いつでもどこにいてもお金を工面することができる便利なクレジットカードのショッピング枠現金化ですが、すべての利用者が金策の方法としてショッピング枠を現金化している訳ではありません。

 

もちろん大半の方がクレジットカード現金化する目的はお金が必要な時にお金を借りることなく都合するために活用しています。

 

このクレジットカード現金化は消費者金融などに代わる新しい金融ビジネスとされており、一部からの見解では「貧困ビジネス」と揶揄されることもあります。

 

従って現金を有り余るほどある富裕層がクレジットカード現金化を利用することは通常あり得る話ではありません。

 

しかし例外的に多くの資産がありお金の余裕がある方でも現金化を活用することも実際にあるのです。

資金調達以外のショッピング枠現金化の利用方法

クレジットカード現金化を利用する目的の90%以上は資金調達です。ではそれ以外にはどのような理由からショッピング枠を現金化しているのでしょうか?

 

まずクレジットカード現金化で資金調達するのは正規の使用方法となります。自分名義のクレジットカードを使用し現金化しているからです。

 

資金調達に次いで多いのは他人になりすましクレジットカードを悪用するための現金化となります。

 

この目的は自分のクレジットカードではありませんので現金の詐取が目的となります。

 

しかし現金化業者ではこのようななりすましによる不正使用を本人確認や本人名義以外の銀行口座の使用を禁じており防止していますので不可能となります。

 

従って現金化業者ではなくネットショッピングでの買い物や新幹線の回数券を換金する方法で他人のクレジットカードのショッピング枠を現金化しています。

 

それ以外のごく稀なケースとして事業主や会社経営者が活用している現金化もあります。

 

事業主による特殊な現金化の使用方法

クレジットカード現金化は消費者金融の代わりに個人だけが利用しているわけではありません。

 

会社の事業資金や運転資金としても活用されることは少なくありません。しかしこの事業資金のためのクレジットカード現金化も資金調達として利用されていることになります。

 

事業主による特殊なクレジットカード現金化の目的というのは税金対策となる経費として現金化をすることです。

 

企業や法人というのは利益が上がるほど多額の税金が徴収されてしまいます。

 

そのため経費として計上すれば表面上の利益は減少することになり節税することができます。

 

この会社に必要なものをクレジットカードで購入し現金化するということです。

 

注意しなければならないのがクレジットカードで購入すれば明細に残ります。明らかに不審な商品をクレジットカードで購入すれば税金対策が発覚する恐れがあります。

 

クレジットカード現金化の最新の方法として注目されているアマゾンギフト券の換金ですが、最近ではバックマージンとして現金ではなくアマゾンギフト券を取引先に贈るケースもあります。

 

アマゾンギフト券は現金に等しい価値のある金券類として幅広く活用することができます。

 

そのため事業主が贈答用としてアマゾンギフト券を購入することは珍しいことではありません。

 

一般的にアマゾンギフト券はクレジットカードで購入されることが多いですが、現金で購入されることもあります。

 

つまり現金で購入したアマゾンギフト券を現金化するというケースもない訳ではありません。

 

おかしな話ですが現金化というのはお金を得るために利用するのが常識ですが、現金で購入した金券類を換金すれば少なからず目減りすることは間違いありません。

 

それを実際に行うケースもあるということです。

 

しかしこの現金購入した物の現金化は客観的に見れば損をしていますが、目的は別にあるということになります。

 

クレジットカードでもそうですがアマゾンギフト券の代金を経費として計上し現金化しているのです。

 

そのため一般論ではクレジットカード現金化は損をするサービスとされていますが、このような異なった活用方法もあり人それぞれ使用用途や目的は違うのです。
[card url=https://www.genkin-ka.info/2016/06/10/amazongift-purchase/]

スポンサーリンク