クレジットカード払いで買い物をすることは日常的によくあることです。

夕飯の買い物にスーパーに行き支払いをする際には現金で払うよりもクレジットカードで払う方は少なくありません。

支払いする金額は同じですがクレジットカードで払えばポイントやマイルが貯まるので実質的にクレジットカードの方がお得なのです。

そのため現金払いよりもクレジットカードを活用し買い物をする方は少なくありません。

お客はクレジットカードで買い物をした方が得になりますが、お店側は現金で支払ってもらうのとクレジットカード決済とどちらがよいのでしょうか?

お店は当然、クレジットカードよりも現金の方がありがたいのです。

その理由としてはクレジットカード決済の場合、締め日から入金されるまで時間がかかる点もありますが、クレジットカード決済するための決済手数料を負担しなければならないからです。

クレジットカード決済ごとに発生する決済手数料とは?

クレジットカード決済

クレジットカードは18歳以上で普通に働いている方であれば所有することは可能です。

クレジットカードを発行するためには審査はありますがそんなに難しいことはありません。

そのため大人になれば多くの方がクレジットカードの申し込みをするのですが、このクレジットカードの仕組みというのをご存知でしょうか?

クレジットカードを所有した場合、年会費が有料なカードと無料のカードがあります。

つまりクレジットカード会社は会員から収益を得ている訳ではありません。

ではどこから売り上げが生まれているのかといいますと、クレジットカードを決済するお店から決済手数料や月額使用料をもらっているのです。

厳密にいえばクレジットカード会社が直接決済手数料を差し引くのではなく決済代行会社が窓口となります。

したがってお店でクレジットカードで買い物をすると決済金額の数%がクレジットカード会社の売り上げとなるシステムなのです。

そのためお店としては決済手数料がかかるクレジットカード払いよりも現金で支払ってもらったほうが利益が上がることになります。

ショッピング枠現金化でも決済手数料はあるの?

キャッシュバックの決済手数料

クレジットカードのショッピング枠現金化はクレジットカード決済により買い物をすることになります。

クレジットカードの決済手数料は買い物をする際にお店にかかるものです。

カードでお金の新幹線回数券の買取によるショッピング枠現金化ではクレジットカード決済するお店はJRの駅に併設されているみどりの窓口となります。

そのため決済手数料はみどりの窓口が支払うことになり、利用者は購入した新幹線回数券を換金するだけです。

ではキャッシュバック特典付商品を購入する現金化方法はといいますと、クレジットカード決済するECサイトは現金化業者が運営するものとなります。

そのため決済手数料の負担は本来、現金化業者となるのですが、実際には利用者に還元されるキャッシュバック金額から決済手数料が差し引かれることになるのです。

キャッシュバックにより還元される金額から決済手数料が引かれる

決済手数料の請求

キャッシュバックによる現金化の決済手数料はどういうことなのかといいますと、たとえば換金率が85%のキャッシュバックによる現金化業者があります。

85%の換金率ですと10万円のクレジットカード決済で商品を購入すれば8万5千円が還元されるのですが、決済手数料が差し引かれるため7万5千円が振り込まれることになるのです。

結局のところは75%の換金率になってしまうのです。

実際には利用者はクレジットカード決済がどのように行われているかはわからず、本当の決済手数料のパーセンテージを知ることもできません。

そのためこのショッピング枠現金化で差し引かれる決済手数料は何%差し引くかは利用者の足元を見て決めているのです。

実は決済手数料を利用者に負担させることは禁止されていることであり、どんなお店でもクレジットカードで買い物をするのに手数料が上乗せされることはありません。

クレジットカード決済が可能なお店で現金よりもクレジットカードの方がお得でなければ現金で支払うことになりクレジットカードの利用価値は失われるでしょう。

しかしキャッシュバックの現金化業者は少しでも収益を上げるためにキャッシュバック金額から決済手数料名目で差し引いているのです。

このクレジットカード現金化業界も流れ動いており、キャッシュバック方式の現金化業者は淘汰されつつあります。

その理由はそもそもほとんど価値のない商品をクレジットカードで高額決済をさせる行為はまともな商取引とはいえません。

これによりもれなく現金がキャッシュバックされることに不信感を感じない鈍感な利用者だけが残っているのです。

それも徐々にですが減少しておりあと数年もすれば「キャッシュバック方式のクレジットカード現金化」という言葉は死語になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク