クレジットカードのキャッシング枠ではお金を借りることはできますが、ショッピング枠はお金を借りることはできず買い物の代金の支払いにしか使用することはできません。

そのためクレジットカードのキャッシング枠を使いきってしまった方がお金を工面する手段としてショッピング枠の現金化が存在しているのです。

では買い物をするためのショッピング枠をどのように現金化するのでしょうか?
クレジットカードのショッピング枠は買い物などの代金を後払いにできる機能です。
そのためショッピング枠で購入した商品の転売及び換金、クレジットカード決済で購入すればキャッシュバック特典がある商品の購入などによって間接的に現金化されているのです。

つまりショッピング枠の現金化では何らかの商品をクレジットカード決済により購入しなければなりません。

クレジットカードのショッピング枠現金化の方法というのは大きく分けて

という異なった二つの方法に分類されます。

商品を購入し換金する現金化方法は中古品の買取と同じ業務内容となるため比較的安全な方法とされています。

クレジットカード決済で商品を購入し買取業者で換金するというシンプルな方法です。

一方、クレジットカード決済でキャッシュバック特典付商品を購入する現金化方法は過去に逮捕された事例もある違法性の高い方法となります。

このキャッシュバック方式のショッピング枠現金化はニュース等では表面的な部分しか報道されていませんが、この詳細な仕組みについて解説していきます。

現金をキャッシュバックするショッピング枠現金化の仕組み

現金キャッシュバック

過去に現金化業者が摘発された時のニュースをまだ記憶の片隅にある方は少なくないでしょう。

それまでクレジットカード決済で現金をキャッシュバックする現金化方法は逮捕された例はなく、違法な商売ではありませんでした。

ではこのキャッシュバックとして現金を還元する仕組みはどのようなものなのでしょうか?

クレジットカード現金化のキャッシュバック方式は商品の買取とは異なりネットショップで商品を購入すれば現金が還元される方法となります。

そのためすべての手続きをWEB上で完結することができるという利点があり日本全国どこにいてもショッピング枠を現金化することができるのです。

問題はクレジットカードで購入する商品にあります。

キャッシュバックによるクレジットカード現金化ではほとんど価値のない小石やおもちゃの指輪などを購入することになり、その商品を購入すれば現金がキャッシュバックされるのです。

日本の法律では商品の値段は自由に決めることができます。

そのため10円の物を20万円で販売しても違法行為ではありません。

しかし10円の物を20万円で販売したところで売れることはないはずなのですが、キャッシュバック特典があることによって頻繁に売れることになるのです。

なぜこのような仕組みが成り立つのかといいますと、鍵は現金化業者がクレジットカード決済が可能なECサイトを所有している点にあります。

クレジットカード決済できるECサイトとは?

クレジットカード決済端末

普段からネットショッピングをご利用されている方の多くはクレジットカードで支払いをしているのではないでしょうか?

なぜならクレジットカード決済で支払えば振り込み手数料や代引き手数料などを省くことができるからです。

基本的にキャッシュバックによるショッピング枠現金化はネットショップでクレジットカード決済するのと同じ方法となります。

つまり現金化業者が運営しているECサイトでクレジットカード決済をし商品を購入することになるのです。

ネットショップでクレジットカード決済を導入するためには決済代行会社と契約しなければなりません。

この決済代行会社と契約する際には審査があり

  • 業種
  • 運営年数
  • 売り上げ
  • 在庫商品の確認

などの項目をクリアしなければクレジットカード決済が可能とはなりません。

したがってクレジットカード現金化のような無価値の商品を販売するECサイトでは通常の決済代行会社の審査は通らないのです。

ではどのようにクレジットカード決済を可能にしているのかといいますと、海外の決済代行会社を利用しているのです。

海外の決済代行会社は国内の決済代行会社と比較すると審査が緩く簡素なECサイトでもカード決済が可能となります。

そのため現金化業者の大半がこの海外の決済代行会社と提携しクレジットカード決済を行っているのです。

そして海外の決済代行の大手となるPayPalが一時期、現金化の主流となっていました。

ではこのペイパルとは一体どのような会社なのでしょうか?

かんたんにクレジットカード決済ができるペイパル

クレジットカード決済ペイパル

クレジットカード決済を導入するための決済代行会社は数十社ありますがショッピング枠の現金化ではペイパルが多く利用されています。

なぜ海外の決済ラインとなるペイパルが現金化で好まれるのかといいますと、

  • ECサイトの審査が緩い
  • 決済手数料が安い
  • 入金のサイクルが早い

といった点が挙げられます。

通常の海外の決済ラインでは5%から10%弱の手数料がかかりますが、PayPalの決済手数料は3.6%と格安で利用することができるのです。

さらにクレジットカード決済を行ってから現金化されるまでの時間は長いところで末締め末払いと早くても1ヶ月かかるところもありますが、ペイパルは3営業日から6営業日と確実に1週間以内に現金化できます。

このような点がショッピング枠現金化に適している点であり多くの現金化業者がペイパルを活用していました。

では現在でもペイパルを利用しているクレジットカード現金化があるのかといいますと、大幅に減少しましたがまだ続けている業者はあるでしょう。

しかしすでにキャッシュバックによる現金化自体が衰退しつつあります。

そのためペイパルを利用し現金化することは可能ですがそれも過去のものとなりそうです。

カードでお金《ショッピング枠現金化ザ・ワールド》TOP

スポンサーリンク