社会における多くのサービスはその時代の流れによって形を変化させるものです。

 

この変化をするための理由はさまざまあり、利便性の向上のために進化するものもあれば反対に需要が無くなり消滅していくものもあります。

 

もちろんそれだけではなく社会の動向や法律の改正の影響により存続が困難になることや収益が激減してしまうこともありえるのです。

 

そして過去には繁栄していた商売が伝統的なものとなり最新のサービスに移り変わっていき新たな時代が築かれていくのではないでしょうか?

 

このように今の時代がいつまでも続いていくわけではなく時代の流れについて行かなければすぐに取り残され廃れてしまうのは時間の問題といえます。

 

 

2016年現在、クレジットカードのショッピング枠現金化はそれまで主流となっていたキャッシュバック方式からアマゾンギフト券の買取による現金化方法へと世代交代される傾向にあるといえるでしょう。

 

これもキャッシュバック特典として現金を還元する方法が法律に違反する行為という判決が下された為、衰退しつつあり安全性の高いアマゾンギフト券の換金により資金調達をしているのです。

 

しかしこのアマゾンギフト券での現金化も今だけに限られたサービスになるかも知れません。

 

誰もが未来のことを知ることはできませんが、もしもクレジットカード決済でアマゾンギフト券が購入できなくなってしまったらどのようにショッピング枠を現金化するのでしょうか?

 

Amazonがギフト券の販売を中止する可能性

amazonギフト

 

アマゾンギフト券を発行しているのは大手総合オンラインストアのAmazonです。

 

現在アマゾンギフト券は特殊詐欺に悪用されることもあり犯罪の温床となる傾向にあります。

 

その理由はデジタルギフトはメールで送ることができるため犯罪には欠かすことができない匿名性を保持することができるからです。

 

さらに匿名のまま換金することができる市場があり容易に現金化することが可能となります。

 

この詐欺グループが悪用されるのを阻止するための抜本的な方法はアマゾンギフト券の販売中止がもっとも効果的な方法といえるでしょう。

 

アマゾンギフト券が騙し取られた被害額は数億円単位となり莫大な金額となります。

 

ではAmazonが詐欺を阻止するためにギフト券の販売を中止することは現実的にあり得ることなのでしょうか?

 

おそらく中止することはありません。

 

しかしこのような犯罪を野放しにすることはなく対策は施されています。

 

架空請求詐欺で被害に遭うアマゾンギフト券の購入元はコンビニがほとんどです。

 

そこでコンビニで大量にアマゾンギフト券を購入された場合には自動的にそのギフト券は一時制限がかかるようになり被害がでないような対策をしています。

 

したがってこういった詐欺グループの影響によってアマゾンギフト券の販売が中止されることはありません。

クレジットカード会社がアマゾンギフト券の購入に制限をかける

クレジットカード会社

詐欺グループが悪用するアマゾンギフト券は現金で購入するものですが、クレジットカード現金化に使用されるものとは異なります。

 

では発行元のAmazonではなくクレジットカード会社がアマゾンギフト券の購入に制限をかける可能性はあるのでしょうか?

 

ここ数年このアマゾンギフト券によるショッピング枠現金化の需要は急増しています。

 

つまりクレジットカード決済でアマゾンギフト券が購入され現金化される量は確実に増加しているのです。

 

この影響によりAmazonは大きなメリットがあります。

 

Amazonは数多くのネットショップが登録しているインターネット型のショッピングモールです。

 

そのため豊富な品揃えとなり多くの利用者がいます。

 

そして利用者がAmazon内のショップで買い物をすることにより数%がAmazonの利益となるのです。

 

つまりAmazonが商品を販売しているのではなく売買取引を仲介しているだけとなります。

 

本来はこの売買取引が成立すればAmazonにお金が入るのですが、アマゾンギフト券は売買取引が行われる前に先に収益が得られるものなのです。

 

この事業を運営していく上で重要な収益を先に獲得できる大きなメリットのあるアマゾンギフト券の販売を発行元のAmazonが抑制することはありません。

 

