商品券などの換金性の高い金券類はクレジットカードで決済で購入することはできないという大前提があります。

 

しかしこれはクレジットカード現金化での常識であり実際にはJCBや三井住友VISAで発行しているギフトカードはクレジットカードで購入することは可能です。

 

ではなぜクレジットカード決済でJCBが発行するギフトカードで購入し金券ショップで換金する現金化方法は行われないのでしょうか?

 

その理由はクレジットカード会社では購入履歴を確認しておりギフトカードなどの換金性の高い商品の購入は不正に利用されるケースもあり警戒を強めているからです。

 

そのため商品券をクレジットカードで購入することは不可能ではありませんがショッピング枠限度額一杯の利用や頻繁にギフトカードを購入するなどの不審な行為は利用停止や利用制限の措置を下されるリスクの高い使用方法となります。

 

そのためクレジットカードのショッピング枠現金化というビジネスの存在価値があるのです。

 

クレジットカード決済した商品は換金することは利用規約違反

クレジットカード会社と所有者の間には利用規約というルールが存在します。

 

この利用規約のなかでクレジットカードを換金目的で使用することは禁じられています。

 

従ってクレジットカード現金化は利用規約に反する行為となるのですが、換金目的の使用を事前に防止することも不可能ではありません。

 

その方法はクレジットカード決済で換金できる商品の購入を制限すれば換金目的で使用することはできなくなります。

 

しかしクレジットカード決済で購入可能な商品が制限されれば使途は減少し利便性は低くなるでしょう。

 

そのためこういった制限をかけることはなくクレジットカードでの金券類の購入は可能であり、換金目的による使用が発覚した場合に措置を下すことになります。

 

そもそも商品券やギフトカードは贈答用の商品です。確かに換金性は高いですが、購入する目的の大半はプレゼントするために使用しています。

 

従ってクレジットカードで商品券の購入は全てが換金目的ではないため一概に利用規約違反とも言えないのです。

 

アマゾンギフト券という現金化に利用される金券類

 

ギフトカードはその名の通りプレゼントするためのものです。

 

これまでギフトカードはクレジットカード会社や百貨店が発行するものが一般的でしたが、近年では電子タイプのギフト券も普及しつつあります。

 

現在もらってうれしい金券類の第一位となっているのが大手総合通販サイトのAmazonで使用可能なアマゾンギフト券です。

 

商品券といえばビール券や図書カードのようにお店で商品と引き換えるものでしたが、アマゾンギフト券を代表とする電子ギフト券は実際にある店舗で使用することはできずインターネットからAmazonにアクセスしアカウントにギフトコードをチャージして使用するギフト券です。

 

このアマゾンギフト券にはいくつかの購入方法があり、

  • Amazon内で販売
  • コンビニや家電量販店での店頭販売
  • PINCOMやベネフィットでの販売

で購入することができます。

 

このアマゾンギフト券は新たなクレジットカード現金化の商品として注目されていますが、換金性に優れている点以外にも特徴があるのです。

 

普通の商品券にはないアマゾンギフト券の特徴

アマゾンギフト券などの電子ギフト券はビール券やギフトカードのような紙の物体が存在しません。

 

カードタイプやシートタイプという形式もありますがそのカードやシートに価値がある訳ではなくそこに印字されている英数字の羅列で表記されているギフトコードに価値があります。

 

そのためアマゾンギフト券はカードやシートでもプレゼントすることができますが、電子メールでも贈ることができる電子ギフト券なのです。

 

このEメールで送信できるギフト券というのがこれまでの金券類ではなかった発想であり、新しい形のギフト券として活用されています。

 

クレジットカードで普通の商品券を購入し現金化することも可能ですが、購入してすぐにギフト券が届く訳ではありません。

 

購入してからの発送となりますので最低でも翌日以降となります。

 

その点アマゾンギフト券はメールでの発送ですので早ければ5分以内送られてくるため現金化するのに手間なく短時間で手続きをすることができます。

 

このような特徴がアマゾンギフト券がクレジットカード現金化に適している点となり用いられるようになりました。

 

しかしクレジットカード現金化の常識として金券類の購入は難しいという大前提があります。

 

アマゾンギフト券はその名の通り金券類となる換金性の高い商品です。

 

クレジットカード決済でアマゾンギフト券を購入することは問題ないのでしょうか?

 

Eメールタイプギフト券の購入方法

アマゾンギフト券買取によるクレジットカード現金化では主にEメールタイプのギフト券が使用されています。

 

もちろんカードタイプでもシートタイプでも買取は可能ですがEメールタイプが選ばれるのはメールだけで取引ができる利便性です。

 

ではこのEメールタイプのギフト券をどのように購入するのかといいますと、コンビニや大型家電量販店などの店頭では販売されていません。

 

AmazonやPINCOMなどのWEB上でしか購入することはできません。

 

Amazonで販売されているEメールタイプのギフト券を購入する場合には代金引換や銀行振込といった現金での支払いはできずクレジットカード決済のみとなります。

 

なぜEメールタイプのギフト券だけがクレジットカード決済に限られているのかは把握することはできませんが、金券類となるアマゾンギフト券がクレジットカード決済でしか購入できないという不文律が起きているのです。

 

日本ではクレジットカード現金化というビジネスは認められておりません。しかしアマゾンはアメリカを本拠地とする海外の企業の日本法人です。

 

そのためアマゾンのルールの大半はアメリカのものであり日本の常識が通用しない部分も少なからずあります。

 

このような事情からクレジットカードの先進国でもあるアメリカの企業が運営しているAmazonではギフト券の購入をクレジットカードのみとすることもありうることなのです。

 

日本国内の総合オンラインストアとしてアマゾンと二分している楽天では「楽天ポイントギフト」というアマゾンギフト券と同じような電子ギフト券が販売されていますが、クレジットカードで購入することはできず現金払いのみとなります。

 

この違いは日本の企業と外国の企業という差からあるように感じますが、結果的にこのクレジットカード決済で購入できるギフト券として高い価値があるようにも思えます。
[card url=https://www.genkin-ka.info/2016/06/30/cash-purchase-cash/]

[card url=https://www.genkin-ka.info/2016/06/10/amazongift-purchase/]