クレジットカードで買い物をし購入した商品を換金するショッピング枠の現金化は数十年も前からあるサービスですが、商品を購入するためのクレジットカードが必要不可欠となります。

つまりクレジットカードの所有者でなければ利用することができないという条件がありますが、近年ではクレジットカード不要の現金化方法として携帯電話料金に合算して支払いができる携帯キャリア決済の現金化が登場しました。

この携帯電話のキャリア決済はクレジットカードを発行する際の審査はなく、携帯電話を持っている方であれば使用することが可能となる幅広い層の方が資金調達できる方法といえるでしょう。

クレジットカードでの買い物はリアル店舗だけではなくインターネット上でのオンライン決済ができるのに対し、携帯キャリア決済はオンライン専用の決済方法となります。

したがって携帯決済の現金化はインターネット上で販売されている商品を購入し換金する方法が主体となっているのです。

そしてクレジットカードのショッピング枠現金化同様、amazonギフト券を携帯決済で購入し現金化する方法が大半となっていたのですが、現金化目的での携帯決済の使用が横行したことにより携帯決済でamazonギフト券を購入することができない状況となりました。

当然ながらそれでも携帯決済現金化のニーズはなくなったわけではありません。

では今後、携帯電話のキャリア決済現金化はどのような方法で行われることになるのでしょうか?

携帯決済で買えなくなったamazonギフト券

amazonギフト券が買えない

クレジットカードのショッピング枠現金化の方法というのは

  • 新幹線チケットや電化製品の買取
  • キャッシュバック特典付商品の購入
  • クレジットカード決済のキャンセル

などさまざまな方法があります。

原則的にクレジットカード現金化は換金することができる商品をショッピング枠で購入することができれば現金化することは可能です。

それに対し携帯決済現金化はクレジットカードのようにどこでも決済ができるわけではなく、購入することができる商品は限られています。

クレジットカード現金化だけではなく携帯決済現金化としてもamazonギフト券は現金化するために優れた商品でした。

このamazonギフト券が携帯決済で買えないというのは現金化するために適した商品を失ったようなものです。

ではこれまで携帯決済はどこでamazonギフト券を購入することができたのかといいますと、

  • Amazonサイト(ドコモケータイ払い)
  • WebMoney PINCOM

といった正規の販売サイトでした。

現在ではいずれのサイトでも携帯決済でamazonギフト券を購入することはできません

amazonギフト券以外の携帯決済現金化方法

amazon以外の電子マネー

amazonギフト券というのは国内最大手のショッピングサイトAmazonで買い物することができる電子ギフトです。

つまりデパートなどの商品券と同様に利用価値の高いギフト券といえるでしょう。

このamazonギフト券の換金性の高さが現金化に適していたことは間違いありません。

したがってamazonギフト券に近い電子マネーを携帯決済で購入し換金すれば現金化することができるのです。

ではどのような電子マネーが現金化に適しているのかといいますと、各キャリアの公式ホームページから購入可能なiTunesコードがamazonギフト券の代わりに携帯決済で購入し現金化されています。

ドコモ オンラインショップ

au オンラインショップ

softbank オンラインショップ

iTunesコードというのはapple社製のスマートフォンとなるiPhoneやタブレット端末となるiPadでゲームやアプリなどのコンテンツをダウンロード購入する際に使用することができる電子マネーです。

したがってamazonギフト券のようにさまざまな商品を購入することができるわけではありませんが、iPhoneユーザーには需要のある電子マネーといえるでしょう。

ただamazonギフト券と比較するとiTunesコードは売買される価格の相場が10%程度低いことから現金化する際の換金率も低い水準となる欠点があるのです。

ただiTunesコードは携帯決済でもっとも手軽に購入できる電子マネーであり、換金することも難しくはないため現在の携帯決済現金化購入される商品としてもっとも有力な候補となっています。

現在でも携帯決済でamazonギフト券を購入する方法

これまで携帯決済でamazonギフト券を購入し換金する方法が現金化の主流となっていましたが、携帯決済で直接amazonギフト券を購入できるサイトはなくなりました。

そのためamazonギフト券以外の電子マネーとなるiTunesコードでの現金化が増加していますが、実は現在で携帯決済を使用してamazonギフト券を購入する方法は存在するのです。

ではどのような方法なら携帯決済でamazonギフト券を購入することができるのでしょうか?

