クレジットカードのショッピング枠現金化というビジネスは原則的に換金することが可能な商品をクレジットカード決済で購入し転売することによってショッピング枠が現金化されます。

つまりキャッシュバック特典付商品を購入する方法やクレジットカード決済のキャンセルを装う現金化方法というのは例外であり、常識の範囲外となる不当な取引といっても過言ではありません。

したがってクレジットカード現金化は購入した商品を換金する方法以外は安全ではないリスクのある現金化方法といえるでしょう。

ではこのオーソドックスなクレジットカード現金化の方法となる商品の買取による方法ではどのような商品が購入されているのかといいますと、東京都内で店舗展開している新和チケットなどカードでお金の看板の店舗では新幹線の回数券が定番の商品となっています。

新幹線の回数券はみどりの窓口や大手旅行代理店でクレジットカード決済によって購入することが可能であり、高い換金率で現金化できる商品です。

しかしながら現在のクレジットカード現金化の主力商品ということから現金化行為を禁止しているクレジットカード会社は、新幹線回数券の購入を完全に禁止しているところもあり、強く警戒しています。

そのため今後も新幹線回数券でのクレジットカード現金化は厳しい状況となっていくことは間違いないでしょう。

では新幹線回数券に代わる金券類をクレジットカードで購入する方法はないのかといいますと、実はクレジットカード現金化ではタブーともいえるJCBやUCなどの商品券がクレジットカードで買えるサイトがあるのです。

商品券がクレジットカードで購入可能なサイトとは?

クレジットカードで商品券

JCBやVISAといえばクレジットカードの国際ブランドですが、商品券も発行していることはご存知かと思います。

JCBの公式ホームページではギフトカードを購入できるページがあり、JCBのクレジットカードがあれば購入可能です。

ところがクレジットカード決済でギフトカードを購入するのは新幹線回数券同様、現金化目的と判断されることになります。

つまり大量のギフトカード購入や高い購入頻度となればクレジットカード会社は現金化行為と判断し、即座にクレジットカードは利用停止となるでしょう。

そうなりますとクレジットカード発行会社以外でのギフトカード購入となりますが、多数の金券が並ぶ金券ショップではクレジットカードで決済することはできません。

金券ショップというのは顧客から買い取った切手やビール券などの金券類に数%程度の利益を上乗せした価格で販売しているため、決済手数料のかかるクレジットカードで購入されると利益がなくなってしまうのです。

ではどこでならクレジットカード決済で商品券を買うことができるのでしょうか?
実は古物商営業許可店が運営するいくつかの商品券販売専門サイトがあり、そこでならショッピング枠現金化を疑われることなく、クレジットカードで商品券を買うことができるのです。

これまでクレジットカードで正規の商品券が買えるのは公式ホームページしかありませんでした。

ではこのクレジットカードで商品券が購入可能なサイトのカラクリとは一体どのようなものなのでしょうか?

額面よりも割高で販売されている商品券

商品券購入の手数料

5万円分の商品券は公式ホームページでは送料はかかりますが、販売価格は5万円です。

つまり5万円の現金若しくは5万円のクレジットカード決済によって購入することができます。

そして5万円分の商品券は提携する店舗で5万円分の買い物の支払い利用できるのです。

したがって商品券というのは現金と同等の価値を持っているといえるでしょう。

ただ金券ショップなどの中古売買市場では現金と同じ価値ではありません。

ある金券ショップではJCB商品券の買取は額面の96.5%となり、99%で販売していました。

つまり中古商品券は同じ5万円分の商品券でも5万円以下の価格で取引されています。

ではこのクレジットカード決済によって商品券が購入可能サイトはといいますと、5万円分の商品券の価格は58,250円です。

商売を営む上で利益は必要不可欠なものであり、この額面の16.5%にあたる8,250円というのはそれなのではないでしょうか?

