今では不動産や有価証券などをお金に換えることなどに「現金化」という言葉が使用されるようになりました。

しかしこの現金化という言葉は古くから存在していた言葉ではなく近年誕生した比較的新しいフレーズなのです。

それ以前は同じ意味の言葉となる換金や資金化などが使用されていました。

ではどのようにしてこの「現金化」は生まれたのでしょうか?

 

現金化の語源とは?

永遠に続く

インターネットが浸透した現代では何かわからないことや調べたいことがあった時はYahoo!やgoogleの検索窓にキーワードを入力すればそれに関連する様々なサイトやニュース、商品などが検索結果に表示されます。

 

そこで早速、インターネットを開き「現金化」で検索すると表示されたのはクレジットカードのショッピング枠を現金化に関するサイトばかりでした。

 

つまり現金化はクレジットカードのショッピング枠をお金に換えることから誕生した言葉なのです。

 

ではクレジットカード現金化は現金化という言葉がなかった頃にはどのように呼ばれていたのでしょう?

 

今となってはクレジットカードのショッピング枠現金化は消費者金融やキャッシングに代わる新しい資金調達の方法としてその地位を確立しています。

 

しかし数年前まではまだマイナーな隙間産業でしかなかったのです。その頃は現在のインターネットでの広告ではなく街中にある電信柱や自動販売機などに「カードでお金」の看板で宣伝していました。

 

従って今のクレジットカード現金化の前身はカードでお金ということになります。

 

「カードでお金」という曖昧な表現

カードでお金看板

クレジットカード現金化についてまったくの無知の方に「カードでお金ってなんだと思う?」という質問をしてみたところその回答は

「カードを担保にお金を借りるサービス」

「クレジットカードを買い取ってくれる」

「クレジットカードのキャッシング」

などがありました。

 

確かにカードでお金だけではどんな商売なのは見当もつきません。

 

これは現在のクレジットカードのショッピング枠現金化なのですがカードでお金という曖昧な表現をしその実態を明かさずに商売を行っていたのです。

 

このカードでお金の本当の意味はクレジットカードのショッピング枠を使用してお金に換金するということです。

 

なぜこれを曖昧に表現していたのかといいますとクレジットカードのショッピング枠を換金目的で使用することはクレジットカード会社との利用規約違反になる行為だからです。

 

その後はクレジットカード現金化となり・・・

クレジットカード現金化未来

そうなりますとカードでお金と比較するとクレジットカード現金化は明らかな違反行為ということになります。

 

しかしこの現金化というのは本来の「お金にする」という意味であり、換金目的での使用という意味ではありません。

 

同じ意味となる換金を使用した場合、クレジットカード換金では換金目的を助長するような表現となりよいものではありません。

 

現在ではクレジットカード現金化自体が違法と判断される傾向にあるためどちらの言葉にも差はありませんが、すでにメジャー化されたクレジットカード現金化が用いられています。

 

そのため現金化はクレジットカードのショッピング枠を換金する意味の言葉であり使用方法としては犯罪や汚職などあまりいい意味では使用されない言葉のようにも感じられます。