2010年の施行された改正貸金業法による総量規制によって、これまで制限のなかった消費者金融からの借入は年収の3分の1までしかできなくなりました。

この総量規制はアコムやプロミスといった大手消費者金融会社だけではなく、クレジットカードでお金を借りるキャッシングも影響を及ぼします。

そのため総量規制によって借入ができなくなってしまった多くの方がお金を借りることなく資金調達することができるクレジットカードのショッピング枠現金化を利用するようになったのです。

クレジットカード現金化は基本的にカード決済によって購入した商品を換金することによって現金化することになります。

現在でも「カードでお金」と書かれた看板の店舗では旅行会社やみどりの窓口で販売されている新幹線チケットによってクレジットカードのショッピング枠は現金化されているのです。

しかしながら店舗型のクレカ現金化では来店する必要があり、地方からの利用は困難といえるでしょう。

そんなクレジットカード現金化は近年ではスマホやパソコンから手軽に利用可能なオンラインによるサービスが浸透しつつあるのです。

ではスマホからいつでもどこからでも手続きできるクレジットカード現金化の方法について検証していきたいと思います。

amazonギフト券でのクレカ現金化

アマゾンギフト券でのクレカ現金化

最近のクレジットカード現金化の傾向として店舗に来店する必要のない、インターネットですべての手続きを完結することができる方法が主流となりつつあります。

その代表的な方法といえるのが総合オンラインショッピングサイトのAmazonで利用できるamazonギフト券のEメールタイプによるクレカ現金化です。

Eメールタイプのamazonギフト券は一般的な商品券やギフトカードとは異なりスマホやパソコンから購入することができ宛先となるメールアドレスに送ることができるため、とてもスピーディーに手軽に手続きができるクレカ現金化の商品として利用されています。

ただEメールタイプの電子ギフトは大黒屋などの大手チケットショップでは換金することはできません。

したがってオンラインで換金が可能な専門の買取業者でしか現金化はできませんが、すべての手続きをオンラインで完結できるという特徴があります。

商品券をカードで買う現金化方法

商品券でのクレカ現金化

amazonギフト券というのはAmazonで買い物ができる商品券ですが、金券類としては例外となるクレジットカード決済で購入可能という特徴があります。

実はJCBや百貨店が発行する商品券は原則的に現金化目的には適さない金券類という特徴があるからです。

その理由は各クレジットカード会社は換金目的でのクレジットカードの使用は禁止しており、換金性の高い商品券は危険とされています。

もとろんそれはJCBなどの公式サイトでの購入は困難となりますが、【金券ねっと】
というクレジットカード決済でも安全に商品券を購入することができる販売サイトがあるのです。



【金券ねっと】新規購入でクオ300円券プレゼント!
即日発送・あんしんのクレジット決済

この金券ねっとで商品券を購すれば郵送で届きますのでお近くの金券ショップで95%以上の換金率で高価買取することができます。

クレジットカードで商品券を買える類似サイトは複数ありますが、

  • 決済手数料
  • 消費税
  • サービス料

といった名目で割高で商品券を販売する悪質なサイトも少なくありませんので注意しましょう。

2種類のクレジット現金化の方法を比較

クレカ現金化方法の比較

換金率

なんといってもクレカ現金化においてもっとも多くの方が気になっているのが換金率なのではないでしょうか?

よくあるカードでお金の看板の店舗の場合、80%が平均相場となりますので10万円分のカードのショッピング枠を現金化すれば8万円になるということです。

ではamazonギフト券によるクレカ現金化はといいますと、初回の買取の場合では90%以上で換金できるところもありますが、2回目以降は85%程度となることろがほとんどといえるでしょう。

その点、JCBやVJAといったよく目にする商品券をチケットショップで換金すれば95%以上で現金化することができます。

【金券ねっと】では10万円分のJCBギフト券の販売価格は111,700円となりますので95%で換金できたとしても85%以上の換金率となりますので優れているといえるでしょう。

スピード

クレカ現金化ユーザーにとって換金率はもちろん大切な点ですが、人によっては「振込までの時間」が重要という方も少なくありません。

なぜなら当日中にお金を工面しなければならない方が多くスピードも大きな比較要素といえるでしょう。

ではスピード面ではどちらが短時間で現金化できるのかといいますと、圧倒的にamazonギフト券の方が早く現金化できます。

商品券の場合、電子ギフトではありませんので当日郵送しても早くて翌日以降の到着となってしまいます。

したがって即日現金化は難しいためamazonギフト券がオススメです。

安全性

クレジットカード現金化は「すぐにお金が必要!」という方にはとても役に立つサービスとなりますが、基本的に利用規約に違反しているためカードの利用停止になる恐れのある行為といえるでしょう。

amazonギフト券のEメールタイプはそもそもクレジットカード決済でしか購入することができません。

そのためたとえ現金化目的以外の購入の場合もあるためクレジットカード会社からは疑いがかけられることはないように思われますが、換金性の高いギフト券です。

やはり一度に大量のギフト券の購入や頻度の高い購入は危険な行為といえるでしょう。

その点、JCB商品券をクレジットカードで購入するのは正規の公式サイトではありません。

したがってamazonギフト券と比較しますとJCB商品券の購入の方が安全といえるでしょう。

現金化に最適?クレジットカードで商品券が購入できる金券ねっと

スポンサーリンク