クレジットカードのショッピング枠現金化を利用するためには必ずクレジットカードが必要不可欠となることはいうまでもありません。

しかし最近ではクレジットカードを所有していない方でも即日現金化が可能な携帯キャリア決済の現金化が脚光を浴びています。

携帯電話のキャリア決済はクレジットカードのように買い物の支払いに使用できるサービスです。

つまり資金調達方法としての現金化に欠かすことができないものはクレジットカードだけに限定されるのではなく、異なった形の決済方法を用いても可能ということになります。

確かにかつては買い物の支払いに使用することができるものはクレジットカードしかありませんでした。

現代は現金の必要ないキャッシュレス化した時代に突入しておりさまざまな電子マネーやデジタルギフトが登場しており、クレジットカード以外の決済方法というのも浸透し始めているのです。

そのためこれまでのクレジットカード現金化以外の新しい決済方法を活用する現金化方法が誕生する予兆があり、「現金化の新時代」となりうる可能性もあります。

ではこの今までの常識を覆す新しいスタイルの現金化について徹底検証していきたいと思います。

現金化に必要不可欠な新たな決済方法とは?

現金化に必要不可欠な決済

「現金化」という言葉の意味はお金に換えることです。

クレジットカードでのキャッシングはお金を借りることができますが、ショッピング枠は買い物をすることしかできません。

したがってクレジットカードのショッピング枠現金化はショッピング枠を使用して買い物を現金にする方法ということになります。

これは携帯電話のキャリア決済も同じで、キャリア決済の利用枠を直接買い取るのではなく、キャリア決済で購入した商品を転売することによって現金化されるのです。

つまり現金化をするためには買い物をするための決済が必要であり、現金以外の決済方法が求められることになります。

  • クレジットカードのショッピング枠による決済
  • 携帯電話のキャリア決済

この両者に共通する点というのは買い物した代金の支払いを後払いにするための方法です。

したがって現金化するためには先払いとなる電子マネーやプリペイドカードは適しておらず、後払いの決済方法が必要となります。

クレジットカード不要の後払い方法が存在する

クレジットカード不要の決済方法

カードでお金のクレジットカード現金化はクレジットカード所有者のみしか利用することができないサービスです。

クレジットカードを発行するためには審査があり過去の借り入れ状況や収入などによって判断されます。

そのため仕事をしていない専業主婦や定年後の高齢者などは審査が通らないことも少なくありません。

一方、携帯電話があれば利用可能なキャリア決済の現金化は大半の方がお金を工面するための方法として利用しています。

しかしキャリア決済は支払いが滞ってしまえば生活必需品ともいえる携帯電話が使用不能となる可能性もあり、そのリスクを背負ってまで現金化をすることに抵抗がある方も少なくありません。

ではクレジットカード不要で携帯キャリア決済でもない後払いの決済方法が存在することをご存知でしょうか?

最近では大手ファッション通販会社ZOZOTOWNの「ツケ払い」で買い物ができる支払い方法が話題となっていますが、このツケ払いが新たな現金化の時代のカギを握っているのです。

ZOZOTOWNの「ツケ払い」という支払い方法

zozotownツケ払い

現金がなくても買い物ができるツケ払いの仕組み

若い世代にとって「ファッション」は欠かすことのできない存在であり収入の多くを費やしている方も少なくありません。

特にファッション系のオンラインストアは人気がありスマホだけで手軽に素敵なアイテムを手に入れることができます。

しかしながら未成年ともなりますと月数万円のアルバイト代程度の収入しかないため欲しい物が買えないことも多くあるでしょう。

そんな収入の少ない若者にとっての悩みを解決できる斬新な支払い方法がZOZOTOWNで2016年11月から開始された「ツケ払い」という決済方法なのです。

最近では「好きだもん、好きなんだもん。2カ月待つなんてできないよ」というテレビのコマーシャルを見たことがある方も少なくないでしょう。

通常のショッピングサイトでの支払い方法は

  • 現金振込み
  • コンビニ払い
  • 代金引換
  • クレジットカード決済

となりますが、それに加えZOZOTOWNではツケ払いという支払い方法で買い物ができるのです。

このツケ払いの仕組みというのは購入した商品が到着後、2ヶ月間支払いの期間が猶予されます。

注文した日から2ヶ月後までの期間に支払い用紙をコンビニで払えばよいのです。

ツケ払いで購入できる上限金額は税込み5万4千円までとなります。

手元にお金がなくてもすぐに買い物ができるツケ払いは利便性の高いシステムという反面、問題も抱えているのです。

ツケ払いという決済方法の問題点

ZOZOTOWNの新たな戦略となるツケ払いという決済方法は

  • 「お財布事情を気にすることなく、お客様のご都合のよいタイミングでZOZOTOWNでのお買い物をお楽しみいただくことができます」
  • 「商品到着後に中身を確認してから代金のお支払いができるので、ZOZOTOWNを初めてご利用いただくお客様にも安心してご注文いただけます」
  • 「クレジットカードの利用に抵抗があるお客様やクレジットカードを保有していない若年層のお客様もZOZOTOWNをご利用いただきやすくなります」

