現金とクレジットカードの利用価値を比較すると明らかに現金の方が多くの支払いに利用することができます。

 

そのためクレジットカードのショッピング枠現金化というビジネスが存在する意義があるのです。

 

確かにクレジットカードよりもお金の方が便利に使用することができます。しかしクレジットカードの登録が必須となるサービスもあり現金だけでは利用できないものもあるのです。

 

現金主義の方にとっては後払いのクレジットカード決済は借金という考え方になります。

 

最終的には支払うものであれば先に支払いをしたいという考え方にはクレジットカードは不向きなモノです。

 

しかしクレジットカードがなければ利用することができないサービスも増加傾向にあり現金主義の方でもクレジットカードを所持しなければならない時代が到来しつつあります。

 

ではどのようなサービスにクレジットカードが必要不可欠なのか調査していきます。

今では常識となった高速道路のETC

昔は金券ショップに行けば高速道路の回数券が販売されており、現金払いで高速道路を使用するよりも100円程度安く利用することができたことを記憶しております。

 

その当時の高速料金は500円程度で今よりもはるかに安くさらにお得に利用できるものでした。

 

しかし2016年4月より首都高の料金は930円から1,300円となり異常に高騰したように感じます。今では高速道路の回数券は廃止され多少でも割安で首都高を使用する方法はないようにも思えます。

 

現在、高速道路を使用するのに現金で支払っているのはごく稀なケースのようになりました。

 

大半の車にはETCが搭載されており料金所で停止することなく通過していきます。

 

このETCにはカードを差し込んで使用することができそのカードというのはほとんどがクレジットカード会社が発行するものなのです。

 

従ってクレジットカードがなければETCを使用することができないのです。

 

高速道路の料金所は渋滞の根源となっていました。このETCが常識となってから料金所で停止する車はほとんどありませんので渋滞が解消されつつあります。

 

もちろん現金での支払うことは可能ですが圧倒的にETCを利用した方が便利でありスムーズなドライブを楽しむことができます。

 

好きに車が使えるカーシェアリング

近年登場し徐々に拡張しつつある新しいサービスとしてカーシェアリングがあります。

 

このサービスは自動車を所有していない方が事前に予約しておけば自由に車を使用することができるサービスです。

 

主にコインパーキングが運営する会社が提供しているサービスでレンタカーを借りるよりも割安で使用できガソリンを入れる手間もないことから多くの方に受け入れられています。

 

カーシェアリングを利用するためには事前に登録が必要となり、使用代金の支払いはクレジットカード払いのみとなります。

 

そのためカーシェアリングもクレジットカード所有者限定のサービスということになります。

 

金融ブラックでも持てるクレジットカードの代用品

これらの便利なサービスを利用するためにはクレジットカードが必要になります。

 

逆に言えばこういったサービスはクレジットカードがなければ利用できません。

 

しかしクレジットカードを所有するためには審査があり誰にでも持てる訳ではなく、収入証明や在籍確認があり過去に借金の未払いや遅延があった場合はクレジットカードを発行することは困難と言えます。

 

この消費者金融やキャッシングで遅延してしまった方はその後クレジットカードの発行だけでなく銀行の借入や自動車のローンの審査も厳しくなります。

 

クレジットカードを日本語に訳すとcreditは信用という意味になります。そのため所有者を信用して支払いを立て替えるためのモノなのです。

 

支払いを遅延したり未払いがある方には「信用」がないことになり通称ブラックリストに載り信用情報機関の債務事故として取り扱われることになります。

 

このような金融ブラックの方にはクレジットカードを持つ資格がありません。従って信用はなくすべての支払いを現金で払わなければりません。

 

こういった方がクレジットカードでしか支払えないサービスを利用するための代用品が存在するのです。

 

それが銀行口座から直接決済されるデビットカードです。

 

デビットカードはクレジットカードのように16桁のカード番号や有効期限がありクレジットカードのように使用することができます。

 

大きな違いは締日や支払日はなく銀行の預金残高がなければ決済することができないという点です。

 

この銀行口座にお金を入れておけばブラックの方でもクレジットカードでしか支払えないサービスを利用することが可能になります。

 

ただ一つ利用できないのがクレジットカード現金化

デビットカードであればクレジットカードの機能の90%以上は賄うことができます。

 

もちろんキャッシング機能はありませんが、クレジットカードのショッピング枠現金化も利用することはできません。

 

ショッピング枠のように決済することは可能かも知れませんが、それは預金残高を使用することになります。

 

預金残高はそのまま引き出しすればお金を手にすることができますのでデビットカードで現金化する人はいないでしょう。

 

クレジットカードの代用品としてデビットカードでカバーできますが現金化することはできません。

 

そんな方でも現金化できるが携帯電話のキャリア決済現金化です。

 

携帯電話にはクレジットカードのような買い物をすることができるショッピング枠がありそれを使用し現金化することも可能です。

 

このキャリア決済はブラックの方でも電話料金の支払いを滞っていなければ使用することができますので、クレジットカード所有者ではなくても利用可能な現金化方法です。

[card url=https://genkin-ka.info/2016/06/15/carrier-settlement/]
スポンサーリンク