各キャリアが発行するプリペイドカードにチャージし購入

dカードプリペイド

amazonギフト券は携帯決済では直接購入することはできなくなりましたが、各携帯キャリアには携帯決済でチャージすることができるプリペイドカードがあります。

ドコモ dカードプリペイド

au WALLETプリペイド

ソフトバンクカード

このプリペイドカードはクレジットカードの国際ブランドのロゴがありますが、クレジットカードではないため発行する際に審査はなく、キャリアの契約があれば申込だけで簡単に発行することができます。

そしてプリペイドカードに携帯決済をチャージすればクレジットカードのように買い物することができるのです。

したがってキャリアのプリペイドカードに携帯決済でチャージしクレジットカードとしてamazonギフト券を購入することができます。

これまでの携帯決済で直接amazonギフト券を購入する方法と比較すると若干、手間はかかりますがiTunesコードよりも高い換金率となるamazonギフト券での携帯決済現金化が可能な唯一の方法といえるでしょう・

スマホアプリ「バンドルカード」にチャージし購入

バンドルカードでamazonギフト購入

キャリアのプリペイドカードの場合、申込をしてからカードが発行されるまで日数がかかりますが、即座に携帯決済をチャージすることができるプリペイドカードのスマホアプリがあります。

そのアプリが「バンドルカード」です。

このバンドルカードはクレジットカードやビットコインでチャージすることができることに加え、ドコモのケータイ払いでのチャージもできます。

バンドルカードはアプリを起動するとカード番号や有効期限といった普通のクレジットカードのような情報が表示され、このバーチャルカードを使用してamazonギフト券を購入することができるのです。

さらにリアルカードも有料ですが発行することもでき実際の店舗での支払いに携帯決済を使用することもできる特徴があります。

まだある!携帯キャリア決済を現金化する方法

キャリア決済が使えるモバオク

これまで携帯決済の現金化はメールでの送受信が可能なamazonギフト券に特化していましたが、携帯決済で換金性の高い商品を購入することができれば他の商品でも現金化することはできます。

たとえば携帯決済でクレジットカード会社が発行している商品券を購入することができれば簡単に現金化することはできるでしょう。

では携帯決済を使用することができ商品券を買えるサイトはないのかといいますと

  • ヤフオク
  • モバオク
  • フリル

といったネットオークションやフリマサイトではJCB商品券が販売されており、携帯決済での購入もできます。

確かに携帯決済で商品券を購入し換金すれば現金化することは可能ですが、少なからずデメリットもあるのです。

  • 商品券が届くまで時間がかかるため即日現金化はできない
  • 商品券の額面よりも高い価格で出品されている
  • 詐欺被害に遭う可能性もある

このような点があるためこれまでのamazonギフト券での現金化よりもリスクはあるといえるでしょう。

amazonギフト券での現金化は今後さらに厳しくなる可能性

amazonギフト券現金化は厳しい

2017年11月1日より携帯決済でのamazonギフト券購入はできなくなりました。

この原因は現金化目的による携帯決済の使用が横行したことと推測されます。

ではクレジットカードのショッピング枠現金化するためのamazonギフト券購入に関してはまったく影響はないのでしょうか?

現在、amazonギフト券のEメールタイプやPDF印刷タイプはクレジットカード決済でしか購入することはできません。

したがってamazonギフト券をクレジットカードで購入することが換金目的に直結することはできないのです。

しかしながら現金化目的でのamazonギフト券購入というのはごく少数というわけではないでしょう。

最近ではこれまで以上にクレジットカードでもamazonギフト券が購入できないケースが増加しています。

つまり徐々にですが携帯決済だけではなくクレジットカード現金化も規制されつつあるのではないでしょうか。

今後はもしかしたらクレジットカードでのamazonギフト券を買えないという状況に陥る可能性もあり、クレジットカードのショッピング枠現金化もできなくなることも考えられます。

スポンサーリンク