お金が必要な方にとってお金をゲットするためにはいくつかの方法があります。

 

消費者金融や銀行などからお金を借りることもお金を工面する方法のひとつです。

 

しかしお金を借りれば金利と共に返済しなければならないため一時的なつなぎでしかありません。

 

したがって多くの方はお金を借りるよるもお金を稼ぐ方法が堅実といえるでしょう。

 

インターネット上にはさまざまな副業や副収入を得るための方法があります。

 

そのなかには法律に抵触している危険なビジネスもありすべてが真面目に稼ぐ方法ではありません。

 

ではどのような副業の種類であれば安全なのかといいますと、スポンサーとなる企業の広告を自分のブログや管理しているサイトに掲載し成約に至れば報酬が得られるビジネスがあります。

 

これはアフィリエイトやポイントサイトといったシステムとなるのですが、実際にこれで多額の報酬を獲得している方はいます。

 

もちろん誰にでもすぐにお金がもらえるという訳ではなく、ある程度の知識や努力が必要となりますが副収入を得ることができるサービスです。

 

このようなポイントサイトは現在でもありますが、過去にポイントサイトのようなショッピング枠現金化のサイトがあり画期的なシステムとされていたことをご存じでしょうか?

 

一般的なポイントサイトの仕組み

ポイントサイトによる現金化方法

インターネット上には数多くの悪徳商法や詐欺が潜んでおり危険な印象は否めません。

 

しかしその印象は一部の悪徳業者によるもので大手企業が運営しているサービスは安全に利用することができます。

 

このポイントサイトというビジネスはお小遣い稼ぎのサイトとして知られています。

 

広告収入によるアフィリエイトとも類似したシステムともいえますが、ポイントサイトの仕組みは

  • ユーザー
  • ポイントサイト
  • スポンサー企業

の三者によって成り立っています。

 

まずユーザーはポイントサイトに登録します。

 

このポイントサイトには数多くの企業が様々な目的の広告を依頼しています。

 

ポイントサイトに登録したユーザーは企業の広告を自分のブログやサイトに掲載しそこから資料請求やアプリのダウンロードされることにより報酬がポイントサイトより獲得できる仕組みとなります。

 

この報酬として獲得したポイントは電子マネーにも交換することができますが現金に換えることもできるのです。

 

ポイントサイトの仕組みとなる三者が効率的に円滑にできる仕組みを活用したクレジットカードのショッピング枠現金化が実在していました。

クレジットカード現金化が可能なポイントサイト

ポイントサイトでのクレジットカード現金化

ポイントサイトは本来、スポンサー企業の広告を仲介するビジネスであり広告を目的としています。

 

しかしこのクレジットカード現金化のためのポイントサイトには大手のスポンサー企業ではなく簡易的なECサイトしかありません。

 

したがってこの現金化のポイントサイトは広告目的のものではなくクレジットカード決済をし現金を還元するためのものなのです。

 

ではクレジットカード現金化のポイントサイトの仕組みというのは

  1. ポイントサイトに無料登録
  2. 提携サイトでクレジットカード決済による商品を購入
  3. 購入金額の80%がポイントで還元
  4. 還元されたポイントを現金に交換

という流れにより結果的にクレジットカードのショッピング枠が現金化されるシステムとなっているのです。

 

このクレジットカード現金化の方法はキャッシュバック特典付き商品を購入し現金が還元される方法に似た性質があります。

 

キャッシュバック方式とポイントサイトの違いというのはクレジットカード決済を行ったショップからの振込ではなくポイントサイトを経由している点にあります。

 

ではこのポイントサイトでのショッピング枠現金化は安全な方法なのでしょうか?

 

ポイントサイトでの現金化には違法性はない!?

現金化の違法性

世間一般的なイメージとしてクレジットカード現金化は違法とされています。

 

その方法は商品の買取ではなくキャッシュバックによる現金化のイメージが生み出しているものです。

 

クレジットカード決済で商品を購入しキャッシュバック特典として現金が還元される行為は実質的な貸金業による金銭の貸借と解釈され、法律に違反する行為となっています。

 

ではクレジットカード決済で商品を購入するとポイントが還元されそれを換金する行為は融資と判断される可能性はあるのでしょうか?

 

これは過去に前例がないためどう判断されるかはわかりません。

 

しかし個人的な見解ではお金を借りると判断することは難しいでしょう

 

なぜならキャッシュバック方式の現金化方法はクレジットカード決済するショップは現金化業者による運営となるため、同一の業者で決済を行い振込されることになります。

 

しかしポイントサイトによるショッピング枠現金化はクレジットカード決済にて商品を購入するECサイトとポイントサイトは別の会社であり直接的な繋がりはありません。

 

したがって違法な高金利融資として立件することは難しいでしょう。

 

現在ではこのポイントサイトによるクレジットカード現金化はないのでその真実はわかりませんが、これを出資法などの罪で問うことは難しいでしょう。

 

そのため安全なクレジットカード現金化方法として再来する可能性はゼロではありません。

 

 

スポンサーリンク