クレジットカードは買い物やサービスの支払いにお金の代わりに使用できるとても便利なカードです。

このクレジットカードを発行するためには収入証明や過去の債務履歴などを審査されるため誰もが持てるわけではありません。

クレジットカードを所有するためには必ず審査があります。

最近では外観はクレジットカードと類似していますが、代金の支払いが後払いになるのではなく先にチャージすることができるプリペイド式のカードもあるのです。

このプリペイドカードは審査不要で発行することが可能で事前にチャージすることによってクレジットカードのように現金の代わりに支払うことができます。

日本は海外と比較するとクレジットカードの普及していない現金主義の性質がありますが、プリペイドカードや電子マネーといったキャッシュレスなサービスも浸透してきているのです。

そんな日本では近年、海外からのサービスが次々と流入しており現金で支払う必要ないサービスが増加しているように感じられます。

たとえば日本人にもっとも好まれているスマートフォンのiPhoneや国内最大の総合オンラインストアとなるAmazonはアメリカを拠点とした企業であり、日本の生活に溶け込んでいるのではないでしょうか?

そのため日本の社会は流動的であり、海外の影響を受けていることは間違いありません。

日本ではクレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は実質的な高金利でお金を借りるのと同じであり違法性を問われていますが、欧米ではクレジットカード現金化は日常的なことという違いがあります。

そのためクレカ現金化は日本では認められない行為ですが最近ではクレジットカードに代わる携帯決済の現金化が増加傾向にあることをご存知でしょうか?

ではこの携帯決済の現金化が日本で受け入れられる点について解説していきます。

借金嫌いな日本には携帯キャリア決済が適している

携帯キャリア決済

「クレジットカード」にはどのようなイメージを持っているでしょうか?

  • お金代わりに支払いができる便利なカード
  • 買い物するとポイントが貯まるお得なカード
  • ETCが使える役立つカード

として多くの方が利用していることは間違いありません。

確かにクレジットカードは買い物の支払いに利用できポイントが貯まる利便性の高いカードといえるでしょう。

しかしクレジットカードで買い物をすれば翌月には請求されることになります。

一括払いではなく分割払いやリボ払いを選択することもできますが、ローンのような金利が発生するため実質的に高い支払いとなるのです。

そのため支払える分だけを計画的に利用しなければクレジットカードの返済に追われる多重債務者となってしまう恐れがあります。

その点、携帯決済では1ヶ月に使用できる上限金額は10万円までとなっており、支払いも携帯電話料金に合算され請求されるので遅延することはありません。

そして携帯決済にはクレジットカードのような審査もないため誰でも手軽に利用することができるのです。

この手軽さと借金のようにならない性質がクレジットカードよりも携帯決済が受け入れられている理由といえるでしょう。

携帯決済現金化は安全なサービスなのか?

携帯決済現金化の安全性

クレジットカードはクレジットカードに記載されている情報が盗まれれば他人でも使用することが可能です。

そのためクレジットカードの不正使用は以前から問題となっていますが、なかなか未然に防止する効果的な対策はありません。

クレジットカードはカード本体やカード情報があれば簡単に不正使用することが可能ですが携帯決済は他人のスマートフォンがあったとして不正に使用することはできないのです。

ではこの携帯電話のキャリア決済はどのような仕組みになっているのかといいますと、実は携帯決済を利用するのに携帯電話は必要ないのです。

携帯決済は大手キャリアとの携帯電話やタブレット端末の契約があれば利用できるサービスとなります。

つまりパソコンからのネットショッピングでも携帯決済で支払いことが可能なのです。

携帯決済に必要な情報はといいますと

  • キャリアのアカウントID
  • パスワード
  • ネットワーク暗証番号

といったキャリアに関する情報となります。

そのためこの携帯決済に必要な情報を他のサイトなどで使用することはなく漏洩することもありません。

したがって携帯決済は確実に安全に利用できるサービスなのです。

携帯決済現金化は今後も普及する兆し

携帯決済現金化の今後

クレジットカード現金化はメルカリでの現金売買問題でもそうですが、違法とも解釈される不当な行為とされていることはご存知かと思います。

しかし現金化を利用しているユーザーとしては「多少の手数料を払ってでも今すぐ現金が欲しい」という理由からショッピング枠を現金化しているのです。

世間的にはマイナスイメージの強いクレジットカード現金化ですが、決してこの需要はなくなることはないでしょう。

携帯決済の現金化はクレジットカードよりも幅広い層が利用することができます。

今では小学生でも携帯電話を所持する時代となり、未成年でも携帯決済の現金化することも可能なのです。

そして現段階では携帯決済現金化はクレカ現金化のようなマイナスイメージはありません。

利用した金額を翌月の携帯電話料金と合算して支払える携帯決済の現金化は今後も知名度を上げることによってさらに増加していくことになるでしょう。

なんといってもスマホだけで手軽に利用できる便利な資金調達方法として若い世代を中心に今後も普及していくことは間違いありません。

スポンサーリンク