消費者金融などの金融機関からお金を借りることができない方がお金を工面することができる数少ない方法としてクレジットカードのショッピング枠現金化が利用されていることはいうまでもありません。

クレジットカードでお金を借りるためのキャッシング枠を限度額いっぱいまで使用してしまった方でも、ショッピング枠を有効に現金に換えることができるサービスです。

このクレジットカードのショッピング枠を現金化するために大半の方は現金化サービスを提供している現金化業者に申し込みお金を工面しています。

現金化業者でショッピング枠をお金に換える方法というのはいくつかありますが、数年前に大きく取り沙汰されていたキャッシュバック特典付商品をクレジットカード決済で買う方法がありました。

近年ではネットショッピングが浸透しさまざまな商品をインターネットを利用して簡単に購入することができます。

このクレジットカード決済が可能なECサイトを利用し現金化するのがキャッシュバック方式なのです。

キャッシュバックによるクレジットカード現金化では一般的なECサイトとして商品を販売し、ショッピング枠を現金化したい利用者にクレジットカード決済で商品を購入させ決済金額の7割程度を「キャッシュバック特典」名目で送金する方法でした。

つまりクレジットカード決済をできるサイトや店舗を利用することができれば現金化することは難しいことではありません

つまり自分でクレジットカード決済をすることが可能であれば自分でショッピング枠を現金化することもできるのです。

そこで最近リリースされたスマートフォンアプリの「ONE PAY」というクレジットカード決済アプリをご存知でしょうか。

ではこの決済代行会社との契約や審査の必要なく簡単にクレジットカード決済が可能となるワンペイというスマホアプリについて調べていきたいと思います。

現金化することが可能なアプリやサービスが増加するワケ

現金化の需要が増加

カードでお金の看板の店舗で商品の買取を行っているクレジットカード現金化は数年前と比較するとあまり見かけなくなってきているのではないでしょうか?

これにはいくつかの理由があり、過去にクレジットカード現金化の業務を行っていた業者が摘発されたことによって店じまいをしたところも少なくありません。

ただそれだけではなく、リアル店舗での現金化はインターネットで取引する現金化方法へと移行していったのです。

確かに現在でも店頭で新幹線の回数券などを買い取るクレジットカード現金化の需要はあり、東京都内にはいくつものカードでお金の看板を見かけます。

しかしながら店舗まで来店する必要なくパソコンやスマホから手軽にクレジットカード現金化ができるのであればわざわざお店まで足を運ぶ必要はありません。

そのためインターネットだけの手続きで利用することができるクレジットカード現金化のニーズが増加しているのです。

ただインターネットでのクレジットカード現金化というのは現金化専門サイトだけではなくさまざまなサイトやサービスを利用してできることをごぞんじでしょうか?

このように特に最近ではお金に換えることを意味する「現金化」というキーワードがニュースなどで取り上げられているようにも感じられます。

これまで日本ではクレジットカードのショッピング枠を現金化することは規制すべき行為という考え方が強くありますが、海外ではクレジットカードでの送金も可能であり日本とはクレジットカードに関する捉え方異なっているのです。

そんな海外で流行しているインターネットサービスが日本でも登場し始めてきているため新たな形でのクレジットカード現金化も誕生するのではないでしょうか。

海外ではクレジットカードのショッピング枠は現金として使用することは特に問題のあることではなく、それに近いサービスも日本に登場してきておりONE PAYもそのひとつといえるでしょう。

1分で始められる簡単決済アプリONE PAYとは?

クレジットカード決済アプリONEPAY

店舗やショッピングサイトを運営している方であればご存知かと思いますが、商品代金の支払いを現金以外となるクレジットカードや電子マネーでの決済を導入するためには決済代行会社と契約を結ばなければなりません。

クレジットカード決済を可能するための決済代行会社にも審査があり

  • 業種
  • 販売している商品やサービス
  • 売り上げ

などによって契約できないこともあります。

したがって簡易的なショッピングサイトを開設したとしても、クレジットカード決済は導入することは困難といえるでしょう。

そんなちょっと敷居の高いクレジットカード決済をスマホひとつで利用することができるのがONE PAYというアプリなのです。

ONE PAYでクレジットカード決済を可能にするまでの手順は

  1. 「ONE PAY」のアプリをスマホでダウンロード
  2. Face Bookのアカウントを登録
  3. 住所や電話番号などの情報を登録

といった非常に簡単な手続きだけでクレジットカード決済が可能となります。

確かに「1分で始められる簡単決済」という言葉はウソではありませんでした。

本当に1分でクレジットカード決済ができるようになるスマホのアプリがあるのは、これまでの決済代行会社よりも圧倒的に便利といえるでしょう。

決済アプリONE PAYの詳細内容

onepayの詳細内容

これまでクレジットカード決済を導入するためにはECサイトを開設し決済代行会社の審査に通らなければなりませんでした。

そんなクレジットカード決済が1分で利用可能となるONE PAYはどのようなアプリなのでしょうか?

