「クレジットカードの審査は絶対に通らない。だけどどうしてもクレジットカードが必要!」

そんなお悩みを抱える方というのは少なくはないのでしょうか?

クレジットカードがない方の悩み

  1. 高速に乗るためのETCカードがない
  2. 格安SIMが欲しいけどデビットカードが使えない
  3. Apple Payに登録できるカードがない

といったように意外とクレジットカードがなければできないことも少なくありません。

クレジットカードの審査といってもすべてのクレジットカード会社が同じ審査基準ではなく、柔軟な審査となるクレジットカードもあります。

ただ完全に審査がないというわけではなく、ある一定の基準を満たさなければ簡易的な審査でも否決されることになるのです。

そんな「金融完全ブラック」の方でも持つことが可能なリーサルウェポン的なクレジットカードが登場しました。

それがライフのデポジット型となるクレジットカードです。

クレジットカードを発行するにあたって「審査」は大きな壁ということは間違いありません。

そんな審査という壁のないライフカードのデポジット型とは一体どのようなクレジットカードなのでしょうか?

新たなクレジットカードとなるデポジット型とは?

デポジットのクレジットカード
クレジットカードの「CREDIT」を日本語に訳すと「信用」となります。

つまりクレジットカードは信用のある方だけが利用できるカードといえるでしょう。

そんなクレジットカードを信用のない方でも所有することができるデポジットとは一体どういった内容なのでしょうか?

プリペイドカードやデビットとデポジットの違い

プリペイドカード

クレジットカードの審査に通らないブラック状態の方が代用しているのは事前にチャージして決済が可能となる「プリペイドカード」です。

近年では多数のプリペイドカードが発行されており

  • dカードプリペイド
  • LINEプリペイドカード
  • Kyash
  • ANAプリペイド
  • バンドルカード

といったようにさまざまなジャンルの業種からプリペイドカードがあります。

プリペイドカードは事前にチャージした金額を支払いとして利用でき、発行するための審査は原則的にありません。

デビットカード

プリペイドカードと同様にクレジットカードのように支払ができるのがデビットカードです。

デビットカードは銀行口座と直結しており、決済した金額は即時口座から引き落とされます。

したがって口座に残高がなければ決済することはできません。

デビットカードも銀行口座があれば審査なく発行することが可能です。

デポジットの意味とは「預かり金」

クレジットカードはプリペイドカードのような前払い方式ではなく、利用した決済金額を後で請求される後払い方式となります。

そのため支払い能力や収入の状況などが審査によって判断されることになるのです。

ではこのクレジットカードのデポジット型というのはどのような仕組みなのかといいますと、このライフカードDPを発行するためには事前に利用枠となる金額を預けることになります。

つまり現金を担保に発行することができるクレジットカードなのです。

※カードの支払が延滞が続いた場合にはデポジットとして預けた保証金は返還されません。

デポジット型のライフカードの特徴

ライフカードDP
クレジットカードを所有していない方がデビットカードやプリペイドカードを代わりに利用している方は多いのではないでしょうか?

しかしながら現在でもクレジットカードのみでしか決済や登録ができないサイトやショップは少なくありません。

クレジットカードのみ対応のサイトやお店

  1. 高速道路のETCカード
  2. 格安SIM
  3. ガソリンスタンド
  4. 一部のオンラインショップやECサイト

そういった支払の能力があるのに「クレジットカードがない」というだけで不便な思いをすることになるのです。

このライフカードDPはクレジットカードですが保証金を預けることによって誰でも持つことができるカードとなります。

そしてカードの解約時には保証金は返還されることになるのです。

ライフカードDPの申し込み方法

ライフカードの申し込み
通常の年会費のかからないライフカードに申し込みをし、審査に通らなければインビテーション(招待)のメールが届くことになります。

これまでインビテーションのメールは有料ライフカードのものでしたが、現在では有料ライフカードからライフカードDPの案内に変更されているようです。

2019年2月現在、有料ライフカードもデポジットも存在していますが、統合されるもしくは区別されることになるのではないでしょうか?

デポジット型ライフカードの申し込みはコチラから

ライフカードDPを利用する注意点

デポジットカードの注意点
これまでにないデポジットというカタチのクレジットカードとなるライフカードDPですが、デメリットも少なくありません。

高い年会費

通常のライフのクレジットカードは年会費は永年無料で利用することができます。

通常のクレジットカードと比較すると有料ライフカード同様、デポジット型もハイリスクとなる利用者向けのクレジットカードといえるでしょう。

そのためデポジット型のライフカードも高い年会費に設定さているのです。

有料ライフカード年会費

  • ライフマスターカードデポジット型 5,400円
  • ライフマスターゴールドカードデポジット型 10,800円

発行するためのデポジットの支払

デポジット型のクレジットカードを発行するためにもっとも大きな障害となるのが保証金の支払なのではないでしょうか?

このライフカードDPは申し込みをしカードを自宅で受け取る際に保証金と年会費を支払わなければ受け取ることができません。

では年会費と保証金でいくらかかるのかといいますと

  • ライフマスターカードデポジット型
  • 年会費5,400円+保証金100,000円=105,400円

  • ライフマスターゴールドカードデポジット型 10,800円
  • 年会費10,800円+保証金200,000円=210,800円

このように貧困層にはかなり高いハードルとなっており、この保証金が審査なくクレジットカードを発行できるカラクリといえるでしょう。

カードの支払は一括払いのみ

通常のライフカードや有料ライフカードとの大きな違いとしてデポジット型のライフカードは一括払いのみしか選択することができません。

「信用度」からいえばデポジット型のクレジットカードがもっとも低く、利用者の信用も最低レベルということは間違いないでしょう。

このリスクを回避するためにライフカードDPは分割払いやリボ払いはできないのです。

スポンサーリンク