クレジットカードのショッピング枠現金化に加えてスマホだけで利用することが可能な携帯電話のキャリア決済を現金化するビジネスは急成長していることは間違いありません。

この携帯キャリア決済はクレジットカードと比較すると決済をできるところは限られており、どこのサイトでも使用することができるわけではないため現金化の方法というのは限られているのです。

さらに全ての携帯キャリア決済が同じように利用できるわけではなく、クレジットカードの国際ブランドと同様にドコモのケータイ払いだけが使えるところもあれば、auかんたん決済には対応していないサービスもあり現金化の内容も異なっています。

そんな大手携帯キャリアのひとつとなるソフトバンクのキャリア決済「まとめて支払い」での現金化についてですが、2015年8月にはソフトバンクオンラインショップでamazonギフト券が販売されたことが話題となりました。

その後、PINCOMでもソフトバンクまとめて支払いでamazonギフト券が購入できるようになり携帯決済現金化に利用されていましたが、数ヶ月後となる2016年4月にはソフトバンクのまとめて支払いではamazonギフト券の購入ができなくなったのです。

ソフトバンクの携帯決済以外ではamazonギフト券を購入することができためキャリア決済現金化ではamazonギフト券が主流となっていましたが、ソフトバンクのまとめて支払いではamazonギフト券ではなくオンラインショップで購入できるiTunesギフトコードによって現金化されるようになりました。

これがソフトバンクまとめて支払いでの携帯決済現金化のいきさつですが、この状況にも変化が起きたのです。

ではこれからのソフトバンクのキャリア決済を現金化するための最新の方法について解説していきます。

ソフトバンクオンラインショップでiTunesコード販売中止

オンラインショップのiTunesコード販売中止

これまでの携帯決済現金化の定番となっていたのはPINCOMでキャリア決済によって購入したamazonギフト券を買取業者で換金する方法でした。

しかしながらソフトバンクのまとめて支払いだけはPINCOMでamazonギフト券を購入することができなかったためiTunesギフトコードでの現金化となっていたのです。

ところがソフトバンクオンラインショップでも2018年2月6日午後8時より

  • App Store&iTunesギフトカード
  • Apple Musicギフトカード

の販売が中止されました。

したがってこれまでのソフトバンクの携帯決済現金化で使用されていたiTunesコードが買えなくなりました。

この大手キャリアでのiTunesギフトコードなどのデジタルコード販売中止はソフトバンクだけではなく、ドコモやauでも同様に実施され、現在でも販売が再開される様子はありません。

つまりソフトバンクのオンラインショップで販売されていたiTunesコードではこれまでのように現金化することはできないのです。

ではiTunesギフトが購入できなくなった今後もソフトバンクのキャリア決済を現金化する方法はあるのでしょうか?

ソフトバンクカードにチャージしamazonギフト券を購入し現金化する方法

ソフトバンクカード

基本的に携帯キャリア決済というのは専用のオンラインサイトでしか決済をすることはできません。

そのため携帯キャリア現金化でも利用できるサイトというのは非常に限られることになります。

しかし大手キャリアでは携帯決済を実際の店舗や多数のショッピングサイトでも決済することができるプリペイドカードを発行しているのです。

ソフトバンクのまとめて支払いもプリペイドカードとなるソフトバンクにチャージすることができVISAの加盟店で使用することができます。

したがってキャリア決済でソフトバンクカードにチャージすればamazonギフト券を購入することが可能なのです。

現在のソフトバンクの携帯決済現金化方法としてはこのソフトバンクカードからamazonギフト券を購入し現金化する方法がもっとも効率的といえるでしょう。

ただ現時点でソフトバンクカードを所有していない方は申し込みから自宅にカードが届くまで1週間程度の時間が必要となります。

そのため今すぐにソフトバンクのキャリア決済を即日現金化したい方はそれ以外の方法を選択しましょう。

バンドルカードにチャージするソフトバンクのまとめて支払い現金化方法

バンドルカード

ソフトバンクのキャリア決済を現金化するためにはソフトバンクカードが有効という点は間違いありません。

しかしこれまでソフトバンクのオンラインショップで購入が可能だったiTunesギフトコードが急遽、販売中止となったため即日で現金化を利用したい方にとってはソフトバンクカードを待つことができないでしょう。

