最近では「脱・現金化」となる紙幣や硬貨を使用しないキャッシュレスの動きがどんどん加速しているようにも感じられるのではないでしょうか?

これまで現金以外の決済方法といえばショッピング機能を持つクレジットカードだけでしたが、ここ数年では

  • Suicaやnanacoなどの電子マネー
  • 楽天PAYやPAYPAYなどのQRコード決済
  • Kyashやバンドルカードなどのプリペイドアプリ

といったような今まだにはなかった新たな支払い方法が普及しつつあります。

そんなクレジットカード以外の決済方法のひとつに銀行口座の預金から直接支払いが可能な『デビットカード』も近年ではキャッシュレスの決済手段として活用されていることはご存知でしょうか?

大手メガバンクやネット銀行の口座にはキャッシュカードとは別のカードであったり、キャッシュカードと一体型となるVISAやJCBといったクレジットカードの国際ブランドのロゴのあるデビットカードがあります。

このデビットカードは銀行口座の預金残高から支払いが可能なクレジットカードのような存在ですが、実は現金化することが可能なデビットカードがあったのです!

では預金残高で決済を行うことができるデビットカードの現金化について解説していきます。

デビットカードとクレジットカードの違い

クレジットカードとデビットカード

2つのカードの特徴を比較

即日で資金調達することが可能な方法として『クレジットカードのショッピング枠現金化』というサービスは以前から知られています。

しかしながら

  • クレジットカードの審査が通らない方
  • 過去に金融機関での未払いや延滞を繰り返している方
  • 安定した収入のない無職の方や専業主婦の方

というのは原則的にクレジットカードを所有することができないため、クレジットカード現金化を利用することはできません。

そういった方でも審査なく誰でも利用することができるのがデビットカードなのです。

デビットカードは発行する際にクレジットカードのような審査はありませんので、信用情報機関においてブラックリストの方でも問題なく発行することができます。

このデビットカードはクレジットカードの特徴となる

  • お金を借りることができるキャッシング枠
  • 買い物の決済に利用できるショッピング枠

のいずれもなく銀行の預金残高から決済した金額が差し引かれることになります。

デビットカードによる決済での現金化にメリットはない

デビットカードにはクレジットカードの国際ブランドとなる

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

といったロゴがあるため見た目からは大きな違いはないようにも感じられるのではないでしょうか?

デビットカードは預金残高内であればクレジットカードと同様に決済ができるため現金化することも可能です。

しかしながら預金残高からの差し引かれることになるため現金化するメリットはありません。

なぜなら銀行口座から引き出しすることができるため手数料がかかる現金化はむしろロスしかないのです。

残高がなくても決済が可能なデビットカードとは?

現金化できるデビットカード

銀行が発行しているデビットカードは買い物する際の決済をすることができますが、預金口座が差し引かれることになるため残高が不足していれば決済はエラーとなります。

そして預金残高は引き出しが可能となるためデビットカードでの現金化というのはムダでしかありません。

したがってデビットカードの現金化は意味ないことのように思われますがあるデビットカードに限ってはそうではなかったのです!

なぜなら与信枠があり口座残高が不足していても10万円までの決済が可能なデビットカードがあります。

ではショッピング枠のような機能を持つイオンデビットカードについて解説していきます。

現金化できるイオンデビットカードVISA

イオンデビットカードVISA

イオン銀行デビットカードの特徴

大手スーパーのチェーンとして知られるイオンでは「イオン銀行」というネットバンクも手掛けており、イオン銀行が発行しているデビットカードがあります。

このイオン銀行のデビットカードは2種類の国際ブランドに分類されており、それぞれ異なる特徴があるのです。

イオンデビットカードJCB

銀行のキャッシュカードとデビットカードが一体型となるJCBのイオンデビットカードについてですが、デビットカードでの買い物で0.5ポイントが付与されます。

さらにJCBのデビットカードはイオン系列の電子マネーとなるWAONも利用できるため、とても利便性の高いデビットカードといえるでしょう。

イオンデビットカードVISA

JCBと比較するとVISAのデビットカードはキャッシュカードとデビットカードは別々のものとなります。

しかしこのイオンデビットカードVISAの特筆すべき点として、バックアップサービスという決済の際に万が一残高が不足していた場合でも10万円まで利用金額を立て替えられるシステムがあるのです。
バックアップサービス

イオンデビットカードVISAのバックアップサービス

通常のデビットカードは預金残高での決済となるため残高不足の場合はエラーとなります。

しかしながらイオンデビットカードVISAには10万円まで立替払いが可能なバックアップサービスがあるため残高がない状態でも10万円までの決済が可能となるのです。

つまりクレジットカードのショッピング枠のような機能がイオンデビットカードVISAにはあります。

ではこのバックアップサービスを利用したデビットカードの現金化は実際に可能なのでしょうか?

イオンデビットカードでの現金化の手順

デビットカードでの現金化の手順

10万円までを後払いで利用することが可能なイオンデビットカードですが、どのように現金化すればもっとも効率的なのでしょうか?

やはりどこにいてもスマホやパソコンから手軽に利用することができるクレジットカード現金化サイトが手間なく時間的にも有効といえるでしょう。

特に多数の現金化ユーザーから人気となるハピネスがおすすめです。

ハピネスでは「利用したい現金化サービスNo,1」となる多くの比較サイトや口コミサイトでも評価されるサイトとなります。

そしていまならご新規様限定で最大5,000円プレゼントキャンペーンも実施していますので、イオンデビットカードの現金化ならハピネスが最適なのではないでしょうか?

スポンサーリンク