最近では「格安スマホ」や「格安SIM」といった一般的な携帯電話料金のプランよりも安く利用できるサービスがありますが、それでもまだまだ大手キャリアの独占市場ということは間違いありません。

現在でもMVMOのシェアは右肩上がりに伸びていますが、それでも全体の8.5%と1割にも満たない方しか利用していないのが現状となります。

そうなりますと今でもほとんどの方が格安スマホではなく大手キャリアの携帯電話やスマートフォンを利用しているのです。

そんな格安スマホよりも高い料金体制となる大手キャリアにはどのようなメリットがあるのかといいますと

  • 各キャリアのメールアドレスが使用可能
  • 大手キャリアは店舗があるので安心
  • 通信速度が速い

といったような点が挙げられるでしょう。

そんな大手キャリアとの契約によって利用することができるサービスのひとつにクレジットカードのように後払いで買い物ができる携帯キャリア決済があることをご存知でしょうか。

この携帯キャリア決済はクレジットカードに近い性質があることからクレジットカード現金化に代わる携帯決済の現金化が近年、脚光を浴びています。

なぜこの携帯決済現金化が注目されているのかといいますと、クレジットカードを新規発行する際には信用情報機関などによる審査が必要となりますが、携帯キャリア決済は一般的に審査の通らない「ブラックリスト」の方でも利用可能という特徴があるのです。

つまりクレジットカードだけに限らず銀行カードローンやオートローンなどからの借り入れができない方であっても携帯キャリアとの契約が可能であれば携帯決済現金化によってお金を工面することができます。

そんな携帯決済現金化するための方法というのが最近大きく移り変わりつつあるのです。

携帯決済で購入できたamazonギフト券が買えない状況に

amazonギフト件が買えない

この携帯決済現金化というビジネスは社会で生活しているほとんどの方が利用することができますが、実はこのキャリア決済での現金化方法というのは限られているのです。

今では多くの飲食店やディスカウントショップなどでクレジットカードで買い物の代金を支払うことはできますが、リアル店舗で携帯キャリア決済で支払うことができるところはありません。

この携帯キャリア決済というのは実際の店舗では使用することはできず、オンラインでの決済のみしか対応していないのです。

したがってクレジットカードのショッピング枠現金化のように

  • 新幹線の回数券
  • 高級ブランド品のバッグ
  • 貴金属類

といったような換金性の高い商品を店舗で購入し換金するといった現金化方法は携帯決済では難しいでしょう。

ではどのような方法で携帯決済現金化は行われているのかといいますと、amazonで買い物の支払いに使用することができる「Amazonギフト券の買取による現金化方法」が主流となっています。

ただ最近になりこのamazonギフト券による携帯決済の現金化が横行した結果、現在ではどのキャリアの携帯決済でもamazonギフト券を購入することができなくなりました。

そんなこれまでの携帯決済現金化の大半を占めていたamazonギフト券が買えなくなった今、どのような方法で携帯決済を現金化しているのでしょうか?

これからの携帯決済現金化は「iTunesカードでの現金化」がメインとなる

iTunesカードでの携帯決済現金化

これまで携帯電話料金に合算して支払うことができるキャリア決済を利用する現金化方法というのはamazonギフト券に特化していました。

ではどのような方法で携帯決済を現金化していたのかといいますと、

  1. 各キャリアに携帯決済の利用枠残高の確認
  2. PINCOMやAmazonサイトでEメールタイプのギフト券購入
  3. amazonギフト券買取サイトに申し込み
  4. 指定されたメールアドレスにギフト券のメールを転送
  5. ギフト券の買取代金が金融機関に振込

といった流れで携帯決済が現金化されることになります。

しかしながら現在では携帯決済によるamazonギフト券の販売が中止されたため、この現金化方法はできなくなりました。

そこでamazonギフト券に代わる携帯決済を現金化するための電子マネーとしてiTunesカードが使用されるようになったのです。

以前から大手キャリアの中で唯一amazonギフト券が購入できなかったソフトバンクのまとめて支払いではiTunesカードでの携帯決済現金化が行われていましたが、現在ではドコモのケータイ払いやauのかんたん決済でもiTunesカードでの携帯決済現金化に移行することになります。

iTunesカードでの携帯決済現金化の特徴

iTunesカードでの現金化の特徴

amazonギフト券は国内最大手となる総合オンラインストアのAmazonで買い物をすることができるギフト券であり、Amazonで普段から買い物をする方にとってはお金と代わらない価値のあるギフト券といえるでしょう。

ではamazonギフト券に代わる携帯決済現金化するための商品となるiTunesカードとはどうのようなものかといいますと、apple社のスマートフォンとなるiPhoneやタブレットのiPadでアプリの購入などに使用するための電子マネーとなります。

この携帯キャリア決済というのは携帯電話やスマートフォンに関連する商品を各キャリアのオンラインショップで販売しており、携帯決済での購入も可能です。

したがってamazonギフト券は販売されているサイトでの購入となりましたが、iTunesカードはキャリアの公式サイトから直接購入することができます。

したがって各キャリアのオンラインストア

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

での購入が可能です。

iTunesカードは初回10%OFFで購入できる

初回10%offで購入可能

amazonギフト券というのは原則的に販売促進のためのキャンペーンというのはほとんど行っていません。

したがって5万円分のamazonギフト券は5万円で購入することになりますが、iTunesカードの場合には

  • 10%増量
  • 10%OFF

といったキャンペーンがさまざまなサイトで行われています。

では携帯決済現金化する際に適用されるキャンペーンはないのかといいますと、現在どこのキャリアでも初回の購入に限り通常の価格の10%OFFでの購入が可能です。

つまり5万円分のiTunesカードを購入する際には4万5千円の携帯決済の購入ができます。

ただamazonギフト券よりも買取率は低い

iTunesカードの買取率は低い

amazonギフト券の場合、割安で購入可能なキャンペーンというのはないため価格の相場というのは安定しています。

その点、iTunesカードは携帯決済の場合には初回10%OFFで購入することができることから、相場価格は不安定となり換金する際にもamazonギフト券よりも低い買取率となるのです。

これまでamazonギフト券での携帯決済現金化を利用していた方にとってiTunesカードの換金率は10%以上低い相場となるため納得いかない方も少なくないでしょう。

ただ今後も携帯決済でのamazonギフト券の販売中止は一時的なものではなく今後も再開の見通しはないものと思われます。

したがってこれからの携帯決済現金化はiTunesカードが主流となることは確実であり、その他の現金化方法というのも現段階では非効率な方法しかなく集中することになるでしょう。

iTunesカード現金化なら専門サイトを利用しましょう

 

amazonギフト券の買取だけに限らず
  • Google Playギフトカード
  • iTunesギフトカード

といった電子マネーの換金もできる老舗の買取サイト「買取本舗」

年末年始でも24時間営業しているため、これからの季節には知っておいて損はない便利な買取業者といえるでしょう。

買取本舗公式サイトはコチラ

スポンサーリンク