「どうしても今日中にお金を都合しなければならない!」こんな状況に陥る可能性は誰にでもあると思います。

 

大半の方は銀行の預金を引き出し事なきを得るでしょう。

 

しかし蓄えのない方もいればキャッシュカードが手元にない状況の方おります。

 

そんな時、あなたならどのような方法で資金調達をしますか?

 

これまでにこのような急遽お金を工面しなければいけない状況に陥ってしまった経験のある方であれば何らかの対処法があるはずです。

 

現在この対処法として消費者金融からの借入とクレジットカードのショッピング枠を現金化するカードでお金がありこのどちらを選択するかについて比較検討していきます。

 

消費者金融からお金を借りる資金調達方法

お金を工面する方法を考えた時に誰もが思い浮かべるのが駅前に色鮮やかな看板で営業している消費者金融なのではないでしょうか?

 

これまで消費者金融を利用していた方であれば専用のキャッシュディスペンサーから簡単に借り入れをすることができます。

 

しかし消費者金融を利用した経験がない方はすぐにお金を貸してもらえるわけではありません。

 

では新規で借り入れをするにはどのような手続きがあるのでしょうか。

 

必須となる収入証明や在籍確認

消費者金融は通称サラ金と表現されることもあります。

 

このサラ金という言葉はサラリーマン金融の略語であり消費者向けの金融でありながらも定期的に収入のある会社員の方を対象とする金融業者なのです。

 

初めて消費者金融から借り入れをする際には限度額を設定することになります。

 

そのために年収を把握する必要があり収入証明の提示を求められるのです。

 

総量規制が開始されたことにより年収の3分の1までしか貸付することを貸金業法で禁止されたためこの収入証明が必要になります。

 

返済能力や借入状況を計るための審査

消費者金融から融資を受けるためには会社に勤務していて収入があれば誰にでも借りることができる訳ではありません。

 

過去にキャッシングやローンの返済等での未払いや遅延の繰り返しの履歴があれば銀行や信販会社などが債務情報を共有する信用情報機関に債務事故として処理されクレジットカードの発行や消費者金融の借入に影響を及ぼします。

 

そのために審査があり審査に通らなければ融資する価値はないことになります。

 

消費者金融でお金を借りるまでの所要時間

消費者金融からお金を借りるためには上記のような手続きがありすぐに済むものではありません。

 

よく消費者金融のコマーシャルで「最短60分で即日融資」などとありますが実際には1時間以上かかることがほとんどであり、すぐにお金を借りるわけではありません

カードでお金のショッピング枠現金化を利用する

消費者金融と比較すると知名度や安全性では劣る印象があるカードでお金の看板で知られているクレジットカードのショッピング枠現金化でも同様に資金調達することが可能です。

 

世間一般的にはカードでお金のショッピング枠現金化はヤミ金融のような存在として扱われており真っ当な商売という印象ではありません。

 

しかしこのカードでお金の看板は数十年前から存在しており決して新たに誕生したビジネスという訳ではありません。

 

このクレジットカードのショッピング枠現金化は消費者金融のようにお金を借りるための手段ではないという大きな違いがあり、異なったジャンルの商売となります。

 

では消費者金融とクレジットカード現金化を比較検討していきます。

 

貸金業ではないため審査という概念はない

カードでお金のショッピング枠現金化には現在さまざまな方法がありますがどれもお金を貸すのではなありません。

 

そのため消費者金融のような審査や収入証明を提示する必要もありません。

 

そのためクレジットカードの所有者であれば誰でも資金調達をすることが可能なのです。

 

現金化業者に返済する訳ではなくクレジットカード会社に支払うだけ

通常の融資や借入では貸金業者に金利を付けて返済しなければなりません。

 

しかしショッピング枠の現金化は業者からお金を借りる訳ではなくクレジットカードで買い物をし現金化する方法です。

 

そのため現金化業者に支払いをするのではなく、クレジットカードで買い物をした返済をするだけで完結します。

 

クレジットカードは分割やリボ払いを選択すれば金利が発生しますが一括で支払えば買い物をした代金だけを払うだけですので金利はかかりません

 

簡単な手続きだけで短時間で振り込まれる

消費者金融では審査に時間がかかりますが、クレジットカード現金化ではクレジットカードで買い物をすれば現金が振り込まれるシステムとなります。

 

そのため手続きに難しいものはなく極めて短い時間で完結することができます。

 

多くのクレジットカード現金化は店舗での店頭買取ではなくインターネットを経由しての手続きとなります。

 

そのためどこにいてもパソコンやスマートフォンから取引することができ手軽に利用することができる点から利便性の高い資金調達方法として数多くの方が利用しているサービスなのです。

 
[card url=https://www.genkin-ka.info/2016/06/13/transfer-time/]

スポンサーリンク