ソフトバンクの携帯キャリア決済現金化ユーザーにとってアマゾンギフト券を購入することができるバンドルカードにまとめて支払いが対応したニュースは喜ばしい朗報だったのではないでしょうか?

ソフトバンクのまとめて支払いはPINCOMでamazonギフト券が購入できないキャリア決済として他のキャリアよりも現金化に関しては劣っている印象がありましたが、バンドルカードに対応したことによってそれを払拭することができました。

このソフトバンクのまとめて支払いがバンドルカードでチャージ可能になったのは2018年1月とごく最近の話ですが、その後、2018年2月初旬にソフトバンクオンラインショップでiTunesコードの販売が中止となりさらにバンドルカードが脚光を浴びたことは間違いないでしょう。

そんなソフトバンクのまとめて支払い現金化事情に変化が起きたのです。

ソフトバンクのキャリア決済でチャージが可能になったバンドルカードのチャージ方法に「ソフトバンクのまとめて支払い」の項目がなくなってしまいました。

つまりようやくソフトバンクユーザーもバンドルカードを経由してamazonギフト券での携帯決済現金化が可能になったはずなのに、もうできない状態になってしまったのです。

バンドルカードのチャージ方法にソフトバンクのまとめて支払いが消えた

ソフトバンクのキャリア決済でのチャージ

2018年1月18日のバンドルカードのコラムで

「ドコモのケータイ払い」に続く携帯キャリア決済チャージとして「ソフトバンクまとめて支払い」チャージ可能になりました。

という記事が追加されました。

バンドルカードはVISAの加盟店で利用できるプリペイドカードですが、仮想通貨のビットコインや携帯キャリア決済といった特殊なチャージ方法を備えたバーチャルカードといえるでしょう。

これまでドコモのケータイ払いのみしか携帯キャリア決済ではチャージすることができませんでしたが、ついにソフトバンクやワイモバイルのまとめて支払いでもバンドルカードにチャージすることができるようになったのです。

したがってこれからのソフトバンクの携帯決済現金化はバンドルカードからのamazonギフト券換金といった現金化方法が定番となると思われましたが、2018年3月10日頃にはソフトバンクのまとめて支払いが消えていました

ではなんで開始されたばかりのソフトバンクのまとめて支払いによるチャージ方法は消えてしまったのでしょうか?

バンドルカード運営会社にソフトバンクの件を問い合わせてみた

バンドルカードに問い合わせ

そもそもクレジットカードのショッピング枠現金化だけに限らず携帯電話のキャリア決済現金化というビジネスも携帯キャリアからは認められていないサービスということはいうまでもありません。

そのため現金化目的による使用が発覚すれば携帯キャリアはそれを阻止するのが当然といえるでしょう。

しかし1月に導入されたばかりのソフトバンクのまとめて支払いによるチャージ方法が2ヶ月弱でなくなってしまうのは普通では考えられないことに思えます。

早速、バンドルカードサポートにこのソフトバンクまとめて支払いでのチャージができない状況について問い合わせてみました

 

ソフトバンクまとめて支払いでチャージができると「おすすめの記事」で書かれていますが、アプリでソフトバンクの項目が見つかりませんでした。どのようにすればソフトバンクまとめて支払いでチャージができるのでしょうか?お手数をお掛け致しますが、手順を教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。
お問い合わせありがとうございます。

ご不便おかけして申し訳ございません。
ソフトバンクのシステムメンテナンスのため、
2018年3月7日(水) 19:25 〜 ソフトバンクまとめて支払いでのチャージがご利用できなくなっております
現状、メンテナンスの終了時期は未定でございます。
詳細はアプリ上おしらせに記載しておりますので、ご確認ください。

申し訳ございませんが、期間中異なるチャージ方法をご利用いただければ幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。
バンドルカードサポートデスク

バンドルカードサポートによると「ソフトバンクのシステムメンテナンス」というのが今回のチャージができなくなった要因となりますが、このケースは再開はされないように推測されます。

  • PINCOMでのamazonギフト券販売中止
  • 各キャリアでのiTunesコード販売中止
  • ソフトバンクオンラインショップでのamazonギフト券販売中止

といったような今回のバンドルカードのケースに類似した再開未定のメンテナンスはそのままの状況が続いています。

したがってソフトバンクのまとめて支払いによるバンドルカードへのチャージが再開される可能性は低いといえるでしょう。

ソフトバンクの携帯キャリア決済現金化はどうなる?

ソフトバンクのキャリア決済現金化方法

バンドルカードはアプリをインストールするだけですぐに利用することができるプリペイドカードですが、携帯キャリア決済でのチャージが可能という点が現金化に適していることは間違いありません。

しかしながら現金化目的でのキャリア決済の使用を禁止している携帯キャリアは換金性の高いamazonギフト券を購入することができるバンドルカードへのチャージを防止するのは当然のことといえるでしょう。

その結果、ソフトバンクの携帯キャリア決済をどのように現金化すればよいのかといいますと、現在可能な方法としてはソフトバンクカードにチャージしamazonギフト券を購入現金化する方法が確実といえるでしょう。

結局のところ携帯キャリア決済現金化はamazonギフト券やiTunesコードを購入し換金するのが効率的であり、そのためのバンドルカードというプリペイドカードなのです。

そのバンドルカード以外にキャリア決済でのチャージが可能なプリペイドカードはキャリアが発行するソフトバンクカードしかありません。

ソフトバンクカードは申し込みから発行まで1週間程度の時間はかかりますが、今後も携帯キャリア決済を現金化するのであれば確実な方法を選択することをオススメします。

ソフトバンクカードで購入したamazonギフト券の高価買取

amazonギフト券の換金だけではなくiTunesコードやGoogle Playギフト・楽天スーパーポイントの買取も可能なデジタルコード換金のNo,1サイトとなる買取ボブ

最近ではAmazonのアカウントに登録されたギフト券を換金することも可能となり、幅広いユーザーが買取ボブでamazonギフト券を換金しています。

もちろんソフトバンクカードで購入したamazonギフト券も30分程度で現金化できますのでキャリア決済現金化にも最適です。

お申し込みはコチラから↓

 

ソフトバンクカード以外でもバンドルカードで現金化は可能になりました。

【究極の現金化出現!】クレカ不要の後払い可能なバンドルカード

スポンサーリンク