クレジットカードのショッピング枠を使用して買い物をするのはごくありふれた光景といえるでしょう。

しかしショッピング枠で購入した商品を何らかの方法により換金及び転売してしまうとクレジットカードのショッピング枠現金化したことになりクレジットカード会社との利用規約違反や法律に違反する行為とされています。

では本当にクレジットカード現金化を利用するとカードが利用停止になったり現金化業者が逮捕されてしまうのでしょうか?

もし仮にこれが事実であればクレジットカードのショッピング枠現金化というビジネスは消滅しているでしょう。

今もなおカードでお金の看板やクレジットカード現金化の広告は至るところで目にすることはあります。

つまりこのクレジットカード現金化のマイナスイメージというのはショッピング枠を現金化したことのない一般的な印象であり現実とは異なるのです。

確かにクレジットカード現金化は消費者金融などからお金を借りることができない貧困層にとって即日で資金調達できる便利なサービスといえるでしょう。

その反面、まったく問題のないサービスではなくデメリットもあるのです。

クレジットカード現金化を利用するデメリット

クレジットカード現金化の情報の信憑性

正規の商取引ではない

クレジットカードのショッピング枠を現金化は認められる行為ではありません

したがって複数の店舗を運営している大手現金化グループであっても社会的な地位はなく、「職業不詳」という扱いになってしまうでしょう。

このクレジットカード現金化の方法の大半はインターネット上で商品の購入手続きをしキャッシュバック名目により現金がすぐに振り込まれます。

キャッシュバック方式の現金化は通常のネットショッピングと同じようにインターネット上で営業しているショップで商品を購入することになるのですが、その商品に現金キャッシュバックという特典があるのです。

しかしこれはあくまでも建前上の手続きでしかありません

現金化業者と利用者の目的はクレジットカード決済により売り上げとなる金額から手数料を差し引いた分を利用者の銀行口座に振り込むことです。

そのため現金化で使用されるネットショップはお世辞にも立派とはいえない粗悪なもので、購入し届く商品はゴミのような価値のないものとなります。

したがってほとんど価値のないものを数十万円で取引することになるのです。

ゴミを20万円で売ることに違法性はありませんが、販売者も購入者も常識では考えられない範囲の行動ということに違いありません。

悪徳現金化業者が潜んでいる

ショッピング枠現金化は正規のビジネスではありません。

そのためどの現金化業者も実態は不透明となっています。

もちろん事前に利用についての説明があり問題なく取引が完結すればトラブルになることもないでしょう。

しかしこの不透明な部分を悪用し利用者を騙すような悪徳現金化業者も少なからず潜んでいるのです。

もし悪徳現金化業者を利用してしまいまったく振込みがされないという事件が起きてしまったらどのように対処しますか?

このようなケースでは故意的に騙しているため業者と連絡は取れてもほとんど相手にされません。

クレジットカード会社に事情を説明したくても現金化行為は規約違反となるめ発覚すれば利用停止などの措置をとられることになるでしょう。

つまり大半の被害者は泣き寝入りすることになるのですが、それを理解した上で詐欺まがいな行為を行っているのです。

現在ではこのような被害はほとんどありませんが、まったくないとも言い切れませんので注意しなければなりません。

実質的に債務が増えることになる

そして最後にクレジットカードのショッピング枠を現金化すると振り込まれた金額よりも多い額を支払わなければならないです。

これはどの現金化方法にも共通しており利用する上で避けることはできません。

この点をクレジットカード現金化は高金利の貸金業とされる所以ともいえるでしょう。

確かに利用者から見ればキャッシュバック名目でお金を借り、クレジットカードで返済しているようなものです。

しかしショッピング枠現金化の方法としてはお金を貸しているわけではなく、買い物した特典として現金キャッシュバックしているため現金化業者に返済するわけでもありません。

利用者も当然それを理解した上でショッピング枠を現金化しています。

確かにクレジットカード現金化を利用することによってロスは発生しますが、それはどんな商売でも利益がなければ運営を続けていくことができため必然といえるでしょう。

クレジットカード現金化を利用するメリット

クレジットカード現金化のメリット

確かにクレジットカード現金化にはデメリットやリスクは少なからずあります。

それだけであれば誰もショッピング枠を現金化することはないでしょう。

つまりクレジットカード現金化にはデメリットよりも多くのメリットがあるため大勢の方が現在でも活用しているのです。

即日振り込みが可能

ショッピング枠現金化は主に

  • 今すぐお金が必要
  • クレジットカードのキャッシング枠がない
  • 即日で金策しなければならない
  • 消費者金融からは借り入れができない

といった理由から利用されている資金調達方法です。

このクレジットカード現金化の利用者の大半は即日振り込みを希望しています。

つまり当日中にお金が振り込まれなければ意味がないでのす。

しかし今の時代、すぐにお金を工面することができる方法はほとんどありません。

2010年から施行された総量規制の影響により消費者金融からの借り入れやキャッシングが厳しくなりました。

そのため現在利用可能な金策の方法はほとんどないのです。

しかしクレジットカードのショッピング枠現金化は貸金業法とは関係ありませんので問題なく利用することができます。

しかもオンラインで取引が可能で即日お金を手にすることができるのです。

これがクレジットカード現金化の最大の魅力ともいえるでしょう。

キャッシングのようにお金を借りる訳ではない

クレジットカードのショッピング枠はキャッシングとは違います。

買い物をするためのショッピング枠を使用するためお金を借りるための方法ではありません

そのため銀行や金融業者の信用情報機関に借り入れ履歴として残ることはないです。

クレジットカード現金化はネットショッピングと同じようにオンラインでクレジットカード決済により買い物をするだけの手続きとなります。

そのため「お金を借りる」ということに抵抗がある方であっても買い物感覚で手軽に資金調達することが可能なのです。

すべての手続きをWEBで完結できる

現在ではインターネットサービスが急速に普及しパソコンだけではなくスマートフォンやタブレット端末から利用することができるようになりました。

このオンラインでの取引はインターネットに接続できる環境さえあれば世界中どこにいても利用することが可能なのです。

店舗で営業している飲食店などの商売は実際にそのお店に足を運ばなければなりません。

その点、インターネットサービスはどこにいても場所を問わず利用できるのです。

カードでお金の店舗型の現金化業者では来店する必要があるため近隣の地域でなければ利用できません。

しかしWEBで完結が可能なショッピング枠現金化は日本全国どこからでも即日現金化できるのです。

確かにクレジットカード現金化には少なからずデメリットはあります。

それでも数多くの方がショッピング枠を現金化している理由というのはこのようなメリットがあり便利なサービスだからです。

スポンサーリンク