キャッシュレス化は現金以外の支払い方法が普及していることによって「現金がなくても買い物できる」というこれまでにはない新しいスタイル生み出しています。

このキャッシュレスの代表的な存在といえるのがクレジットカードといえるでしょう。

クレジットカードは買い物の支払いを現金の代わりに決済することができ後からクレジットカード会社に請求されることになります。

最近ではクレジットカードだけではなく携帯キャリアとの契約によってスマホで決済ができる携帯キャリア決済も浸透しており手軽に利用できる決済サービスとして活用している方は少なくないでしょう。

さらには楽天Edyやnanaco・Suicaといった日常的に使用できる電子マネーはほとんどの方が毎日のように使用しており、切符を購入して改札を通る人は稀にしか見ることはありません。

そんなキャッシュレス化する時代の一歩先を進む新時代にはチャージされた電子マネーのカードやクレジットカードが不要となるカードレスの時代も近づいてきているのです。

先日、ある情報サイトで新たなカードレス決済アプリ「atone」がリリースされた発表がされました。

では今のトレンドとなりつつあるカード不要の後払い決済について検証していきます。

クレジットカードと現金以外の支払い方法

クレジットカードと現金

普段、持ち歩いているお財布の中には何が入っているでしょうか?

  • 数枚の紙幣
  • 日常的に使うクレジットカード
  • メインのキャッシュカード
  • 頻繁に通うお店のポイントカード
  • 運転免許証

といったところが相場といえるでしょう。

一般的に買い物の支払い方法といえば現金払いもしくはクレジットカード決済で支払うことになるためその両方またはどちらかは必要不可欠となるのです。

しかしこの買い物代金の支払いはお財布の中にあるもの以外でも決済することができます。

最近では大手オンライン通販サイトだけではなくさまざまなジャンルのネットショップがあり、選択できる決済方法も異なってくるのです。

ではこのクレジットカードと現金以外に決済する方法はどのようなものがあるのかといいますと、

  • 電子マネー
  • 携帯キャリア決済
  • ネットバンク
  • 後払い決済

などがあります。

電子マネーや携帯キャリア決済はすでに多くの方利用している決済方法であり、知らない方はいないでしょう。

では後払い決済という支払い方法とは一体どのような方法となるかご存知でしょうか?

ネットショッピングを中心に翌月後払い決済が普及しつつある

翌月後払い決済

一般的に商品の売買というのは購入する商品と引き換えに代金を支払うことによって売買が成立します。

したがって原則としてお金がなければ商品を購入することはできません。

買い物の支払いで現金に代わって支払いすることができるのがクレジットカードなのです。

クレジットカードは現金がなくても買い物ができる非常に便利なアイテムですが、誰でも簡単に持つことができるわけではありません。

クレジットカードを新規発行する際には審査があり現在の収入や債務履歴によって判断されるのです。

当然ながら無職の方や過去に未払いや遅延がある方は審査は通りません。

したがってクレジットカードを所有していない方は現金がなければ買い物をすることができないことになります。

特に購買意欲のある若い世代にはクレジットカードを持っていない方も少なくありません。

そんなクレジットカードを持たない若者でも手軽にネットショッピングができるのが翌月後払い決済による支払い方法なのです。

ではこの翌月後払い決済はどのような仕組みなのでしょうか?

atoneやPaidyといった翌月後払いの仕組み

翌月後払い決済の仕組み

現金売買によるクレジットカードのショッピング枠現金化として問題となっていたメルカリでは、最近になり「月イチ払い」という決済方法が導入されました。

このメルカリの月イチ払いも翌月の支払うことになる後払い決済のひとつといえるでしょう。

スマホアプリをインストールすれば後払いで決済できるようになる「atone」がリリースされました。

まだ登場したばかりのアプリなので実際に利用できるショップはほとんどありませんが、今後はatoneで決済が可能なショッピングサイトが増えていくでしょう。

そして今、人気のフリマアプリメルカリに次ぐフリルではもうすでに後払い決済が実装されています。

フリルの後払い決済はPaidyという決済が可能です。

ではこの後払い決済はどのような仕組みになっているのかといいますと、商品購入時には後払い決済を選択することによって決済が行われます。

Paidyの場合、登録するメールアドレスで携帯電話番号の認証だけで済むのでわずらわしい手続きは一切ありません。

その後、購入した商品は届きます。

そして翌月になると請求が行われコンビニなどで支払いをすれば完了です。

つまり後払い決済というのは商品代金を一時的に立て替えてもらうようなものですが、クレジットカードのような審査はなく誰にでも利用可能な決済方法といえるでしょう。

クレジットカード現金化のように後払い決済も現金化できるのか?

後払い決済現金化

クレジットカードのショッピング枠は買い物をするための利用枠ですが現金化にも利用されていることはご存知かと思います。

クレジットカード現金化は基本的にクレジットカード決済購入した商品を換金することによって現金化することができますが、後払い決済でも同じように購入した商品を換金すれば現金化できるのではないでしょうか?

確かにクレジットカード決済も後払いと同様に支払いを翌月にするという共通点があります。

したがって今すぐにお金が必要な方が後払い決済で買い物をしそれを転売し現金化することは可能といえるでしょう。

ところがこの後払い決済とクレジットカードの大きな違いは利用枠のサイズにあります。

クレジットカードのショッピング枠の場合、少なくても30万円程度はありますが後払い決済の可能枠は5万円程度しか利用することはできません。

これは後払い決済は審査不要で利用できるため、そこまで高額の決済を可能にすることはリスクが生じるからです。

基本的に後払い決済は携帯電話番号に紐付けられており、1回線ごとの利用枠ということになるでしょう。

そのため複数の携帯番号があればある程度の金額を現金化することも可能となります。

今のところこの後払い決済現金化というビジネスはまだ登場していませんが、今後はクレジットカード現金化のように流行する可能性は十分にあるでしょう。

なぜならクレジットカードを持つことができない貧困層がキャリア決済の現金化しているように後払いによる資金調達が可能となったからです。

スポンサーリンク