カードでお金を作る方法
皆さんはお金が必要な時、どのような形で金策や資金調達をしてますか?

代表的な例を上げれば、消費者金融やカードローンなどといったところで借入を起こしてお金を作られる方がほとんだと思います。

しかし、上記のような場合でお金を作る方法は、全員が全員サービスを受けれるとは限りません。

むしろ、総量規制などといった規制で、専業主婦や現在、無職の方などといった方などは審査に通ることもできず、一銭も借入すらできない方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回皆さんにご紹介するサービスは、クレジットカードでお金を作る方法をお伝えしていきたいとおもいます。

カードでお金のショッピング枠現金化サービスについては、後述を確認頂けたらと思います。

カードでお金が作れるって本当なのか?

カードでお金は作れるの?
お金が潤沢にあると言うのは生活水準を上げることが出来るだけでなく、欲しいものを購入することが出来る為欲求を解消することも出来、購入した家電や車と言ったもので便利な生活を送ることも可能になります。

食事に関してもお金があれば美味しいものを気兼ねなく食べることが出来ますが、お金と言うものは湧いて出てくるわけでは無いので、なかなか希望通りの生活を送ると言うことは難しいと言えます。

急な出費が重なってしまうと予定外のお金が出ていくことになり、生活自体が困窮することも考えられますが、そんな時にどのような方法でお金を用意すると良いかと悩む人も少なくないでしょう。

一般的にはお金が無い場合に使用する方法として、銀行や消費者金融の提供しているカードローンを利用してお金を用意すると言う方法が最も利用されている方法となります。

カードローンを利用した場合には審査を通過することで初めてそのサービスの利用が可能となりますので、審査を通過しない場合にはカードローンの利用が出来ないことになりますし、総量規制といった規制があるため借りることのできる金額が寄生されてしまうということもあります。

複数のカードローンを利用すればそれだけ借りる際の審査も厳しくなり、返済する際のリスクも大きくなると言う問題も考えられるため、なかなかカードローンだけでお金を作り出すと言うのは難しいと言えるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法もありますが、キャッシング枠の利用に関しても総量規制の規制対象となるのでカードローンを利用していた場合には利用が制限されることもあるわけで、そう考えた場合にはこの方法も自由に使うのが難しいと考えなければいけません。

では総量規制など関係なくお金を作り出す方法は無いのかと言えば、実は近年利用者が増えている方法としてクレジットカードのショッピング枠を利用してお金を作ると言う方法が注目を集めています。

この方法を利用した場合には、総量規制の規制対象にもなりませんし、ショッピング枠の限度額までであればいつでもお金を作ることが可能になります。

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは?

ショッピング枠現金化とは
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2種類の枠が用意されており、それぞれに使うことが出来る用途が異なっています。

キャッシング枠はその名の通りキャッシングに特化した枠となっており、利用を限定されない現金を引き出すことが出来る枠として存在しています。

そのため引き出した現金は自由に使うことが出来ますが、クレジットカードの全ての枠を利用出来るわけでは無く、限度額の一部だけがキャッシング枠として設定されているためそれほど多額の利用は出来ませんし、カードローンと同じ扱いとなるので総量規制の対象となり、年収に応じて利用できる金額が大きく違ってきます。

さらに返済に関しても翌月一括での返済となっている場合がほとんどなので、一度に利用した金額が大きければ返済できないという問題も生じる恐れがあります。

一方のショッピング枠は買い物をした際の支払いにのみ使用することが出来る枠となっており、現金を引き出すと言うことは出来ない用途が限定された枠となっています。

そのため通常であればカードのショッピング枠を現金を作ると言うのは不可能なわけですが、近年ではそのショッピング枠を現金化してくれる現金化業者も登場してきたため、不可能とされていたショッピング枠の現金化が可能となりました。

現金化をする場合には買取方式やキャッシュバック方式という方法を利用して現金化を行うことになり、業者の指示する商品をカードで購入しそれを買い取ってもらって現金を作る方法と、業者の販売している商品を購入した形にしてキャッシュバックと言う形で現金化をする方法があります。

