知って得するカードでお金ショッピング枠現金化ザ・ワールドではクレジットカード現金化に関する最新情報や現金化業界についての動向などをリアルタイムで知ることができる情報サイトです。

ただこのクレジットカードのショッピング枠現金化という商売は世間一般からはヤミ金融や悪徳商法といった印象でしかありません。

そして政府や関係省庁からもクレジットカード現金化の利用を控えるよう注意喚起されており、興味本位だけで利用している人はいないでしょう。

しかしながらクレジットカード現金化はマイナスイメージが強くあるにもかかわらず、この利用者の需要はなくなることはありません。

ではクレジットカード現金化の何が危険なのか、何を求めて利用する人がいるのかについて調査していきますので参考にしてみてください。

クレジットカード現金化ユーザーのニーズ

クレジットカード現金化のニーズ

悪徳商法とされるクレジットカード現金化は毎月必ず利用しているリピーターも数多くおり、詐欺などの犯罪とは異なる商売といえるでしょう。

ではユーザーは現金化業者に何を求めているのかといいますと、「すぐにクレジットカードのショッピング枠をお金にしたい」という需要があるからです。

通常、クレジットカードのショッピング枠は買い物する際の支払いに利用するものであり、キャッシングのようにお金を借りることはできません

そのためこのショッピング枠をお金に換える方法としてクレジットカード現金化が存在しているのです。

つまりクレジットカード現金化ユーザーというのは「今すぐショッピング枠をお金にしたい」といった理由から現金化業者に申し込みサービスを利用しています。

現金化を利用すれば手にする現金よりも多く請求されることになる

現金化すると損

クレジットカード現金化するための方法はいくつかの種類がありますが、どの現金化方法でも利用するショッピング枠の決済金額がそのまま現金化できるわけではありません。

たとえば換金率が80%の現金化業者を利用した場合、10万円のクレジットカード決済に対し現金化される金額は8万円となります。

したがって8万円の現金を手にするために10万円を後にクレジットカード会社から請求されることになるのです。

10万円のクレジットカード決済で8万円しか現金化されないということは2万円を多く支払うことになります。

そう考えれば確かに「クレカ現金化を利用すると損」といえるでしょう。

お得な情報であれば気になるところですが、損をする話しなど興味を持つ方はいません。

しかし損をするはずのクレジットカード現金化を利用しているユーザーは存在するのはどういうことなのでしょうか?

ショッピング枠や電子マネーよりも有用性の高い「現金」

現金の高い有用性

近年では「キャッシュレス化の時代」となりつつあり現金以外の決済方法が数多く普及しているようにも感じられます。

確かに

  • 電車に乗る際に切符を買う手間を省くことができる交通系電子マネーsuica
  • メールで贈ることができる電子ギフトのアマゾンギフト券

などはこれまでにないとても便利なシステムです。

使い方によっては現金よりも便利なものも少なくありません。

しかし電子マネーやデジタルギフトはお金で買う若しくはチャージすることはできますが、反対に現金化するのは容易ではなく換金できないものも多くあります。

つまりどの電子マネーやギフト券よりも現金の方が価値が高いことになるのです。

クレジットカード現金化のひとつの方法としてアマゾンギフト券を購入し換金する現金化方法があります。

現在、このアマゾンギフト券買取での現金化はもっとも効率的な方法として注目されているのです。

アマゾンギフト券は換金性の高い商品となる電子ギフトですがクレジットカード決済でしか購入することはできません。

この利用価値の高いアマゾンギフト券よりもさらに現金の有用性は高いのです。

そのため多少のロスがあっても現金を必要とする人は少なくはなく、クレジットカード現金化のニーズとなっているのです。

クレジットカード現金化でのロスは仕方がないもの

クレジットカード現金化のロス

クレジットカード現金化を利用することによって現金化される金額よりも多くの支払いをすることになるので結果的に損をすることになるでしょう。

もしその差額がもったいないと思うのであれば利用しなければいいだけの話しです。

したがってクレジットカード現金化ユーザーというのはロスがあることを理解した上で現金化していることになります。

現金化する使用用途というのは人それぞれ異なっておりさまざまなケースがありますが

  • 別のクレジットカードの支払い
  • 他人に借りたお金を返す
  • パチンコや競馬の軍資金
  • 借金の一本化

などの理由からクレジットカードのショッピング枠は現金化されているのです。

クレジットカードのショッピング枠は万能ではありませんが、現金よりも便利なものはありません。

この法則というのは今後も変わることはないでしょう。

そしてクレジットカードのショッピング枠現金化の需要もなくなることはありません。

スポンサーリンク