近年のクレジットカードショッピング枠現金化ではamazonのギフト券をクレジットカード決済で購入し換金する現金化方法が主流となりつつあることはご存知でしょうか?

なぜアマゾンギフト券でのクレジットカード現金化したかという理由のひとつに換金性の高い金券という点が挙げられます。

当然ながら換金性の低い商品で現金化すれば必然的に手にすることが現金は少なくなり効率的ではありません。

そのため換金性の高いamazonギフト券を買い取ることでクレジットカード現金化が行われているのですが、実は最近では特殊詐欺グループは現金振込ではなくamazonギフトカードで架空の請求をするようになっているのです。

こういったアダルトサイトや有料動画サイトの利用料や登録料金を装った架空請求による詐欺被害は年々増加する傾向にありますが、そんな詐欺グループが被害者から騙し取ったamazonギフトカードを現金化していた買取業者が逮捕されました。

その被害総額は約13億円となり、罪の重さは非常に大きいことは間違いありません。

ではこのamazonギフト券を13億円も現金化した買取業者について検証していきます。

amazonギフト券が現金の代わりに詐取されるようになった理由

詐欺に騙し取られる電子マネー

そもそも「詐欺」という犯罪は被害者の資産を言葉巧みに騙し取ることを目的としています。

したがって資産に直結する現金を詐欺グループの所有する銀行口座に振り込ませるというのが一般的な手口とされていました。

ところがこのような特殊詐欺という犯罪は何年も前から社会問題となっており、詐欺被害を未然に防止するための対策はいくつも施されているのです。

  • 架空名義の銀行口座凍結
  • 現金での振り込みの上限が10万円まで
  • 高齢者による高額の現金引き出しに声がけ

といったような対策が銀行やコンビニなどで行われるようになり、詐欺被害が徐々に減少し始めたのです。

その後、現金振込以外にもエクスパックなどでの現金の郵送や「受け子」を利用した現金の手渡しなどの手口が広がりました。

詐欺グループにとって現金振込よりも郵送や手渡しというのは間接的に現金を受け取ることになるため、逮捕される可能性の高い方法といえるでしょう。

当然ながら詐欺グループは重大な犯罪ということを理解した上で被害者を欺いており、警察から逮捕されない方法で詐欺を行っています。

そこで詐欺グループが目を付けたのが、現金を騙し取る方法ではなく現金で購入したアマゾンギフト券などの電子マネーにて請求をする詐欺の手口なのです。

実は現金を騙し取るよりも電子マネーを詐取したほうが詐欺グループにとってはメリットも少なからずあり、近年の主流となりつつあります。

amazonギフト券などの電子マネーを詐取するメリット

amazonギフト券を詐取するメリット

有料動画サイトなどの架空請求をする詐欺グループというのは犯罪であることを理解した上で警察に摘発されないよう影を潜め被害者を騙しています。

したがって詐欺グループが表舞台に登場することはなく、巧妙な手口で被害者から現金を騙し取っているのです。

しかしながら特殊詐欺が社会問題化するにつれさまざまな対策が施されたことにより、これまでのように現金を振り込ます手口は困難になりコンビニで販売されている電子マネーを詐取するようになりました。

この現金ではないamazonギフト券などの電子マネーを詐取する手口は意外にも詐欺にとってメリットのある方法なのです。

「受け子」や「出し子」といった逮捕されるリスクの減少

これまでの詐欺の手口として現金振込や手渡しの場合、詐欺グループが現金の引き出しや受け取りをするのではなく、現金引き出し役となる「出し子」や現金を受け取りにいく「受け子」といった逮捕されるリスクの高い部分を担う要員が行っていました。

