クレジットカードのショッピング枠現金化は資金調達の方法として活用されています。

原則的にクレジットカード決済で購入した商品を換金するのが現金化方法の主流となっており、現金化する商品の特徴としては換金性の高い商品が適しているのです。

カードでお金の看板の店舗では新幹線の回数券の買取による現金化を行っており、オンラインでのクレジットカード現金化サイトではアマゾンギフト券の買取が主体となっています。

最近では電子マネーやデジタルギフトのように物質的な存在のないお金となる仮想通貨が話題となっていることはご存知かと思います。

そんな仮想通貨の代表的な存在となるのがビットコインなのです。

以前にもショッピング枠現金化ザ・ワールドではこのビットコインによるクレジットカード現金化についてご案内させていただきましたが、今回はこの仮想通貨でのクレジットカード現金化のより詳細な内容について解説していきますので参考にしてみてください。

仮想通貨の多くは投資目的で購入されている

仮想通貨ビットコイン

もうすでに多くの方が生活に利用しているsuicaやnanacoなどの電子マネーは紙幣や硬貨といったものはありませんが、日常的に利用されているのではないでしょうか?

suicaは電車やバスなどの交通機関で使用できる電子マネーでありnanacoはイトーヨーカ堂やセブンイレブンで買い物ができる電子マネーとなります。

では仮想通貨と呼ばれるビットコインは一体どのようなものなのでしょうか?

日本の通貨は「円」であり、日本国内であれば円で支払いができないお店はまずありません。

この日本円は日本国内では一定の価値がありますが、日本円とアメリカドルの価値を比較する円相場があり円安や円高といったように価値は変動しているのです。

そして仮想通貨となるビットコインは法律的にはお金ではなくモノとなりますが、世界共通の通貨として日々、変動しています。

最近ではビットコインで買い物ができる店舗も少しずつ増えていますが、まだまだ電子マネーのようには浸透しておらず投資目的として購入されている方がほとんどといえるでしょう。

ビットコインが投資目的として購入される理由というのは価値の変動が激しく、今後はさらに普及するという注目度の高い商品だからです。

この仮想通貨をクレジットカードで購入し現金化することは可能ですが、アマゾンギフト券のように簡単に現金化することはできるのでしょうか?

仮想通貨でのクレジットカード現金化は可能

仮想通貨でのクレジットカード現金化

現在、オンラインでのクレジットカード現金化ではデジタルギフトとされるアマゾンギフト券の買取が最適な方法として利用されています。

アマゾンギフト券はAmazonやPINCOMでクレジットカード決済で購入することが可能で、ギフト券となるメールを現金化業者に送ればすぐに現金化され入金されるのです。

ではアマゾンギフト券のようにビットコインを購入し現金化することはできるのでしょうか?

仮想通貨のビットコインを購入するためにはまず取引所のアカウントを開設する必要があります。

このアカウントの作成はAmazonでもありますが、意外と面倒な手続きが必要となるのです。

Amazonのアカウントの作成はメールアドレスを登録する程度で簡単に作ることはできますが、仮想通貨の取引所のアカウント開設では

  • 身分証明書での本人確認
  • 住所への確認書類送付

といった手続きを行わなければアカウントを使用することはできません。

本人確認はすぐにできますが、確認書類は発送まで数日かかるため今すぐに取引ができるわけではないのです。

そしてようやく確認書類が届きアカウントが利用できるようになりクレジットカード決済でビットコインを購入が可能になるのです。

ところがクレジットカード決済で購入したビットコインをすぐに現金化することはできません

ビットコインでのクレカ現金化は即日不可能

ビットコイン現金化は即日不可能

クレジットカードのショッピング枠を現金化を利用するユーザーの9割以上は即日振込を希望しています。

なぜなら今すぐにお金が必要なためクレジットカード現金化を利用しているからです。

そのため現金化できるまで数日かかってしまうと利用価値は半減することになるでしょう。

ではビットコインをクレジットカード決済で購入し現金化する場合にはどのくらいの日数がかかるのでしょうか?
まず確認書類が自宅に届くまで3日程度はかかります。そしてクレジットカードで購入したビットコインを現金化するまでに一週間かかるのです。

つまりアカウント作成からビットコインを購入し現金化するまで最低でも10日間は必要となります。

現金化利用者の中には10日間を待つことが可能な方もいるでしょう。

しかし10日間待って現金化できたとしても換金率が著しく低くなってしまう可能性があるのです。

なぜならビットコインという仮想通貨は日々、相場が変動しています。

たとえば10万円分のビットコインをクレジットカードで購入しても一週間後には5万円にしかならない可能性も少なくありません。

一週間という時間がかかる上、相場が大幅に下落するリスクのあるビットコインでクレジットカード現金化するのは効率的とはいえないでしょう。

そもそもビットコインの仮想通貨は現金化するためのものではなく、株や先物取引と同じように投資目的に利用するものなので即日現金化に適していないのです。

スポンサーリンク