ONE PAYでのクレジットカード決済の流れ

ONE PAYのアプリを起動しますとまず「金額を入力」という表示があります。

決済金額

ここにクレジットカード決済をする金額を入力します。

たとえば商品の価格が1万円であれば10,000と入力しそこに消費税を加算するのであれば「消費税を含める」を押すと税込価格10,800円が決済金額となります。

そして「次へ」を押すと決済へと進みます。

基本的にONE PAYではクレジットカードを直接撮影することによってカード情報を読み取ることもできますが、手動での入力も可能です。

このクレジットカード情報の入力が完了すれば自動的に決済され手数料が差し引かれた金額を出金することができるようになります。

クレジットカード決済完了

初期費用や月額費用は不要

クレジットカード決済の方法というのは一般的に店舗でレジの端末にクレジットカードを通すことを想像されるのが多いのではないでしょうか。

決済の方法はそれだけに限られているわけではなくネットショッピングではカード情報を入力するだけで決済することができます。

通常の決済代行会社を利用する際には決済端末を貸与したりするため初期費用がかかり、毎月の月額使用料も請求されることになるのです。

その点、ONE PAYではアプリをダウンロードしアカウントを登録するだけで、初期費用は一切なくクレジットカード決済を開始することができます。

そして毎月の使用料もなく、ONE PAYが必要なくなった際の解約手数料もないシンプルな料金体系が特徴といえるでしょう。

つまりONE PAYでかかる費用というのはクレジットカードを決済した際の決済手数料と決済金額を引き出す際の出金手数料だけしかありません。

決済可能なクレジットカードの種類と決済手数料

決済手数料

お店で買い物をする際には現金で支払ってもクレジットカードで決済しても支払う金額には差はありません。

しかしお店側はクレジットカード決済する際には決済手数料を負担することになるのです。

したがって一般的なお店では「クレジットカード払いよりも現金の方がありがたい」といえるでしょう。

ではこの簡単決済アプリONE PAYではクレジットカード決済する際の手数料はどのくらいかかるのかといいますと、決済金額の5%が決済手数料となります。

そしてONE PAYでクレジットカード決済をし出金する際に決済金額の5%が差し引かれた金額が入金されることになるのです。

出金手数料

ONE PAYでクレジットカード決済を行いその決済金額を現金化するためには出金手数料が発生します。

振込先となる金融機関は

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行

といった国内の主要銀行以外にもほぼすべての金融機関に出金が可能です。

各金融機関や振込金額によって振込手数料は異なってきますがONE PAYの出金手数料は一律300円が決済金額から差し引かれ入金されることになります。

決済可能なクレジットカードの種類

大手のネットショップでは国内で使用できるほぼすべてのクレジットカードに対応しています。

そのため「このクレジットカードだと買い物ができない」といったケースはないでしょう。

ではONE PAYでもすべてのクレジットカードが決済できるのかいいますとそうではありません。

2017年現在ONE PAYで決済可能なクレジットカードの国際ブランドは

  • VISA
  • Master
  • American Express

となっておりJCBとダイナースには対応していません。

クレジットカード決済の上限金額

クレジットカードのショッピング枠というのは人それぞれ異なるものです。

クレジットカードを新規発行した方は20万円が限度額ということもあれば、プラチナカードなど無制限に使用できるクレジットカードもあります。

通常のネットショッピングでは購入する商品の価格でクレジットカード決済することになりますが、ONE PAYでは決済金額を自由に指定することが可能です。

ではONE PAYで1回のクレジットカード決済はいくらまで可能なのでしょうか?
ONE PAYでの決済の上限金額は999,999円までとなります。

つまり約100万円までのクレジットカード決済が一度にできることになります。

これまでの送金アプリとONE PAYの違い

割り勘のスマホアプリ

ショッピング枠現金化ザ・ワールドでは今までクレジットカードのショッピング枠を現金化することが可能なサービスやアプリをいくつかご紹介させていただきました。

飲み会の割り勘アプリの「paymo」や無料送金アプリとなる「Kyash」などが最近登場した個人間送金が可能なスマホアプリといえるでしょう。

このようなアプリでもクレジットカード現金化することは可能ですが、どのアプリにも多少の障害があります。

  • paymoでは割り勘するためのレシートが必要となる
  • 共通したアプリのダウンロード若しくはアカウントが必要となる
  • 送金した金額を直接現金化することができない

