クレジットカードのショッピング枠現金化をするためにはいくつかの方法がありますが、もっとも短時間で振込が可能となるのがキャッシュバック特典付き商品を購入する現金化方法です。

 

その他の現金化方法では商品の売買手続きがあったり、店舗まで出向かなければならなっかたりと手間や時間がかかる方法となります。

 

その点、キャッシュバックによるクレジットカード現金化はECサイトから指定された商品をクレジットカード決済にて購入するだけで特典として現金が還元されるため時間効率という観点からすればもっともスピーディーにショッピング枠を現金化することが可能な方法といえます。

 

利便性は優れているキャッシュバック方式の現金化ですが、この方法を業務とす現金化業者には共通して不審な点が多く警戒される商売となっています。

カードでお金とキャッシュバックの違い

カードでお金とキャッシュバック

クレジットカード現金化の元祖とも言えるのがカードでお金の看板で営業している現金化業者です。

 

クレジットカードのショッピング枠現金化は大きく2つの方法に分類されておりカードでお金のような商品を買い取る現金化方法とキャッシュバック特典付き商品を販売する現金化方法があります。

 

カードでお金のショッピング枠現金化の詳細

カードでお金のクレジットカード現金化は基本的に店舗を構えており来店しなければ現金化することはできません。

 

その理由はクレジットカードで購入した商品を換金することにより現金化する方法ですので商品の受け渡しを店頭で行う必要があるからです。

 

元々このカードでお金という商売は金券ショップと同じ業務内容となり、なかには金券ショップを営業しながらクレジットカード現金化を兼務しているところもあります。

 

従ってこのカードでお金が法律に抵触することはない一般的な商売の延長として長く続く現金化方法なのです。

 

キャッシュバック商品を販売するショッピング枠現金化の詳細

カードでお金と比較すると最近登場した現金化の方法となるのがキャッシュバック特典付き商品を販売する現金化の方法です。

 

キャッシュバックによる現金化業者は対照的に店舗で営業しているところはなく、全てインターネット内のサイトだけで商売を展開しています。

 

店舗を持たない理由というのはキャッシュバックによる現金化の取引は全てインターネットで完結できるため、店舗を構える必要もなければ対面することなくショッピング枠を現金化することができます。

 

ではこのキャッシュバック付き商品を販売する現金化業者はどんな商売からの派生したものなのかといいますと、公にはされておらず不明なのです。

 

店舗もないためどこでどんな人間が業務を行っているのかも把握することはできません。

 

そのためキャッシュバックによる現金化は不透明なビジネスとして良い印象はありません。

キャッシュバックによる現金化業者の実態

高金利のヤミ金融

では一体、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化はどのような業者なのでしょうか?

 

数年前からクレジットカード現金化は違法行為としていくつかの現金化業者が逮捕されています。

 

この摘発された現金化業者の大半はキャッシュバックによる現金化を業務としていた業者という共通点がありました。

 

キャッシュバックによる現金化がどのような犯罪になるのかといいますと出資法違反及び貸金業法違反というヤミ金融と同様の犯罪なのです。

 

現在ではクレジットカード現金化は新手のヤミ金融の手口と位置付けられ危険な商売という印象があります。

 

ショッピング枠の現金化はお金を借りる方法ではありませんが、キャッシュバック特典付き商品でのクレジットカード現金化は金融業者から高金利でお金を借りるのと同じこととなります。

 

つまりキャッシュバック現金化商法はヤミ金融が高金利での貸付をしクレジットカード決済での支払いとなるため回収する手間なくきっちり支払われることになります。

 

通常の金銭の貸付では支払いができなくなり遅延となれば督促や取り立てをする必要がありますが、クレジットカードで決済させることにより債務はクレジットカードの支払いとなるため金融業者は損失を被ることはありません。

 

そのためこれまで違法な金融業者として営業していた業者が焦げ付きのない違法性のない融資の方法としてキャッシュバックによる現金化に次々と参入していったということになります。

 

スポンサーリンク