誰もが現実の世界で日常の生活を送っています。

 

人間は日々進化を遂げ日常を過ごすリアルの世界とは別に非現実世界を造り上げました。

 

それがパソコンやスマートフォンなどからアクセスすることができるインターネットサービスという仮想世界なのです。

 

これまですべてのサービスや手続きが現実の世界だけで行われていましたが、数多くの様々なサービスがデジタル化しインターネットを経由し利用できるようになりました。

 

そのためこれまで店舗で営業していた事業もデジタル化し姿を消す業種も少なくありません。

 

今まで本を購入するのに書店に足を運び読みたいと思う本を探していた方は少なくないでしょう。

 

この書店も徐々になくなりつつある商売といえるでしょう。

 

現代では書籍をダウンロードしスマートフォンやタブレット端末で読むというのが主流となりつつあり、これまでの本という概念は薄れつつあります。

 

本が減少すれば書店だけでなく本を作製していた印刷業界にも大きな影響を与えることになります。

 

このように時代の流れとともに廃れていく商売もあれば新たに登場するビジネスも存在するのです。

 

そんな近代的なインターネットに特化した店舗を持たない仮想世界のビジネスとされるのがクレジットカードのショッピング枠現金化サービスなのです。

 

カードでお金のリアル店舗で営業している現金化

このインターネットサービスが急速に普及したのはまだ10年程度の話であり、パソコンやスマートフォンがないのが当たり前の時代だったのは大昔でもありません。

 

ではまずインターネットが浸透していなかった頃からあるアナログなクレジットカード現金化から解説していきます。

 

現代ではパソコンのなかに仮想世界があるとはいえ、すべての人間はリアルの世界に存在しています。

 

そのため現在あるインターネットビジネスの起源はリアルの世界からシフトしていったということになります。

 

現在のクレジットカード現金化の半数以上はWEB上で営業しています。しかしリアルの世界でも同じ業種のお店が今でも現存しているのです。

 

それがカードでお金の看板で知られる店頭にて商品を買い取りするショッピング枠現金化となります。

 

現在の発達したインターネットサービスを一切使用することのない完全にアナログな方法が、これまでのクレジットカード現金化の時代を築き上げてきたのです。

 

「インターネットを使用しない」という特徴はメリットもあればデメリットもあります。

 

インターネット環境がない状況でも利用することができる反面、店舗に来店し取引をしなければなりません。

 

「どうしても今すぐにお金が必要」という状況で店舗型のクレジットカード現金化は不向きとなります。

 

自宅の近所にカードでお金のお店があればすぐに駆け込むことはできますが、大半のお店は都心部にしかありません。

 

そのため電車に乗り継ぎ来店しなければならないため交通費や時間が必要となるため非効率的な方法なのです。

 

[card url=https://genkin-ka.info/2016/06/02/commodity-purchase/]

 

[card url=https://genkin-ka.info/2016/05/31/carddeokane-the-end/]

インターネットのみで取引をする無店舗型の業者

カードでお金の店舗型の業者と比較すると明らかに効率良くショッピング枠を現金化することができるのが、実際の店舗営業を行わないWEB上で完結できる現金化業者です。

 

無店舗型のメリット

まずカードでお金の業者との大きな違いは店舗がないため来店する必要がありません

 

すべての手続きをパソコンやスマートフォンで行うためこの差があるのです。

 

そのためインターネット環境が必要という条件がありますが、現在ではすでに誰もが簡単に操作できる状況にあり難しい条件ではありません。

 

そのため無店舗形式の業者を利用する方は

  • 自宅や職場からも手軽に利用できる
  • 交通費がかからないからお得
  • 雨の日に外にでなくても現金化できる
  • 銀行振込だから早い

など評価されています。

 

無店舗型のデメリット

一方、この店舗が存在しない現金化業者には不安な点もあります。

 

そもそもクレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスは決して良い印象がある訳ではありません。

 

そのため実際に店舗で取引するのに抵抗がある方は少なくないでしょう。

 

そういった方が店舗で取引しないインターネット型の業者を選んでいることもありますが、たとえ店舗で営業していなくてもどこかを拠点に業務を行っていることは間違いありません

 

インターネットはバーチャルな仮想世界といえどもその向こう側には必ず現実で業務を行っているからです。

 

しかし無店舗型の現金化業者のほとんどは明確な所在地を提示しておらず、どこで業務をしているのかはわかりません。

 

これは所在地がわからなくても業務内容に問題がなければ良いという意見もあります。

 

とこがトラブルが発生した場合のことを想像してみてください。

 

たとえばショッピング枠を現金化したらクレジットカード会社から連絡があり、「お客様が先日ご使用されたショップに不審な点がありますので、購入した商品を確認させてください」

などと明らかに現金化行為を疑われている内容でした。

 

それを現金化の担当者に伝えると、

「その件について調査しますので後日連絡します」

とそっけない対応。

 

しかし1週間経っても連絡がないのでこちらから連絡してみると電話番号は使用されておらず、サイトも閉鎖されていました。

このようなケースはこれまで少なくありません。

従ってアフターケアまでしっかりとサポートしてくれる本当に信頼できる業者を選ぶ必要があります。

これが無店舗型の現金化業者を利用するリスクであり、クレジットカード現金化が不透明な理由でもあります。
[card url=https://genkin-ka.info/2016/07/07/location/]

 

スポンサーリンク