インターネットを経由して手続きができるデジタル化されたサービスは数多くありますが、反対にアナログなサービスは実際にお店に来店し取引することになります。

 

どちらにも長所短所はそれぞれありますが利便性から考慮すれば圧倒的にスマートフォンなどから簡単に利用できるデジタル化したサービスに軍配は上がるでしょう。

 

近年ではパソコンだけでなくスマートフォンやタブレット端末も急速に普及しており、これまでよりも身近にインターネットサービスを利用できる環境になりました。

 

そのため多くのサービスや商売がインターネットを経由することで従来よりも手軽に活用することができるようになったのです。

 

そんな便利なインターネットサービスの一つにお店に行くことなく買い物ができるネットショッピングがあります。

 

これまで自宅の冷蔵庫が故障してしまったら電気屋で新しい冷蔵庫を購入するのが一般的でしたが、ネットショッピングを利用することにより簡単に冷蔵庫を購入し自宅に配送する手続きをすることができるのです。

 

もちろん冷蔵庫だけでなくあらゆる商品をオンラインで購入することができます。

 

そんなネットショップが数多く集まる仮想ショッピングモールの国内最大手となるのがAmazonであり、1億点以上の商品が揃えられています。

 

Amazonで買い物をするためにはインターネットを利用できる環境が必要となります。

 

しかしこのAmazonで使用することができるアマゾンギフト券はコンビニや大型家電量販店でも販売されておりインターネットがなくても購入することは可能です。

 

アマゾンギフト券は利用価値の高いギフト券として人気となっていますが、大黒屋などの一般的な金券ショップでは換金することができません

 

そのためこれまで電子ギフトは金券ショップでは換金することができないというのが常識でしたが最近ではアマゾンギフト券を店頭買取する業者も出始めました。

 

このインターネットに依存している電子ギフトを店頭買取するお店はどのような業者なのでしょうか?

アマゾンギフト券はオンラインでの買取は可能

オンラインでのアマゾンギフト買取

電子ギフトを換金することができる金券ショップはありません。

 

この理由はいくつかありますが金券ショップで取り扱っている切手やビール券などの金券類と電子ギフトは異なった性質があるからです。

 

つまり大黒屋などの金券ショップはまだアナログな商売でありデジタルギフトには対応することができないのです。

 

その点、WEB上には数多くの電子ギフトを換金することが可能な買取専門サイトがあります。

 

そのため金券ショップでは現金化することができないアマゾンギフト券はインターネットで換金されているのです。

 

このアマゾンギフト券を換金される方の多くは現金にてギフト券を購入しているわけではなく、クレジットカード決済により購入したギフト券の現金化をしています。

 

このクレジットカードのショッピング枠現金化としての需要がアマゾンギフト券を購入し換金できるマーケットを生み出し不要な電子ギフトの売買だけに限らず多くのギフト券がオンラインで取引されているのです。

 

そもそもアマゾンギフト券はクレジットカード現金化のためにある訳ではありません。

 

しかしクレジットカードで購入することができ売買できる市場が利用価値の高いギフト券として現金化に活用されているのです。

金券ショップはカードでお金のショッピング枠現金化業者

金券ショップでの現金化

アマゾンギフト券を利用したクレジットカード現金化とは対照的にインターネットを使用しないクレジットカード現金化はアナログなリアル店舗での買い取りとなるカードでお金の現金化業者となります。

 

この定番ともいえる現金化の方法は金券ショップによる新幹線の回数券の換金などによる方法となり都心部の主要ターミナル駅では今でも営業が続けられています。

 

これが現在のクレジットカード現金化の元祖とも言われる存在ですが何年間も換金目的でクレジットカードを使用されているため、クレジットカード会社から換金目的による使用を疑われる可能性の高いリスクのある方法となりつつあるのです。

 

そのため徐々にですがこのショッピング枠現金化方法は減少傾向にあり、カードでお金の看板も見かけることが少なくなっています。

 

したがって現状としてはこの古典的な新幹線の回数券でのクレジットカード現金化は衰退しているといえるでしょう。

 

ではこの店舗で買い取りを行っている今後どのような方向に進んでいくのでしょうか?

 

 

カードでお金の店舗によるアマゾンギフト券の換金

アマゾンギフト店頭買取

カードでお金による現金化方法はお店に来店し金券類を換金するシステムとなっています。

 

これは一般的な金券ショップで行われている業務内容と同じです。

 

一方、カードでお金とは対照的に実店舗を構えることなくすべての手続きをオンラインで行うことができるのがアマゾンギフト券の買取による現金化サービスです。

 

カードでお金のお店で取り扱われている商品はクレジットカード決済により購入が可能な金券類となりますが、金券ショップではデジタルギフトは換金することができません。

 

しかし最近ではカードでお金の店舗でアマゾンギフト券の換金が可能なお店が登場し始めたのです。

 

これはまだ都内で営業している一部の業者だけですが今後こういってアマゾンギフト券を店頭買取する店舗は増加していくものと思われます。

 

なぜなら各クレジットカード会社は換金目的による使用を利用規約により禁止しており、特に新幹線の回数券は要注意の商品となっており警戒されているからです。

 

このアマゾンギフト券が店頭買取されるようになることはこれまで

カードでお金=金券ショップでの換金

というのが常識でしたが金券ショップでは取り扱わない電子ギフトの換金のため来店可能なクレジットカード現金化専門店と区別されることになります。

来店にて電子ギフトを換金できる利用価値

アマゾンギフト券の店頭買取

アマゾンギフト券の換金は通常オンラインによる取引となります。

 

なぜならインターネット上で購入が可能で現金化することができれば来店する必要は一切ありません。

 

そうなりますとこのアナログな来店によるアマゾンギフト券の現金化を利用する価値はほとんどないように思えます。

 

確かにアマゾンギフト券の店頭買取が増えたところでインターネット上にある買取業者に影響を及ぼすことはないでしょう。

 

しかしこの店舗でのカードでお金の利用者は原則的にパソコンやスマートフォンなどとは縁のない方がターゲットとなっています。

 

つまり新幹線の回数券に代わる新たな換金性の高い現金化の商品としてアマゾンギフト券が活用されていることになり、これまでのようにみどりの窓口に買いに行く必要なくショッピング枠を現金化することが可能ということになるのです。

 

ただ一つ問題点があり、アマゾンのアカウントを新規作成しギフト券を購入するには時間がかかります。

 

最大で24時間とされていますが平均でも3時間程度はかかりますので時間のない方には不向きな方法となりまだ改善の余地があるといえるでしょう。

スポンサーリンク