どんな商売でもそうですが仲介業者が間に入ることによって少なからず割高になるのは当然のことです。

 

ある程度の手間や時間をかけ自分自身で行うことができれば仲介業者の利益となる分を削減することが可能となります。

 

たとえばピザ屋の出前をお願いするよりもお店に取りにいった場合の方が割安で購入できるお店があります。

 

どこにでも運んでくれる利便性が売りとなるピザ屋としても自宅まで届ける分のコストを削減できるためその分を還元できるということです。

 

このピザ屋での宅配にかかるコストでは数百円程度でしかありませんが、ショッピング枠現金化でのコストは高額の場合では数万円にも上ります。

 

そのため誰もが考えることですが現金化業者を介すことなく自分自身でクレジットカード現金化を試みるのです。

 

では実際に自分でクレジットカード現金化した方が本当に高い割合で換金することができるのでしょうか?

 

時間効率や手間から比較

現金化業者を介さず自分自身でショッピング枠を現金化するためには手間や時間がかかるのは確実です。

 

たとえばキャッシュバック方式のショッピング枠現金化なら自宅にいても30分足らずの時間さえあれば振込がされます。

 

しかし自分で行う場合にはクレジットカード決済で購入できる商品を選びそれを換金できるお店を探さなければなりません。

 

従ってインターネットだけで簡単にできる訳ではありません。

 

ネットオークションを使用する現金化方法であれば、自宅にいながらも現金化することは可能です。

 

どこかに出向くことなく現金化することはネットオークションなら可能ですが、出品する商品によってはなかなか落札されなかったり、想定していた金額まで満たないこともあり簡単にできるものではありません。

 

そのためネットオークションで現金化するにはそれなりの知識がなければ効率良く現金化することは難しいでしょう。

 

これは買い取り方式でも同様となり商品の選定は重要であるため知識を学ぶ時間を考慮するとプロフェッショナルとなる業者を利用した方が手軽に利用できることは確実と言えるでしょう。

実質的な換金率から比較

自分自身でクレジットカード現金化を行う目的は同じ決済金額に対しより多く現金を手にする為です。

 

単純に業者の利益を省くことができればその分多くの現金となります。

 

しかし全てのサービスが業者の利益を省けばお得になる訳ではありません。

 

一例を挙げますと宅急便のサービスがわかりやすいと思います。 

近所に配送をお願いするのであれば自分で運べば送料はかかりません。そのため数百円の送料を節約することができます。

 

しかし遠方に配送する場合には自分で運べば数千円、数万円という交通費がかかります。

 

その点、宅急便なら千円程度の送料で運んでもらえるためサービスを利用した方が明らかに割安で送ることができることになります。

では自分でクレジットカード現金化を行えば実質的な換金率は高くなるのでしょうか。

 

自分自身で行うクレジットカード現金化の方法は特別な作業の必要ない換金性の高い商品の換金となるのが一般的です。

 

この方法では業者を介すものもありますが、個人的に活用するには商品買取が容易にできる方法と言えるでしょう。

 

確かに自分で新幹線の回数券などを購入し金券ショップで換金すればカードでお店の現金化業者を利用するよりも換金率が高くなることは間違いありません

 

しかしそこには現金化に潜む落とし穴が潜んでいるのです。

 

自分自身でクレジットカード現金化するリスク

自分でクレジットカード現金化することは可能であり、うまくいけば業者を介すよりも高い換金率を望むことができます。

 

しかしそれを全ての利用者が行うのであれば「クレジットカード現金化」というビジネスの存在意義はありません。

 

ではどこに現金化業者の必要性があるのかといいますと、クレジットカード現金化には利用規約違反というリスクが必ず背負わなければならない点があります。

 

クレジットカードで買い物した商品を換金する行為は利用停止などになる可能性があるクレジットカード会社が禁じる行為の一つに該当します。

 

そのため安易に換金性の高い商品を購入すればそれだけで換金目的によるクレジットカードの使用を疑われることもあります。

 

これは各クレジットカード会社によって違いがあり利用するクレジットカードによって適する商品は異なってくることになるのです。

 

その見極めをできるのが専門知識が豊富なプロの現金化業者となります。

 

従っていつも同じ商品の換金しか行わない業者を利用するのであれば自分でクレジットカード現金化をしても差はありません。

 

これがクレジットカード現金化で業者を利用するもっとも大きな理由ということになり、この商売が存在する真意でもあるのです。

 

トータル的に自分で現金化を行うのは効率的ではない

自分でショッピング枠を現金化する方法は存在しますが、時間効率や換金率に加え安全性を考慮した場合、業者を利用した方がすべての面において効率的に利用できることは間違いありません。

 

しかしすべての業者が同じクオリティのサービスを提供しているとは限りません。

 

クレジットカードのリスクをいとわない粗悪な業者もいれば悪徳業者もおります。

 

このような点からクレジットカード現金化を比較しより質の高いサービスを提供する業者を選ぶことが短時間で高い換金率で現金化することができる方法となるでしょう。

スポンサーリンク