といった点がありましたが、ONE PAYはこういった欠点のないクレジットカードを現金化するために適した決済アプリといえるでしょう。

ONE PAYを利用してのクレジットカード現金化は可能?

ONE PAYでのクレジットカード現金化

クレジットカードのショッピング枠を現金化している利用者は個人の方もいれば会社を経営している事業主の方も少なくありません。

レストランやブランド品などを販売する店舗を運営している経営者であればクレジットカード決済する端末がありますが、それ以外の方はクレジットカードを決済することはできないため自分で現金化するためには何かの商品を購入し換金するしかないでしょう。

しかしながらONE PAYでは誰でも簡単にクレジットカード決済が利用することができます。

したがって自分自身のクレジットカードをONE PAYで決済し出金することも不可能ではありません。

しかも確実に95%の換金率で現金化することができます。

これはまさにクレジットカード現金化するために最強の決済アプリといえるのではないでしょうか?

ただこのONE PAYでのクレジットカード現金化に不安を抱く方も少なくないでしょう。

自分自身の決済を使用し自分のクレジットカードを利用することは本当に大丈夫なのでしょうか?

当然ながらクレジットカード会社の利用規約違反となることは間違いありません。

自分のクレジットカードを決済する行為はONE PAYは禁じられているのかを検証していきます。

ONE PAYの利用規約では現金化行為は禁止されていない

現金化行為は禁止されていない

スマホだけでクレジットカード決済ができるONE PAYは

  • 個人間の売買
  • 小規模のお店などの支払い
  • パーティーレッスン勉強会の参加費集金
  • ポップアップストア屋台での利用

といったようなシーンで活用することができるこれまでにない新しいスタイルのアプリとして登場しました。

最近、大きな話題となっていた現金化アプリCASHもそうですが、リリースからわずか16時間で利用停止となってしまったように新しいビジネスというのはシステムの欠陥は稼動してみなければどこにあるかわからないものなのです。

確かにONE PAYはこれまでのクレジットカード加盟店としての審査はなく、クレジットカードを撮影するだけで簡単に決済することができる利便性の高いアプリといえますが、不正に悪用することは難しいことではありません。

当然ながらONE PAYでは利用規約において

  • 不正に取得したクレジットカードの使用
  • 偽造若しくは変造されたクレジットカードの使用
  • 詐欺等の犯罪に結びつく行為

などを禁止しております。

したがって利用規約に違反する行為によってアカウントの利用停止や決済残高の凍結などの措置が取られる可能性があるのです。

ではONE PAYの利用規約ではクレジットカード現金化について禁止されているのかといいますと、実は現金化行為に関する記載はなく禁止されてはいません

したがってONE PAYでのクレジットカード現金化は今のところ問題ないといえるでしょう。

現金化業者がONE PAYによるクレジットカード決済を行う可能性

現金化業者による決済

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者において決済ラインというのは非常に重要なポイントといえるでしょう。

キャッシュバック特典付商品の販売や商品買取を偽装する現金化業者の場合、クレジットカード決済は必要不可欠な存在なのです。

ONE PAYはスマホだけでできる簡単決済アプリであり、クレジットカード現金化に最適ということは間違いありません。

ただこのONE PAYでクレジットカード決済をする際には「目的」が必要となってきます。

当然ながら現金化目的での決済を何度も行うことはリスクがあるため、商品の売買やサービスの利用といった名目がなければ不審な取引となってしまうのです。

今のところ現金化業者でONE PAYを利用しているところはありませんが、現金化業者が導入するのであればキャッシュバック等のクレジットカード決済をするための目的が必要となるでしょう。

今後、このONE PAYのようなビジネスモデルのサービスが登場することによってますますセルフ現金化が進みカードでお金の現金化業者は衰退することになります。

そして日本でもクレジットカード現金化が公認される日もそう遠くはないのでは・・・。

スポンサーリンク