クレジットカードのショッピング枠現金化は基本的にクレジットカード決済で購入した商品を現金化業者が買い取り換金する方法となります。

そのため一時代を築いたキャッシュバック特典付商品を販売する方法やクレジットカード決済をキャンセルする名目で返金する方法は例外的なものであり、理屈的に矛盾が多く正規の方法とはいえません。

結局のところクレジットカード現金化はカードで買い物した商品を転売する方法でしか安全に現金化することはできないのです。

これまでのカードでお金の看板の店舗でのショッピング枠現金化でも最新の電化製品や金券類といった高い換金率で取引される商品が使用されており、クレジットカード現金化される商品のポイントは『換金性』にありました。

そして現在のクレジットカードのショッピング枠現金化で購入される商品の主流となりつつあるのがサーバー型電子マネーとなるアマゾンギフト券なのです。

ではこのアマゾンギフト券の買取りによるクレジットカード現金化について考察していきます。

商品買取によるクレジットカード現金化の安全性

商品買取現金化の安全性

クレジットカードのショッピング枠現金化は過去に摘発された業者もおり有罪判決を受けたことから違法な商売とされる印象があります。

ここ数年でも現金化業者が逮捕されれば「クレジットカード決済を悪用したヤミ金融」として報道されているのです。

ではクレジットカード現金化を業務としている業者がすべてヤミ金融なのかといいますと決してそうではありません。

なぜならクレジットカード現金化というのは利用者の目的であり、業者は買取業務やネットショップの一環として結果的にショッピング枠が現金化されているのです。

しかしながら現金化業者の中にも元ヤミ金融が実在していたことは確実であり、貸金業の延長としてクレジットカード現金化を営んでいた業者も少なからず存在するでしょう。

逮捕されればクレジットカード現金化はヤミ金融となりますが、そもそもカードでお金の店舗は金券ショップと同じ業務内容であり金券類の売買を業務としているだけでしかありません。

そうなりますと元ヤミ金融が公安委員会から古物商の営業許可を取得しクレジットカード現金化を店舗で行っていてもまったく違法性はないことになるのです。

つまりたとえ利用者の目的がクレジットカード現金化であっても商品買取の業務を正規に行っているのであれば法律に違反することはなく業者が逮捕されることはありません。

クレジットカード現金化は一般的には悪意のある高金利融資のように思われていますが、実はどこにでもある普通の商売と同じなのです。

アマゾンギフト券が商品買取による現金化の最終型となる

アマゾンギフトでの現金化

これまでカードでお金のショッピング枠現金化では新幹線チケットが転売されていました。

その昔はブランド品のバッグや電化製品でもショッピング枠現金化されており、切手やはがきでも現金化することは可能です。

安全なクレジットカード現金化は「店頭買取」というのが常識でしたが、それを覆したのが電子マネーとなるアマゾンギフト券であり現在のクレジットカード現金化の半数以上がアマゾンギフト券の買取りとなっています。

金券ショップで換金することができる新幹線の回数券よりもアマゾンギフト券がクレジットカード現金化に適している点は店舗まで足を運ばなくても買取りが可能な点があるからです。

一般的な金券類となる商品券は紙でできた物体が存在しますが、アマゾンギフト券には物体ははなくギフト番号と呼ばれる文字をアカウントに登録することによって金銭的な価値を生むことになります。

そのためアマゾンギフト券にはEメールタイプというものもありメールの送受信によって金銭的な価値のあるギフト番号を送ることができるのです。

クレジットカード現金化としてのアマゾンギフト券の買取りの手順は

  1. AmazonでEメールタイプのギフト券クレジットカードで購入
  2. アマゾンギフト券買取サイトに申し込み
  3. 本人確認などの手続き
  4. ギフト券を買取業者のメールアドレスに送信
  5. 買取代金として銀行口座に振り込み

というような流れで現金化されることになります。

今の時代、Amazonでネットショッピングすることは生活の一部となる方も多くクレジットカードも多様されているのです。

そのためクレジットカードでアマゾンギフト券を購入すること自体も不審な行動ではなく一般的によくあることであり現金化目的を疑われることはありません。

このアマゾンギフト券の転売によるクレジットカード現金化はこれまでの現金化方法をよりも利便性に優れた方法として活用されており、クレジットカード現金化の最終型といっても過言ではないでしょう。

ではこのアマゾンギフト券の買取による現金化方法も今後、なくなってしまう可能性はあるのでしょうか?

クレジットカードでアマゾンギフト券が買えなくなることはある?

amazon

クレジットカードのショッピング枠現金化は闇金融による違法な貸付とされていますが、これはあくまでも一部の不法行為によるイメージでありすべての現金化業者が法律に違反しているわけではありません。

そのためクレジットカード現金化業界の一般論としてはキャッシュバック特典付商品を販売する業者は違法性があるが、クレジットカード決済により購入した商品を換金する業者は法律に違反していないとされているのです。

しかしどこのクレジットカード会社でも換金目的によるクレジットカードの使用を利用規約で禁止しており、もし商品買取による現金化を行った場合には利用規約違反となることは避けることはできません。

つまりアマゾンギフト券をクレジットカードで購入し転売する現金化方法も厳密にいえば利用規約違反となる行為ですが、クレジットカード会社がアマゾンギフト券の購入を抑制する可能性はあるのでしょうか?

クレジットカード会社としてはネットショッピングや普段の買い物などで所有者にクレジットカード払いをしてもらうことによって利益を生んでいます。

そのため国内最大のオンラインネットショッピングモールのAmazonはクレジットカード会社にとっても最大の取引先といっても過言ではありません。

そんなAmazonでクレジットカード決済でしか購入できないアマゾンギフト券のEメールタイプの購入をクレジットカード会社が阻止すればAmazonとしてもそのクレジットカード会社に不信感を抱くことになるでしょう。

したがってクレジットカード会社はたとえ換金目的としてアマゾンギフト券を購入する所有者がいてもそれをむやみに阻止することはできない不文律があるのです。

ではAmazon側はどうなのかといいますと、アマゾンギフト券の細則でもギフト券の再販や金品と引き換えに譲渡することを禁じておりギフト券の売買を認めてはおりません

しかしAmazonにとってギフト券が売れることにより販売促進に繋がることは間違いなく、ギフト券の購入を抑制することはないでしょう。

ただ、ギフト券をプレゼントではなく売買したことによって発生したトラブルについては対処しないといった意味での転売防止であり購入したギフト券を現金化しているだけであればトラブルにはならないため黙認されているのではないでしょうか。

このような理由からクレジットカード会社もAmazonもこのアマゾンギフト券転売による現金化を未然に防止することはなく黙認していることになります。

したがって今後もクレジットカード決済により購入されたアマゾンギフト券は売買され現金化され続けていくことになるでしょう。

スポンサーリンク