数年前と比較すると近年のスマートフォンの発達というのは驚くべき速さで進化しているのではないでしょうか?

今では誰もが所持しているスマホですが日本での発売当初は通話機能のある超小型PCのような存在として登場しました。

確かに最近のスマートフォンでは携帯電話の本来の機能となる通話だけではなく、インターネットに接続することによって様々なサービスやアプリを利用することの方が多いのではないでしょうか?

そんなスマホだけで利用できるクレジットカード現金化のような携帯キャリア決済の現金化は多くの方がお金を工面する方法として活用されています。

携帯キャリア決済の現金化というサービスはクレジットカードとは異なりオンラインでの決済しかできませんでしたが2018年4月より新たな形の決済サービスがドコモから登場することになるのです。

ではドコモの新決済サービスとなる「d払い」でも現金化をすることはできるのでしょうか?

ドコモの「d払い」という決済サービスの3つの特徴

ドコモd払いの特徴ドコモで開始されるd払いの発表資料

ドコモの携帯決済といえば携帯電話料金と合算して支払うことができる「ケータイ払い」となりますが、2018年4月より新たな決済サービスとしてd払いが追加されることになります。

今の段階ではドコモからd払いという決済サービスが開始されるという情報が発表されているだけで、まだ実装されていないため確実ではありませんが現在の情報を参考に特徴を解説していきます。

バーコードでの実店舗での決済が可能

ドコモの携帯決済となるケータイ払いが使用できるのはインターネット上にあるオンライン決済となります。

これはケータイ払いでの決済は買い物をするサイトからドコモの決済のページから決済を行うことになるため、実際の店舗では利用できません。

それに対しd払いはコンビニやドラッグストアなど実際の店舗の支払いにも利用できる決済方法なのです。

これがd払いの最大の特徴でもあり、日本のキャッシュレス化を進ませる一歩となるのではないでしょうか?

dポイントが貯まる・使える

ドコモのケータイ払いでもそうですが、ドコモのサービスを利用するとdポイントが貯まることはご存知かと思います。

そんな「dポイントの使い方がよくわからない」というドコモユーザーは少なくないのではないでしょうか?

d払いは貯まったdポイントで支払いすることができる決済サービスであり、さらにd払いで買い物をすればdポイントが200円につき1ポイント貯めることができるのです。

ケータイ払い同様、電話料金に合算して支払える

ドコモのケータイ払いは使用した決済は翌月の携帯電話料金に合算して請求されることになります。

ではd払いはどのようなシステムなのかといいますと、おそらくプリペイドカードのように事前にチャージしてからの決済となり

  • ケータイ払い
  • クレジットカード払い
  • dポイント
  • ドコモ口座の残高

などを利用する決済方法となります。

d払いで買い物ができる実際の店舗

d払いで決済できる店舗

ドコモは日本国内最大手となる携帯キャリアですが、ドコモユーザーの多くが利用できる決済サービスが開始されるといっても今のところごく一部の店舗でしか使用することはできません。

現時点で発表されているd払いが使用可能な店舗は

  • ローソン系列
  • マツモトキヨシ
  • サツドラおよび北海道くらし百貨店
  • 高島屋
  • タワーレコード
  • koe
  • ツルハドラッグ系列
  • ユナイテッドアローズ

など限定的な店舗でしか決済することはできません。

ではこのd払いをお金に換える現金化は可能なのでしょうか?

d払い決済でも現金化することは可能なのか?

d払い決済での現金化

これまでクレジットカードのショッピング枠現金化や携帯キャリア決済の現金化は、今すぐお金を必要な方が後払いで現金を手に入れる手段として活用されてきました。

ではこのドコモの新決済サービスとなるd払いは現金化することができるのでしょうか?

実際の店舗での決済による現金化は難しい

2018年4月からドコモのd払いという新決済サービスが開始される予定ですが、今のところ実際の店舗で決済が可能なのはコンビニのローソンとドラッグストアなどに限られています。

確かにスマホだけで利用できる決済サービスが実店舗で利用できるのは画期的ですが、利用可能な店舗の種類が限られているため現金化することは困難といえるでしょう。

おそらくコンビニのローソンではamazonギフト券やiTunesカードなどの購入にはd払いは使用できないため、食品や飲み物など一般的な電子マネーと同じような分類になると思われます。

ドラッグストアでも数年前まではカードタイプの電子ギフトをクレジットカードでの購入は可能でしたが、現在は現金払いのみでしか購入できないためd払いの現金化は難しいでしょう。

結局はd払いで決済可能なネットショップ

ドコモのケータイ払いでは現在、iTunesカードを購入し現金化する方法が主流となりつつあります。

d払いの最大の特徴は実店舗での決済が可能という点ですが、オンライン決済にも対応していないわけではありません。

このd払いというのは「dケータイ払いプラス」が名称を変更する予定のサービスでありこれまでdケータイ払いプラスで利用可能だったネットショップでd払いが利用できることになります。

したがってamazonやメルカリといった幅広い商品が販売されているオンラインショップで換金性の高い商品を購入すれば現金化することはできるでしょう。

スポンサーリンク