今すぐお金が必要となった時に利用されているのが「カードでお金」と書かれた看板で知られるクレジットカードのショッピング枠現金化なのではないでしょうか?

クレジットカード現金化は基本的にお金を借りるためのキャッシングではなく、買い物の支払いに利用できるショッピング枠を利用しお金に換える方法であり、30年以上前からある資金調達方法といえるでしょう。

これまで2010年から施行された総量規制によって消費者金融からの借入は困難になり、最近でも銀行カードローンの自主規制によって簡単にお金を借りることはできなくなりました。

そのためクレジットカード現金化のニーズというのも失われることはなく、今もなお利用者が絶えることはありません。

そんなお金を借りることなくお金を工面できる現金化というサービスは、近年では異なる別の方法も登場しているのです。

では今すぐにお金が必要とする方が利用している

  • クレジットカードのショッピング枠現金化
  • amazonギフト券買取
  • 携帯キャリア決済現金化

という現金化方法について特徴などを比較していきたいと思います。

3種類の現金化方法の違い

現金化方法の違い

クレジットカードのショッピング枠現金化

「現金化」という言葉自体が実はまだそこまで歴史のあるものではなく、「現金に換える」という意味を持ちます。

そのためアナログ世代にはクレジットカード現金化は通じず「カードでお金」の方が馴染みがある方は少なくないでしょう。

そんなクレジットカード現金化はいうまでもなくクレジットカードで買い物をした商品を換金する現金化方法です。

その昔は換金性の高いブランド品やゲーム機などによってカード現金化は行われていましたが、近年では新幹線の回数券による現金化が定番となっており、カードでお金の店舗では指定された新幹線チケットの買取によって現金化は行われています。

amazonギフト券買取

カードでお金の店舗での現金化業者は新幹線の回数券の買取によって利用するクレジットカードのショッピング枠がお金に換わりますが、その進化系といえるのがamazonギフト券の買取というサービスです。

つまり「amazonギフト券の買取」というのは現金化のひとつの方法であり、利用者の目的は現金化するためにamazonギフト券を購入し換金しています。

このamazonギフト券による現金化はクレジットカードだけに限らず携帯キャリア決済でも購入することができることから「現金化」というワードはありませんが、現在の主流となる現金化の方法といえるでしょう。

携帯キャリア決済現金化

クレジットカードというのは信用情報機関に遅延履歴などはなく、ある程度の収入がなければ発行することはできません。

それに対し、今では小学生から高齢者まで誰もが持っているのが携帯電話であり、携帯で利用可能な携帯キャリア決済といえるでしょう。

大手携帯キャリアといいますと

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク

といったテレビのコマーシャルでも頻繁に目にする3社が主体となっており、全ての携帯キャリアでキャリア決済を利用することができます。

この携帯決済を利用した現金化が、特にクレジットカードを所有していない層に多くの需要があるのです。

そのため最近では「携帯電話料金の有効活用」といったフレーズによって現金化サービスを提供する業者は増加傾向にあるといえるでしょう。

2017年頃までは携帯キャリア決済現金化はamazonギフト券が主流となっていましたが、最近ではamazonによる規制が厳しくなったためiTunesギフトカードやGoogle Playギフトといった代用品による現金化も増えてきました。

それぞれの現金化方法の特徴や分類

現金化方法の特徴

急場の資金調達方法として活用されている現金化は、今では欠かすことのだきない存在という方も少なくないでしょう。

そんな現金化の方法というのはさまざまありますが、近年の現金化の分類や特徴について解説していきます。

お金に換えるための決済の分類

現金化というのはお金を必要とする方が何かをお金に換えることを指します。

最近では即現金化できるアプリのCASHやメルカリNOWが話題となりましたが、このようなアプリは商品の画像を撮影し換金するアプリです。

もちろん換金性の高い商品があればアプリで換金することができますが、手元に何もない常態でお金を工面することができるのが

  • クレジットカードのショッピング枠現金化
  • 携帯キャリア決済現金化

となります。

どちらも後払い方式での決済となりクレジットカードは翌月に請求されることになり、携帯キャリア決済は携帯電話料金に合算され支払うことになるのです。

クレジットカード現金化は利用可能なショッピング枠がある限り現金化することが可能なため比較的、高額な決済も可能です。

それに対し携帯キャリア決済は最大でも10万円までしか利用することはできませんが、クレジットカードのような審査はないため幅広い層の方が利用することが可能な資金調達方法といえるでしょう。

現金化方法の特徴と分類

以前からあるクレジットカード現金化に加え新たに携帯キャリア決済という異なる決済による現金化も浸透してきました。

ではこの決済による現金化方法はといいますとクレジットカードの場合

  • 新幹線回数券の買取
  • ブランド品や貴金属の買取
  • キャッシュバック特典付き商品の購入

といった方法が主流となっており、最近ではamazonギフト券を換金する現金化方法も参入してきました。

一方、携帯キャリア決済はといいますと、これまでamazonギフト券の換金によって現金化されていましたが、amazonや携帯キャリアによる規制によってiTunesギフトカードでの現金化がメインとなっています。

このように「現金化」といっても現在では決済方法や換金する商品などそれぞれの違いがあるのです。

すべての現金化に対応しているマルチ現金化サイト【換金館】

換金館

  • クレジットカードのショッピング枠現金化
  • amazonギフト券買取
  • 携帯キャリア決済現金化

という異なる現金化はそれぞれのサービスに特化した業者が存在することはご存知かと思います。

しかしながら「あまり違いや手続きの方法がよくわからない」というユーザーも少なくないでしょう。

そんなスマホやキャリア決済などにあまり詳しくない方でもわかりやすく説明し、安心して現金化することができるのが換金館なのです。

換金館ではクレジットカード現金化だけではなく携帯キャリア決済現金化にも対応しており、amazonギフト券の買取のみも可能という他にはないマルチな現金化サイトとなります。

たとえば

  • クレジットカード現金化を利用していたが携帯決済も利用してみたい
  • 携帯キャリア決済の使い方がよくわからない
  • これまで携帯決済現金化を利用していたがクレジットカードを作った
  • 高くamazonギフト券を換金できるところを探している

といったような多くの方のニーズに対応しているのです。

換金館の換金率

お申し込み金額 換金率 お受け取り金額
5万円以上10万円未満 88% 44,000円~88,000円
10万円以上20万円未満 90% 90,000円~180,000円
20万円以上30万円未満 93% 186,000円~279,000円
30万円以上50万円未満 95% 285,000円~475,000円
50万円以上70万円未満 96% 480,000円~672,000円
70万円以上100万円未満 97% 679,000円~970,000円
100万円以上200万円未満 一律98.4% 984,000円~1,968,000円
200万円~無制限 ASK ご相談ください

通常のクレジットカード現金化業者ではこの換金率以外に

  • 商品の配送料
  • 振込手数料
  • 代引き手数料

といった諸経費がかかりますが換金館ではこのような費用は一切必要なくお金を工面することができます。

スポンサーリンク