しかし通常5万円で購入することができる商品券をわざわざ割高で購入する方はまずいないでしょう。

したがってこの商品券は特別な理由がある方以外にはメリットのない商品となるのです。

送料以外にもかかる不可解な手数料

不可解な手数料

インターネットでのショッピングは手軽に買い物ができるサービスとして浸透していますが、ネットショッピングにかかすことができない商品を送るための送料があります。

当然ながら店舗での買い物をするには送料はかからないためネットショッピングでの送料は割高に感じることは少なくありません。

このクレジットカードで商品券が買えるサービスでも一律680円の送料が購入者の負担となります。

送料を購入者の負担となるのは特におかしい話ではありませんが、送料以外にも意味のわからない手数料がかかるのです。

ではこの商品券販売サービスにある不可解な手数料について検証していきます。

消費税らしき8%の手数料

現在の日本ではある一部の例外される商品を除いて、商品の売買には8%の消費税がかかるのは小学生でも理解しているでしょう。

定価5,000円の商品には5,000円の8%となる400円の消費税が加算され5,400円を支払うことになります。

amazonや楽天市場など大手ショッピングサイトでは消費税が既に含まれた価格となる税込み価格で表記されていますが、スーパーマーケットやコンビニでは税抜き価格で表示されており商品の価格にあとから消費税が加算されることになるのです。

そう考えると商品券を購入する際に8%の消費税がかかるのは自然なことのように思われますが、実は商品券の購入には消費税はかからない非課税の商品なのです。

なぜ商品券には消費税がかからないのかといいますと、商品券というのはお金のような価値を持つ金券類であり買い物をするための支払いをするために使用します。

たとえば1万円分の商品券で5,000円の商品を購入する際には消費税がかかり5,400円の支払いとなるのですが、この1万円分の商品券を買うのに消費税がかかれば二重に消費税を徴収されることになるのです。

したがって商品券の売買は非課税で取引されるのが常識なのですが、8%という不可解な手数料が加算されます。

クレジットカードの決済手数料

日本は世界と比較するとクレジットカードよりも現金を好むことが多く、クレジットカードの普及していない国とされいます。

しかしながら様々なサービスがインターネット化されるのに比例し、クレジットカードも徐々に浸透しつつあるのではないのでしょうか。

確かにクレジットカードというのは便利なものですが、クレジットカードで決済をする度に決済手数料が発生していることはご存知でしょうか?

一般の消費者がクレジットカードの決済手数料を負担することは原則的にありえないことなのですが、このクレジットカードで商品券が買えるサービスではクレジットカードの国際ブランドによって手数料の異なる決済手数料を負担しなければなりません

  • VISA・Master・Amex 8.8%加算
  • JCB 13.8%加算

当たり前の話ですがこの割高で販売されているJCBの商品券を現金払いとなる銀行振込で購入する方はいないでしょう。

しかしこのクレジットカードの決済手数料を購入者に負担させる行為というのは実はサイトが契約している決済代行会社との契約を違反する行為なのです。

これはどういうことかといいますと、クレジットカード決済が可能なサイトや店舗というのは決済代行会社と契約を結ぶことによってクレジットカードの支払いが可能となります。

クレジットカード決済をすれば決済金額の数%が決済手数料として差し引かれることになるのですが、現金払いでの価格とクレジットカード払いの価格に差をつけることは禁止されているのです。

そのためどこのお店でもカード手数料を負担することはありませんが、そのルールを無視して決済手数料を負担させています。

正規に購入するよりも30%以上も高い価格での商品券販売

高い商品券

5万円分のJCBギフトカードを正規販売店で購入するには5万円で購入することはできます。

オンラインでの購入となれば送料はかかりますが、消費税や決済手数料などはかかることはありません。

このクレジットカードで商品券が買えるサイトでは5万円分の商品券の購入価格は70,818円になります。

なんと定価の30%以上も高い価格で売っているのです。

こんな割高な商品券をどのような理由で購入する方がいるのかといいますと、その目的はクレジットカードのショッピング枠を現金化するために通常よりも高い商品券を購入しているのです。

クレジットカード現金化では決済金額に対する現金化される金額の割合を「換金率」というパーセンテージで表記されます。

このクレジットカードで商品券を買えるサイトで購入した商品券を換金した場合の換金率は、実は70%未満となる非常に低い換金率でのショッピング枠現金化となってしまうのです。

現在、クレジットカード現金化の優良店では80%以上の換金率も難しいことではありません。

つまり商品券をクレジットカードで購入できるのは現金化するのに最適と思う方もいるかも知れませんが、商品券が届くまで時間がかかり換金率もかなり低いため有効な現金化方法とはいえないでしょう。

スポンサーリンク