どちらの方法でも現金化が行えますし、即日現金化も可能となっているので使い方次第では非常に便利な方法と言えます。業者を利用しない方法ではブランド品などを購入して買取店に売却するという自分で現金を作る方法もあります。

ショッピング枠現金化のメリットとデメリットとは

ショッピング枠現金化のメリット・デメリット
ショッピング枠を現金化する方法のメリットとしては、キャッシング枠とはことなり限度額いっぱいまで利用することが出来るということが挙げられます。

持っているカードの限度額が100万円であれば100万円までを現金化することが出来るわけですので一度に用意できる現金が大きいということもメリットとなります。

それとショッピング枠を利用することになるため、返済手段も様々な方法が利用できることになり、分割や翌月一括、ボーナス払いなども現金化をする際に利用可能です。

キャッシング枠ではこういった返済方法の選択は出来ませんし、カードローンを利用した場合も同様に返済手段を選択できないのでこの点もメリットと言えるでしょう。

それとカードを持っていれば審査などを行う必要もなくすぐに現金化を行えますし、複数のカードを所有していればそれぞれのカードで現金化を行えるため一度に複数のカードを使いお金を用意することも出来ます。

ただしメリットだけでなくデメリットも数多く存在しており、カードのショッピング枠を利用して現金を作ると言う方法はとてもグレーな位置づけとなっています。

現在のところ現金化を罰する法律と言うものは存在していませんが、現金化を生業とする現金化業者が摘発された例もありますし、カード会社のカード利用規約では現金化は違法として厳しい罰則を定めています。

そのため自由度が高く審査も必要ないショッピング枠の現金化ではありますが、使いすぎればカード会社にマークされることになりばれた場合にはカード利用停止と言ったペナルティを科せられることになります。

もし現金化をしていた場合にはもし自己破産した場合でも自己破産が認められないケースもありますし、現金化した後には利用した金額分の返済が残ることになるので結果的に返済に追われる生活に陥ると言った危険性もあります。

それと現金化業者を利用した場合には暴利ともいえる手数料を取られることになりますので100%現金化したお金を手に入れることは出来ません。

買取して貰う場合でもやはり金額が目減りしてしまいますし、返済する金額は手にした金額よりも多い返済が必要となるのでまず得をすると言うことはありえませんし、むしろ大幅に損をすることになります。

カードでお金を作れるが、ショッピング枠現金化方法にもリスクはある

イエローカード
クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、一見便利ですぐにお金を作れる方法ですが、よくよく考えてみれば非常にリスクの高い方法であり、最悪のケースとしては逮捕される可能性も否定できませんし、返済が残ることになるので生活が前よりも苦しくなることも考えられます。

そのため安易に利用するべきではなく、キャッシング枠の現金化の危険性を認識し、利用しないと言うことが身を滅ぼさないためにも必要となるでしょう。

本来の利用方法ではないという時点で大きな問題がありますし、現金化業者には詐欺をはたらく悪質な業者も存在しており、そういった業者を利用した場合現金が作れないだけでなく支払いだけが残り1円も現金化出来ないといった状態も考えられます。

そうならないためにはショッピング枠は正規の方法で使うということを肝に銘じておくことが重要となるでしょう。

安易に利用することで自分で自分の首を絞める結果となることも有りますし、そこまでして現金を作る必要があるのかどうかもしっかりと熟考する必要があります。

もしカード現金化がばれればその後のカード利用は一切できなくなるだけでなく、信用情報機関という機関にその情報が記載されることになり、今利用しているカードローンや他のクレジットカードも利用停止になる可能性も出てきます。

そうなるとショッピング枠を利用して安易に現金化をしたことが、その後の人生を大きく狂わせる結果にもなりますし、そうなるとローン自体が利用できなくなるので車や住宅ローンなどの利用も不可能となるわけです。

そうなってしまうと何もかもが上手くいかなくなりますので、少額であってもカード現金化を利用すると言ったことはせず、カードローンやキャッシング枠内で納まるお金の借り方をするほうが、安全であり健全だと言えるでしょう。