といったメリットがあり安心感や良心的なイメージを強調しています。

しかし商品の売買取引というのはお金を支払ってこそ成立するものであり、このツケ払いはクレジットカードのように一時的にお金を立て替えているようなものなのです。

そのためZOZOTOWNでツケ払いによって買い物をした若者が代金に支払いが困難になるケースが相次いでいます。

このツケ払いをするためにはクレジットカードのような審査はなく誰にでも利用できる手軽さが売りといえるでしょう。

しかし後払いでお金を支払いをしなければならないため、借金のようなものです。

ではこのツケ払いには法律的な問題点はないのでしょうか?

ツケ払いの法律的な解釈

クレジットカードには

  • お金を借りるためのキャッシング枠
  • 買い物をするためのショッピング枠

という二つの機能があり規制される法律は異なってくることはご存知でしょうか?

キャッシングは消費者金融から借り入れをするのと同じく貸金業法となりますが、ショッピング枠はカーローンなどの割賦販売法になります。

ではこのツケ払いはといいますと、ZOZOTOWNへの支払いはGMOによる決済代行会社が立て替えて払うことになりGMOから請求されることになるのです。

したがってGMOからお金を借りて買い物をしているわけではありませんので貸金業法に抵触することはありません。

そしてこのツケ払いの支払い期限は2ヶ月以内となりますので、割賦販売法に基づく2ヶ月を超える場合の利用者の信用調査もなくどちらの法律にもツケ払いは触れることはないのです。

つまりツケ払いは法律の網を巧妙にかいくぐった誰にでも利用できる信用販売となります。

ただひとつ「未成年」という法的な問題がありますがこの点に関しても、ツケ払いを利用する際にはZOZOTOWNの会員登録が必要となり、利用規約内には

「未成年者は、適格な法定代理人の事前の同意を得たうえでご利用ください。」

と明確に記載されており同意の上での利用となるため問題ありません。

したがってZOZOTOWNのツケ払いは違法性のない新たな決済方法といえるでしょう。

後払い決済を利用した現金化は可能か?

paidy

ZOZOTOWNのツケ払いはクレジットカードのように後払いで支払いをする方法ですが、特に審査などはなく誰にでも利用でき法律的にも問題ない決済方法です。

ではこのツケ払いのような後払いの決済方法を使用して現金化することはできないのでしょうか?
ZOZOTOWNはファッション系のオンラインショップですが、同じように若い世代から人気となっているフリマサイトの「フリル」でも後払いの決済方法がありました。フリルでは通常の決済方法に加えPaidyという後払い決済方法があり現金化することもできるでしょう。

今、話題となっているフリマサイトやフリマアプリとはどのようなサービスかご存知でしょうか?

お店で買い物をすれば当然、販売価格に消費税の8%が加算されることになります。

その点、個人間の売買取引では消費税はかかりません。

そのため個人間の売買というのが注目されているのですが、多くの方はネットオークションの方が知名度が高いといえるでしょう。

確かにネットオークションも個人間の売買ですが落札されるまで時間がかかり出品する際には手数料が発生します。

その点、フリマサイトでは手数料無料のものもあり提示された金額での取引ですのでスムーズに手続きを進めることができます。

そんなオンラインで取引できるフリーマーケットがアプリによって利用できるようになりスマホだけで手軽に出品し購入ができるようになりました。

そんなフリマサイトのフリルでも後払いによる買い物ができるのです。

このフリルで利用できる後払い決済のPaidyとはどのような仕組みなのかといいますと、

  1. 商品購入時の決済でPaidyを選択
  2. 携帯番号とメールアドレスを入力
  3. ショートメッセージで届く4桁の数字を入力し決済完了
  4. その月の請求が月初めに届き10日までにコンビニや銀行で支払い

という実にシンプルな内容となります。

ではフリルで販売されている商品をPaidyにより決済し、届いた商品を換金することによって現金化することができるのではないでしょうか?

現金化される商品券

現在、フリルではクレジットカードでは購入できないJCBの商品券やアマゾンギフト券が数多く販売されています。

これをPaidyによって購入し金券ショップ等で換金すればクレジットカードや携帯キャリア決済に代わる新たな現金化の方法となるでしょう。

もうすでに30万円程度の商品券がいくつもあり現金化目的での販売のようにも感じられます。

今後この後払い決済による現金化が新時代を切り開いていくのではないでしょうか。