そういった方でもアプリをインストールすればすぐキャリア決済をチャージできamazonギフト券が購入できる「バンドルカード」というスマホアプリがあるのです。

このバンドルカードというアプリはソフトバンクカードと同じようにキャリア決済をチャージすることができるプリペイド式のカードですが、バーチャルカードと呼ばれるアプリにカード番号などの情報が表示されるものもあります。

そしてバンドルカードにまとめて支払いでチャージすればバーチャルカードで即座にamazonギフト券を購入することができ現金化できるのです。

このバンドルカードにキャリア決済をチャージする携帯決済現金化は今後、注目されることになりますが、キャリア決済でチャージする際には6%の手数料が発生するためロスが生じることになります。

※現在はバンドルカードにソフトバンクまとめて支払いでチャージすることができません

iPhoneやiPadからiTunesコードを送る購入方法

これまでのソフトバンクの携帯決済現金化はオンラインショップで購入できるiTunesギフトコードによって行われていました。

しかしソフトバンクオンラインショップでiTunesコードの販売が中止となり現金化ができないように思われておりますが、実はオンラインショップ以外にもiTunesコードを購入する方法があるのです。

では現在でもソフトバンクのまとめて支払いでiTunesコードを購入することができるのかといいますと、iPhoneやiPadといったApple社製の端末があればキャリア決済でiTunesコードを購入できます。

スマートフォンというのは一般的にAppleのiOSを搭載したiPhoneとGoogleのAndroidに二分されていることはご存知かと思います。

Androidのアプリを購入するのに利用できるのが「Google Playコード」でありiPhoneの課金には「iTunesコード」となるのです。

iPhoneやiPadといった端末にはApple IDというアカウントを使用することになり、このApple IDの支払い方法にキャリア決済を指定することによってiTunesコードを購入することができます。

あまりスマホやキャリア決済に詳しくない方には少し難しい話かも知れません。

iPhoneやiPadを普段から使用している方

ソフトバンクのまとめて支払いでiTunesコードを購入するためにはiPhoneやiPadが必要となります。

普段からiPhoneを利用しているユーザーであれば簡単な操作でiTuneコードを購入することができるでしょう。

まずiPhoneで使用しているApple IDを「設定」から確認します。

支払い方法が「携帯電話」に指定されていれば問題ありませんが、そうではない場合には携帯電話番号を入力しSMSによる認証をすればキャリア決済に変更することができます。

次に「App Store」の一番下部にある「ギフトを贈る」からiTunesコードを購入しあて先を自分の使用しているアドレスにして購入すればキャリア決済でiTunesコードを購入することができるのです。

iPadでの購入手続きもまったく同様となり、iTunesコードが購入できれば現金化することができるでしょう。

AndroidユーザーがiTunesコードを購入する場合

携帯決済でのiTunesギフト購入方法はどのキャリアでも利用可能ですが、iPhoneやiPadがなければ購入することはできません。

しかし日本では約半数がiPhoneを使用しており、普段はAndroidを使用している方でも友人や知り合いのiPhoneからキャリア決済でiTunesコードを購入することができるのです。

先ほどのiPhoneユーザーでの購入方法と同じようにApple IDの支払い方法の部分を使用するキャリア決済の

  • 氏名
  • 携帯番号
  • 請求先住所

を入力します。

すると元々使用している携帯番号にキャリアから認証コードが発行されそれをiPhoneで入力すればiPhoneでキャリア決済が使用可能になります。

そして先ほどと同様にApp Storeからギフトコードを購入することができるのです。

これはバンドルカードに対応していないauユーザーのかんたん決済現金化方法としても有効といえるでしょう。

ソフトバンクの携帯決済現金化の不明な点は換金館にお申し込みいただければ解決できます。

 

スポンサーリンク