金券ショップでは商品券や株主優待券などの価値のある金券類を換金することができます。

 

商品券やギフトカードは換金性の高い金券類としてお金に近い価値がありますが、本来の目的は贈答するためのものです。

 

日本の風習としてプレゼントに現金を用いることは良いことではなく、お金ではなくもらって使い道のあるものとしてビール券や図書カードなどの金券類が用いられることが多いのです。

 

そんな商品券は様々な種類がありますが現金との違いは使用できる商品やお店が限られている点です。

 

たとえばビール券では瓶ビールや缶チューハイなどのアルコール飲料しか購入することはできません。

 

そのためお酒を飲まない人がビール券をもらっても利用価値はありませんが、お酒を飲む人にとっては現金を同等の価値が金券類となります。

 

お酒を飲まない方がビール券をプレゼントされたら飲む人に譲るか金券ショップで換金することになるでしょう。

 

これが今話題の商品券となるアマゾンギフト券だった場合、どのようになるでしょうか。

 

アマゾンギフト券の有用性と利用価値

 

世界最大手の総合オンラインストアとして誰もが知っているAmazonでは「地球上で最も豊富な品揃え」、そして「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」という企業ビジョンを掲げるこれまでにないワールドワイドな経営理念の企業です。

 

現在Amazonで販売されている商品の総数は1億点を超えており、このすべての商品を購入することが可能なアマゾンギフト券はもっとも利用価値の高い金券類となるでしょう。

 

あらゆる商品が買えるアマゾンギフト券で支払えないものは

  • アマゾンプライムの月額使用料
  • アマゾンギフト券
  • アマゾンで販売されている金券類

のみとなっておりそれ以外の商品はすべて購入することができるのです。

 

そのため贈り物にはもっとも喜ばれるギフト券として懸賞やキャンペーンの特典などでもアマゾンギフト券が活用されています。

 

金券ショップではアマゾンギフト券を換金することができない

書籍から洋服、自動車までもが購入できるアマゾンギフト券ですが利用価値がないという方はまずいないでしょう。

 

しかしパソコンやインターネットが無縁の方にとってはアマゾンギフト券を使用することはできません。

 

そのためアマゾンギフト券を現金化することも全くない話ではありません。

 

では金券類の売買を業務とする金券ショップではアマゾンギフト券を換金できるのでしょうか。

 

その答えはNoです。

 

街中で店頭買取を行っている大黒屋などの金券ショップではアマゾンギフト券などの電子ギフト券は取り扱っていないのです。

 

従ってインターネットが苦手な人がアマゾンギフト券をプレゼントされても金券ショップでは換金できません。

 

なぜ利用価値の高い金券類となるアマゾンギフト券を扱わないのかといいますと、電子ギフト券の性質に理由があります。

 

一般的な金券類とは異なりアマゾンギフト券はカード自体に紙幣のような価値のある物ではありません。

 

よくコンビニで数多くの電子ギフト券が並べられているのを見かけることがあります。

 

アマゾンギフト券だけでも数種類の金額のギフトカードが販売されていますがこの時点では1円の価値もありません。

 

このギフトカードをレジへ持って行き支払いをすることによって使用可能なギフト券となるのです。

 

これはPOSAカードというシステムで高価なギフトカードが万引きされたとしても使用できないような仕組みになっています。

 

そのため金券ショップではギフトカードやコードを見ただけでは正規に購入された物か盗難された物なのかを判断することはできません。

 

従って利用価値の高いアマゾンギフト券の売買は金券ショップではできないのです。

 

電子ギフト券の換金はインターネットの専門店なら可能

街中にある金券ショップではアマゾンギフト券を換金することはできませんが、インターネット上には無数の電子ギフト券の買取専門サイトが軒を連ねております。

 

つまりインターネット上ではアマゾンギフト券の換金が可能ということになります。

 

では本題となるプレゼントされたアマゾンギフト券を買取専門サイトであれば換金することができるのでしょうか。

 

もちろんできますが稀にできないケースもあります。

 

まずEメールタイプでチャージしていないものであれば買取は可能です。

 

問題はカードタイプとなります。

 

POSAカードなのでレジを通していないギフト券は使用できません。

 

そこでポイントとなるのが購入した際のレシートです。

 

レシートにはギフト券を購入した日時や金額が記されています。

 

そのためレシートがあればギフト券の買取は問題なくできるでしょう。

 

しかしレシートがない場合の判断は難しいでしょう。

 

有効期限はわからずバリアブルカードの場合には金額もわかりません。

 

そのためレシートのないカードタイプのギフト券の買取を拒否されることもあります。

 

今後、アマゾンギフト券をプレゼントされる機会は多くなると予想されますが、友人や知人からカードタイプをもらい換金する際には注意が必要となります。

 

特に金額を指定できるバリアブルカードでは金額を判断することができません。購入者に聞くことができればわかりますが、一般的にプレゼントとしてもらったギフト券の金額を尋ねることは無礼となりますので相手を見て判断しなければなりません。

 

これもアマゾンギフト券の特徴の一つとなりますので覚えておきましょう。

スポンサーリンク