2019年も後半となり、もう数年前から多数の消費者には大きな話題となっている10月1日から施行される消費税増税。

どのようなモノでも購入する際には販売価格の8%から10%へと2%の税金が負担となるのです。

「たかが2%くらい」と思っている方もいるでしょうが、1万円の買い物で1,000円の消費税が必要となるのはバカにできる数字ではありません。

お金を必要としている方が手軽に資金調達できるクレジットカードのショッピング枠現金化ですが、その名の通りカードで買い物をし現金化することになります。

そのためクレカ現金化ユーザーにとって消費税増税は影響を及ぼすのでしょうか?

  • ショッピング枠現金化には消費税ってかかる?
  • 増税する前に現金化しておいた方が得?
  • 消費税が負担にならない現金化の方法ってないの?
  • 消費税に関する現金化ユーザーからの疑問は少なくないでしょう。

    ではクレジットカード現金化業界に及ぼす2019年の消費税増税の影響や対処法について解説していきますので参考にして下さい。

    消費税が2019年10月1日から10%に増税

    消費税10%に増税
    まだ記憶に残っている方もいると思いますが、2014年4月から消費税はそれまでの5%から8%へと引き上げられました。

    そして2019年10月からいよいよ消費税は8%から10%へと2%増税されることになるのです。

    今回の消費税増税の特徴としては軽減税率という増税の対象とならないケースもあります。

    消費税の増税によって、高所得者層より低所得者層の方が負担が大きくなること(逆進性)を防ぐために、「日々の生活において幅広い消費者が消費・利活用しているものに係る消費税負担を軽減する」という考え方に基づき、特定の品目に対しては軽減税率(8%)が適用されます。
    その中でも特に「外食」については食べる場所などによって定義が細かく分類されていますので注意が必要です。

    引用元:2019年10から消費税が10%に!

    この軽減税率というのは低所得者層の方が負担を少なくする措置といえるでしょう。

    そんな多く低所得者層の方が金策方法として利用しているクレジットカードのショッピング枠現金化ですが、消費税増税によって影響を受けるのでしょうか?

    クレジットカード現金化にも消費税は負担になる?

    消費税が現金化にも負担
    クレジットカード現金化というのはお金を借りることになる「キャッシング」ではありません。

    クレジットカードで買い物ができる「ショッピング枠」を利用し現金にするサービスとなります。

    したがって現金化するためにはカードで買い物をしなければならないのです。

    買い物をすればどんな商品でも販売価格に消費税が加算されることになります。

    つまりクレジットカード現金化にも消費税が増税されることによって影響を及ぼすことになるでしょう。

    即日現金化できるキャッシュバックには影響を及ぼす

    キャッシュバックでの現金化に影響
    クレジットカード現金化はショッピング枠で買い物をするため消費税は負担となります。

    商品買取による現金化方法の場合

    • 新幹線の回数券
    • 高級ブランド品
    • 貴金属類
    • 家庭用ゲーム機

    といった換金することが容易な商品の購入となりますが、当然ながら消費税がかかるため実質的な換金率に影響することは間違いありません。

    ただオンラインで手続きが完結する「キャッシュバック」での現金化方法と比較すると負担は少ないといえるでしょう。

    キャッシュバックによる現金化ではカードでの商品購入に消費税が加わるだけではなく

    • 振込手数料
    • カード決済手数料
    • 商品送料

    といった手数料や必要経費にまで影響を与えるので、実質的な換金率は少ない割合となることは間違いありません。

    増税後の10万円の換金率予想
    増税前
    決済金額99,360円(税抜き92,000)×換金率80%=73,600円入金
    増税後
    決済金額99,550円(税抜き90,500)×換金率80%=72,400円入金
    ※その他各業者によって手数料や送料が必要となります。

    実際のところ消費税が増税されるのは2%ですが、おそらく現金化の換金率では5%の差が出てくるでしょう。

    クレジットカード現金化ユーザーにとって消費税は入金額を左右する重要なポイントです。

    この消費税の影響を受けることなくショッピング枠を現金化する方法はないのでしょうか?

    消費税が負担にならない現金化方法があった

    消費税のかからない現金化方法
    お金を必要としている方がショッピング枠を現金化していることは間違いないでしょう。

    そのため当然ながら

    • 「少しでも多く現金化したい」
    • 「なるべく高い換金率のところがいい」
    • 「できれば手数料はない方が・・・」

    といったお金に関する部分を気にしている方は多いと思います。

    そんな現金化ユーザーにとって10%になる「消費税」は大きな弊害です。

    もし仮に消費税がかからなければ実質的に換金率が10%以上高く現金化することができます。

    では実際に消費税が負担にならない現金化方法はあるのでしょうか?
    実は現在でも消費税がかからないクレジットカード現金化の方法はあります!

    消費税のかからないショッピング枠現金化の方法というのはamazonギフト券の換金です。

    amazonギフト券などの商品券やギフトカードというのは購入する際に消費税はかかりません。

    なぜなら商品券やギフトカードで買い物をする時に消費税が発生するからです。

    では消費税がかからないアマゾンギフト券での現金化の流れを見ていきましょう。

    amazonギフト券での現金化方法

    1. amazonギフト券のEメールタイプ購入
    2. 買取ボブに申し込み
    3. amazonギフト券を換金
    4. 現金化完了

    買取ボブ申し込み

    買取ボブなら90%以上での換金率でクレジットカード現金化を実現することが可能です。

    消費税増税だけに限らず、クレジットカード現金化として最適な方法といえるでしょう。

    スポンサーリンク