高級レストランでのディナーは絶品料理ではありますが値段もそれなりにするのは当然のことでしょう。

この高価な値段となる理由は料理の味だけで評価するものではなくレストランの外観や雰囲気、高級感などの部分にも料金に含まれているからです。

それを料理だけの金額だと考えれば割りに合わない高い金額となることになります。

このように商品やサービスの価格には本体の価値だけが価格になっているのではなく、付属している機能や付加価値がありそれを含めた金額となっているのです。

ではクレジットカードのショッピング枠現金化での付加価値とは一体どのような点にあるのでしょうか?

クレジットカード現金化で比較される換金率

クレジットカード現金化の換金率

クレジットカードのショッピング枠現金化のホームページには必ず換金率や還元率と呼ばれるパーセンテージが表記されています。

クレジットカード現金化を利用するユーザーのほぼ全員がこの換金率を基準の業者を比較しているのです。

この換金率で比較している理由というのは単純で「少しでも高い割合で現金化したい」と誰もが思い比較しているため換金率の数字を基準にしているのでしょう。

たとえばクレジットカードのショッピング枠を5万円分利用し現金化します。現金化業者によって方法は異なりますが、70%の3万5千円の業者もあれば80%となる4万円になる業者もあります。

この二つの業者を換金率で比較した場合には当然80%の業者を全員が選ぶことになるでしょう。

これがクレジットカード現金化を換金率で比較する理由でありもっとも重要なポイントとなっているのです。

では本当にクレジットカード現金化は換金率がすべてなのでしょうか?

手元に10万円分の百貨店の商品券があり金券ショップで換金しようと思います。

近所には金券ショップが3店舗ありますが一番高く買い取ってもらえるお店で換金した方がいいのは当然のことです。

これはクレジットカード現金化の換金率と同じといえるでしょう。

金券ショップでの換金は買い取り価格だけで選ぶことは間違いではありません。

しかしクレジットカード現金化には換金率以外にも様々な部分を考慮し比較しなければならないのです。

換金率以外のクレジットカード現金化の真価

クレジットカード現金化の真価

確かにクレジットカード現金化はお金を工面するための方法であり高い換金率の業者に魅力を感じるのは当然のことといえるでしょう。

しかし必ずしもそれだけではなくそれ以外にも比較する基準はあるのです。

振込までの所要時間

クレジットカード現金化は手軽に利用できる資金調達方法として多くの方が活用されています。

その利用者の9割以上は今すぐにお金が必要な方であり時間に余裕がある方はほとんどいないでしょう。

したがって即日現金化することができなければクレジットカード現金化する意味がないという方も少なくありません。

多くの現金化業者にはプランがあり通常のプランと即日振込が可能なプランに分かれていることが多くあります。

この二つのプランに違いは

  • 通常プラン 振込まで数日かかるが換金率が高い
  • 即日プラン 当日中の振込が可能だが換金率が低い

となります。

つまり利用者の大半はすぐにお金が必要なため即日プランでショッピング枠を現金化しているのです。

これを見てもわかるように現金化のユーザーは高い換金率を求めていますが、実際には換金率よりも時間を重視し利用していることになります。

どこの現金化業者でも即日現金化することは可能です。

当日中といっても申し込みから3時間以上かかっても当日中に違いありません。

では申し込みから振込まで3時間かかる業者と15分程度で完結する業者ではその差は歴然です。

つまり現金化業者を比較する際にあまり注目されていない振込までの所要時間は重要なポイントといえるでしょう。

法律に抵触しない安全な方法

クレジットカード現金化は過去に逮捕された事例もある違法行為と認識されている方も少なくありません。

しかしすべての現金化業者の違法な行為をしている訳ではなく法人運営による正規の商売として運営を行っているところもあります。

たとえば利用した現金化業者が違法だった場合、突然業者と連絡が取れなくなりサイトが閉鎖されてしまう可能性もあるでしょう。

なぜなら違法業者として摘発される恐れがあるからです。

業者が逮捕されて利用者には何の影響もないということはないでしょう。

まず利用したクレジットカードの情報が漏洩する危険性があります。

クレジットカード情報が詐欺業者の手に渡れば不正使用され身に覚えのない高額な請求が届くことになるのです。

さらには警察に押収されたクレジットカード情報がクレジットカード会社に報告されれば換金目的による使用を疑われることになり利用停止になる可能性もあります。

このように違法な現金化業者を利用するリスクは決して少なくはありません。

したがって法律に違反しない方法でのクレジットカード現金化を提供する業者を選ばなければならないのです。

担当スタッフの人間性

クレジットカード現金化はヤミ金融のような存在を想像される方も少なくはありませんが、黒いスーツにセカンドバックを持ったいかついお兄さんが対応している訳ではありません。

大半の業者では男性のスタッフによる対応となりますが、女性のスタッフもいる普通の企業です。

そのため人間対人間の取引となりますので当然ながらあうあわないという相性がでてきます。

しかしどこの業者の担当スタッフもそれなりの経験があり、横柄な態度や何かを強要することはなく親切丁寧な対応であるはずです。

それでも話し方や言葉遣い、声のトーンには良し悪しがあり抵抗感を抱く担当者も存在するでしょう。

新規での利用にはありませんがリピーターとなり何度か利用するなかでお互いの信頼関係は生まれてくるものです。

逆に一度利用した業者の担当者の印象が悪ければ次に同じ業者でクレジットカード現金化することはないでしょう。

このように現金化業者の担当スタッフも人間であり、信頼関係を築くことができれば融通もきくことになります。

つまり担当者の人間性というのもクレジットカード現金化サービスとしての一つの付加価値に値するのではないでしょうか。

スポンサーリンク