ式のプリペイドカードのアプリなのです。

バンドルカードにチャージする方法としては

  • コンビニ払い
  • ドコモのケータイ払い
  • ビットコイン
  • ネットバンクからの振込み
  • ペイジー

といった複数のチャージする手段があります。

バンドルカードにいずれかの方法でチャージすることによってクレジットカードの国際ブランドのVISAのロゴのあるお店やサイトで支払いに使用することができるようになるのです。

したがって各キャリアのプリペイドカードのように発行までの時間はかからず即座にプリペイドカードを使用することができるアプリとなります。

バンドルカードならamazonギフト券の購入が可能

バンドルカードでアマゾンギフト券購入

これまでクレジットカード不要となる携帯電話のキャリア決済を利用した現金化サービスが「誰にでも利用可能な資金調達方法」として活用されてきました。

ところが携帯決済でamazonギフト券を購入できる唯一のサイトであったPINCOMでは販売中止になり、Amazonサイトでも携帯決済でのamazonギフト券購入ができなくなったことによって、ついに携帯決済ではamazonギフト券は買えなくなったのです。

そんな最中、アプリをインストールするだけですぐに使用することが可能なスマホアプリ「バンドルカード」がこの携帯決済現金化の救世主となりました。

現在ではドコモのケータイ払いのみの対応となりますが、携帯決済をチャージすることによってamazonギフト券が購入することができるのです。

ただこのバンドルカードでamazonギフト券を購入する際の注意点として1回のチャージ上限金額は3万円までとなっており、ドコモのケータイ払いで3万円分チャージしても3万円分のamazonギフト券の購入はできません

これはどういうことなのかといいますと、amazonのアカウントにバンドルカードをチャージする際にはカードを承認するために1円の決済が自動的に行われます。

したがって3万円分のチャージをして決済できる金額は29,999円分となり、3万円の決済は通らないのです。

さらにバンドルカードにケータイ払いでチャージする際には300円の手数料が加算されることになりますので、携帯電話料金は30,300円の請求となります。

このようにバンドルカードでは注意する点がいくつかありますが、手軽に携帯決済を現金化することができる数少ない方法といえるでしょう。

スポンサーリンク