お金を借りない資金調達の方法としてクレジットカードのショッピング枠現金化があり、クレジットカード不要の現金化サービスとして携帯キャリア決済の現金化が利用されています。

そんなさまざまな「現金化方法」に共通する点といえば現金化するために使用するクレジットカード決済及び携帯キャリア決済は後払いで請求される点といえるでしょう。

したがって現金化はお金を借りるわけではありませんが現金化に使用した決済というのは後から支払いをすることになるのです。

そのため「今、手元にお金がない」といった緊急時の対処法として現金化が活躍しているのですが、クレジットカードや携帯キャリア決済に代わる新たな現金化が登場しました。

これまでドコモのケータイ払いやソフトバンクのまとめて支払いによるキャリア決済現金化を利用していたユーザーはご存知かと思いますが、キャリア決済によってチャージが可能なプリペイドカード『バンドルカード』というスマホアプリがあります。

※2018年4月現在はドコモ及びソフトバンクのキャリア決済によるバンドルカードへのチャージはできません。

このバンドルカードのチャージ方法に「ポチっとチャージ」という後払いでチャージできる機能が追加されました。

つまりクレジットカードや携帯キャリア決済を使用することなくバンドルカードのポチっとチャージによって現金化することが可能となったのです。

ではこのバンドルカードでの後払いによる現金化について検証していきたいと思います。

後払いでバンドルカードにチャージできる「ポチっとチャージ」

後払いとなるポチっとチャージ

お金を工面する手段としてクレジットカードのショッピング枠現金化がこれまで活用されていたしたが、クレジットカードを所持していない方でも同様に資金調達ができる方法としてスマホで完結できるキャリア決済現金化は活用されるようになりました。

しかしながら大手携帯キャリアはキャリア決済で現金化することは認めていないため、現金化目的で購入されていたamazonギフト券やiTunesギフトコードの販売が相次いで中止されるようになったのです。

そんな厳しくなりつつある現金化事情の新たな風となるのがバンドルカードに追加されたポチっとチャージというチャージ機能となります。

クレジットカード決済やキャリア決済に次ぐ新たな決済方法として注目されているのが「コンビニ後払い」や「NP後払い」といった審査不要で簡単に利用することができる支払い方法がフリマアプリやネットショッピングなどでも利用できるようになっているのです。

ではバンドルカードに登場したポチっとチャージの仕組みや利用方法について解説していきます。

ポチっとチャージの仕組み

バンドルカードで後払いで買い物ができるポチっとチャージはGardiaという企業が提供する後払いサービスとなっており、後払いサービス規約の同意の上サービスを利用することになります。

このポチっとチャージの仕組みはといいますと

  • 上限金額 1ヶ月2万円まで
  • 支払い期限 チャージした翌月末日
  • 支払い方法 コンビニ払い及びPay-easy(ペイジー)によるお支払

といった内容になっており、必要な時に2万円までを簡単にチャージすることができ買い物の決済に使用することができます。

ポチっとチャージの利用方法

まだバンドルカードのアプリをインストールしていない方はコチラからどうぞ

登録時の招待コード

vnxwus

を入力しますと200円がバンドルカードの残高にチャージされます。

ポチっとチャージの利用方法はまずバンドルカードのアプリを起動し「チャージ」を選択しますとポチっとチャージの項目がありますので、そこからチャージを開始します。

事前確認の項目では

  • 氏名
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号

を入力し利用規約確認に同意します。

メールアドレス、電話番号の順に認証が行われ完了すれば金額を入力しチャージが完了します。

ポチっとチャージの手数料

ポチっとチャージでは1回のチャージごとに金額によって手数料がかかります。

  • 3,000円~10,000円 500円
  • 11,000円~20,000円 800円

支払い期限までに支払いができない場合には

ポチっとチャージを利用した支払い期限が過ぎてしまった場合、利用規約に則り

  • バンドルカードの利用停止
  • 第三者への債権譲渡
  • 支払い期限翌日から支払いに至るまでの遅延損害金請求(年利14%)

といった厳しい措置となりますので期限内にお支払いするようにしましょう。

バンドルカードのチャージ残高の現金化方法

バンドルカードのチャージ残高現金化

2018年現在のクレジットカードのショッピング枠現金化及び携帯キャリア決済現金化のもっとも効率的な方法とされるのがamazonギフト券による現金化方法です。

ただクレジットカード会社及び携帯キャリア決済でのamazonギフト券の購入は現金化目的での使用が多くなる傾向にあり厳しくなりつつあります。

しかしながらバンドルカードはプリペイドカードとなるため現在でも問題なくamazonギフト券を購入することができ現金化することが可能なのです。

したがってポチっとチャージによってチャージされたバンドルカードの残高を効率的に現金化する方法としてはamazonギフト券をバンドルカードで購入し換金する方法といえるでしょう。

ではどこでamazonギフト券を高価買取ができるのかといいますと

といった以前からある老舗買取業者なら安全に買取できますが、新規なら92%でamazonギフト券を換金することができる買取ボブが今、人気急上昇中の買取サイトとして比較サイトなどでも高く評価されています。

アマイズムでは高い買取率だけではなく、

  • 古物営業許可店による正規買取業者
  • 最短5分でのスピード買取
  • 業界最多のネットバンクで24時間即日振込可能

といった様々な部分でも他の買取業者よりも優れたamazonギフト券の買取専門サイトといえるでしょう。

携帯キャリア決済よりも優れたバンドルカードでの後払い現金化

バンドルカード後払いでの現金化

2018年4月17日現在、これまで携帯キャリア決済によってチャージすることが可能だったバンドルカードですが、現在は全てのキャリア決済でチャージすることができなくなりました。

これはPINCOMや各キャリアでのデジタルコードが販売中止になったのと同様、現金化目的でのキャリア決済の使用が規制される動きによるものでしょう。

そのため今後も携帯キャリア決済現金化はさらに難しいものとなりますが、それに代わる画期的な現金化方法となるのがこのポチっとチャージによるバンドルカードでの後払い現金化です。

この後払いでの現金化は審査もなくスマホひとつで毎月2万円の現金化ができる「後払い」と「現金化」を組み合わせた究極の資金調達といえるでしょう。

しかしながら昨今の日本社会の現金化に対する姿勢を考慮すると、このバンドルカードでの後払い現金化も自主規制となることも考えられます。

それでもポチっとチャージの

  • 身分証明書の確認不要
  • 上限金額2万円
  • 携帯電話のSMS認証

といったシステムは話題となった現金化アプリ「CASH」と同じような内容となっており、CASHのようにバンドルカードも大成功を収めるかも知れません。

CASHもリリース当初は貸金業法に抵触する恐れがあるなどと言われていましたが、今では当たり前のようになったように今後はバンドルカードでの後払い現金化も浸透する可能性もあるでしょう。

スポンサーリンク