しかしアマゾンギフト券によるクレジットカード現金化ではギフト券を購入する支払いをクレジットカード会社が一時的に立て替えて支払うことになります。

 

つまりクレジットカードの支払いが滞納すれば被害はクレジットカード会社に及ぶことになるのです。

 

したがってクレジットカード会社は換金性の高いアマゾンギフト券の購入に使用することを制限する可能性は十分にあります。

 

アマゾンギフト券に次ぐ現金化に適したデジタルギフト

アマゾンギフト券に次ぐデジタルギフト

ではアマゾンギフト券がクレジットカード決済で購入することができなくなってしまったらどのようにショッピング枠を現金化すればよいのでしょうか?

 

従来のキャッシュバック特典付き商品による現金還元

 

この方法は減少傾向にあり安全なショッピング枠現金化ではないため再燃することはないでしょう。

 

安全性と利便性に優れたデジタルギフトの換金が定着してしまった以上、従来のリスクのある現金化方法に戻ることはできません。

 

そうなりますとアマゾンギフト券に代わる換金性の高いデジタルギフトで代用した方が効率はよいことになります。

 

ではどのようなデジタルギフトならアマゾンギフト券に次ぐことができるのでしょうか?

 

楽天ポイントギフト

日本国内のインターネットショッピングで最大手のAmazonと人気を二分するライバルとなるのが東北楽天ゴールデンイーグルスを所有する楽天株式会社のメイン事業となる楽天市場です。

 

アマゾンギフト券の利用価値の高さはAmazonで販売されている商品の品揃えと利用者数の多さから需要が生まれています。

 

そうなりますとAmazonにも引けを取らない通販オンラインショッピングの楽天市場で使用できるデジタルギフトであればアマゾンギフト券に負けない利用価値があるのではないでしょうか?

 

確かに楽天ポイントギフトは楽天市場でお金と同じ価値で使用できるためアマゾンギフト券のように高い割合で売買されることは間違いないでしょう。

 

しかし楽天ポイントギフトはアマゾンギフト券のように楽天のサイト内では購入することができません。

 

ではどこで販売されているのかといいますと、コンビニや一部の家電量販店やスーパーマーケットです。

 

これはアマゾンギフト券のPOSAカードも同様ですがクレジットカード決済により購入することはできません。

 

つまり楽天ポイントギフトは高い利用価値がありますがクレジットカード決済で購入できないため現金化することができないデジタルギフトということになります。

 

iTunesプリペイド

そうなりますと「クレジットカード決済が可能なデジタルギフト」という点を優先に調査していきたいと思います。

 

このクレジットカード決済と言う条件が付くことによりある程度デジタルギフトの種類が絞られてくることになります。

 

日本は比較的クレジットカードの普及が遅い国であり、圧倒的にアメリカの方が浸透しています。

 

つまりアメリカ企業が提供しているサービスの方がクレジットカード決済が可能ということになります。

 

Amazonもアメリカを拠点とする企業であるように。

 

そこで日本のスマートフォンの半数を占める最大のシェアを保持しているのがiPhoneであり販売しているappleです。

 

多くの若者はiPhoneを片手にイヤホンで音楽を聴きながら街を歩いています。

 

このiPhoneで音楽やアプリを購入するのに使用できるデジタルギフトがiTunesプリペイドです。

 

ではアマゾンギフト券の代用品としてiTunesプリペイドでの現金化はできるのでしょうか。

 

iTunesプリペイドはアマゾンギフト券と比較すると購入可能な商品が限られるため市場の平均相場は低くなります。

 

しかしながらクレジットカード決済で購入することは可能で換金することができますのでショッピング枠現金化に適しているといえるでしょう。

 

そのため今の段階ではiTunesプリペイドがアマゾンギフト券に次ぐ最も有力な候補でありもしアマゾンギフト券がクレジットカード決済できなくなってしまったらこのデジタルギフトで代用されると推測されます。

 

今後はさらに多くデジタルギフトが登場すると思われますのでアマゾンギフト券を超えるデジタルギフトがあればさらに現金化の幅が広がることになります。

スポンサーリンク