ドコモの携帯電話を利用している方であればわかるかと思いますが、ちょっとコンビニの買い物するのにとても便利な電子マネー「iD」という支払い方法があることはご存知かと思います。

今の時代ではほとんどの方がスマホですが、おサイフケータイとしてガラケー全盛期からある後払い決済の手段です。

このiDでの決済は携帯キャリア決済同様、ドコモのケータイ料金に合算され請求されることになります。

これまでドコモ払い(旧ドコモケータイ払い)を利用しamazonギフト券を購入し現金化していた方は多くいるかと思いますが、このiDでの現金化も考えたことがある方は少なくないのではないでしょうか?

では今回はコンビニなどでの買い物に利用できる「かざしてiD」による後払い決済での現金化について手順や詳細内容について解説していきたいと思います。

ドコモユーザーが利用しているiDという決済とは?


2019年はPayPayや楽天ペイなどバーコード決済が大きな話題となっており、魅力的なキャンペーンを打ち出しています。

そんな日本でのキャッシュレス化が今のトレンドともいえますが、もうすでに浸透しているキャッシュレス決済が電子マネーといえるでしょう。

最近ではあまり聞かなくなりましたが「おサイフケータイ」という携帯電話で支払いができるサービスが以前からあります。

このおサイフケータイで利用できる電子マネーは

  • suica
  • Pasmo
  • nanaco
  • 楽天Edy

などがあります。

そんな電子マネーのひとつとなるのがiDなのです。

一般的なsuicaやnanacoといった電子マネーは「プリペイド式」となっており、チャージした残高で買い物ができます。

それに対しiDは「ポストペイ式」となっており、クレジットカードのように利用した金額を後から請求される方式となっているのです。

iDは後払いでいくらまで利用できるの?

iDはドコモの携帯料金に合算して支払うことができるとても便利な電子マネーといえるでしょう。

ではこのiDはいくらまで使うことができるのでしょうか?
携帯料金の支払いを遅れ等なければ毎月最大3万円まで利用することができます。

ドコモ払いやドコモ口座と比較しますとiDの後払い決済の利用枠は少ないですが、別枠となりますので毎月3万円分の電子マネーが利用できるのは大きいのではないでしょうか?

iDの後払い決済を現金化する方法

iDではamazonギフト券は購入できない

ドコモのキャリア決済やドコモ口座の現金化ではもっともメジャーな電子ギフトとなるamazonギフト券によって現金化されていました。

他のキャリアでの携帯決済現金化でもやはりamazonギフト券が主流となっていますが、実はこのiDではamazonギフト券は購入できません

なぜならiDというは電子マネーであり、基本的には実店舗でしか決済することができないからです。

コンビニやドラッグストアではiDの決済に対応していますが、クレジットカード同様にカードタイプのamazonギフト券やiTunesギフトカードの購入はできません。

ではどのようにすれば後払いとなるドコモのiDを現金化することができるのでしょうか?

iDでプレイステーションストアチケットが買える「e-id」

e-id

これまで電子マネーがクレジットカードや携帯決済で購入できるサイトとしてkiigoやPINCOMなどがありました。

ではiDでの現金化の方法として利用できるのはといいますと、e-idというオンラインゲームなどの電子チケットの販売サイトがあります。

このe-idではドコモのスマートフォンでプレイステーションストアチケットを購入することができるのです。

プレイステーションストアチケットの金額

  • 1,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

の中から金額を選択し支払い方法を「iD」にします。

そして空メールを送信しますと購入uRLが届きますのでそこから決済を行いプレイステーションストアチケットを購入します。

iDで購入したプレイステーションストアチケットはソクフリで現金化

携帯決済現金化のソクフリ

これまでキャリア決済の現金化やクレジットカード現金化としてamazonギフト券を換金された方は多いかと思いますが、プレイステーションストアチケットの買取ができるところは聞いたことがないでしょう。

そんなプレイステーションストアチケットを現金化することができるのが携帯決済の現金化となるソクフリなのです。

もちろん携帯決済現金化の専門店なのでiDでの購入方法についてもお申し込みいただければ丁寧に説明してくれるので初めての方でも安心して現金化できるでしょう。

スポンサーリンク