もし特殊詐欺が途中で発覚した場合、この受け子や出し子が現行犯逮捕されることになりますが、電子マネーを詐取する方法ではこういったリスクを回避することができます。

そのため特殊詐欺の多くが現金ではなく電子マネーにシフトしつつある理由といえるでしょう。

日本全国どこでも購入が可能

現在の日本にはコンビニがない地域というのはほとんどありません。

たとえ地方であってもコンビニはあり、日本全国どこでも購入が可能な電子マネーは詐欺することにも適した商品といえるでしょう。

ギフト券番号だけでギフト券の利用価値を移動できる

これまでの特殊詐欺での現金振込の場合には必ず銀行口座が必要となります。

詐欺の目的は銀行口座に現金を振り込ませることですが、詐欺が発覚すればすぐに銀行口座は凍結され現金を引き出すことはできません。

その点、電子マネーはプリペイドカードの裏側にあるギフト券番号を伝えるだけでギフト券としての価値を移動することができるのです。

そのため匿名性が高く容易にギフト券の利用価値を騙し取ることができることになります。

換金性の高いギフト券なので現金化が容易

街中にある金券ショップでamazonギフト券を換金できるところはほとんどありませんが、インターネット上には多数のアマゾンギフト券買取サイトが存在します。

たとえ詐欺による被害品のamazonギフト券だったとしても被害が発覚し警察が動くまで、そのギフト券は有効なものです。

そのため現金化することも容易であり、詐欺が現金の代用品としてアマゾンギフト券を利用している理由でもあります。

詐欺によるamazonギフト券を13億換金した買取業者逮捕

アマゾンギフト券現金化詐欺

有料動画サイトの閲覧料を架空請求してアマゾンギフト券をだまし取ったとして、警視庁捜査2課などは6日までに、詐欺の疑いで東京都調布市八雲台、会社役員守屋大志容疑者(32)を逮捕した。逮捕は5日。容疑者は自身が管理するインターネット買取サイト「amachan」で、詐欺グループがだまし取ったギフト券の現金化を請け負い、収益を得ていたとみられる。

捜査2課によると、買取サイトで取引されていたのは、ネットショッピングなどで番号を入力して使うアマゾンギフト券。詐欺グループがだまし取ったアマゾンギフト券の番号を他者に伝える形で売っており、売却代金は2015年11月から約2年間で総額約12億8千万円に上るという。

数年前から特殊詐欺に対する注意喚起は銀行やATMだけではなく、コンビニなどの電子マネー売り場でも見られるようになりました。

このコンビニで販売されている電子マネーはプレゼントとして贈るためや自分自身で使用する目的など様々な用途で購入されていますが、近年では現金の代わりに詐欺が狙う商品となっているのです。

そんなコンビニで購入できるamazonギフト券を2年間で約13億円分を換金していた買取業者が摘発されました。

守屋大志容疑者は「買い取りはしていたが、詐欺のことは分からない」と容疑を否認していますが、現在はamachanは通常のインターネットでは検索することができない仕組みとなっており、詐欺専門の買取業者であったことは間違いないでしょう。

アマゾンギフト券買取サイトのamachanとは?

アマゾンギフト券買取amachan

今回の事件で逮捕された守屋大志容疑者はamazonギフト券買取専門サイトのamachanを運営していました。

amachanはよくあるアマゾンギフト券の買取サイトであり、通常営業していた2年前も評判の悪い買取業者でもなかったのですがなぜ詐欺グループに加担してしまったのでしょうか?

これはあくまでも推測でしかありませんが、おそらく詐欺グループは2年前から被害者から騙し取ったamazonギフト券を守屋大志容疑者の運営するamachanで換金するようになり徐々に関係を築いていったのでしょう。

一般的なアマゾンギフト券買取業者は買い取ったamazonギフト券を転売することによって利益を出しています。

amachanでも多分に漏れることなく、詐欺の被害品となるギフト券を転売し利益を出していましたが、結局のところ詐欺が発覚しギフト券番号を追跡したところ守屋大志容疑者から出品されたものということがわかり逮捕に至ったのでしょう。

2年間で約13億円ということは毎月500万円分以上のamazonギフト券を換金していたことになります。

しかもコンビニで購入できるカードタイプのアマゾンギフト券ばかり。

当然ながら換金しているamazonギフト券がどのようなものか知らなかったというのは通用しないでしょう。

そしてこの詐欺被害の罪は守屋大志容疑者一人がすべて被ることになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク