クレジットカードはお金ではありませんが買い物をすることができたりお金を借りることができたりと、お金の代用品として利用できる非常に近い存在と言えます。

 

お金に関係している投資や融資などの金融サービスには利用者を欺き騙し取ろうとする詐欺師や悪質業者が必ずと潜んでいる業種とされています。

 

従ってお金のような存在となるクレジットカードでも同様に悪意のある業者は存在しており、様々な手口でショッピング枠をお金に換金しようとしているユーザーから金品を奪い取ろうと企んでいるのです。

 

クレジットカード現金化で悪行をはたらく業者の手口はいくつもありますが、危険性が最も高いとされ甚大な被害になる可能性があるのがクレジットカード情報を悪用し不正使用されるケースです。

 

クレジットカードのショッピング枠現金化のユーザーの条件はクレジットカードの所有者であることでありこの情報を顧客から聞き出すことは容易いなことです。

 

そのため詐欺業者が現金化業者に歩みより顧客情報やクレジット情報の売買取引をするケースは少なくないのです。

 

ではどのような現金化業者から個人情報が漏洩しクレジットカード情報が不正に使用されてしまうのかを検証していきます。

現金化で提示する個人情報

 

どこのクレジットカード現金化でも利用する際には様々な個人情報を提示しなければ利用することはできません。

 

クレジットカード現金化の方法や手順によって異なりますがすべての現金化業者では身分証明書による本人確認の手続きが行われます。

 

大半の本人確認の手続きは運転免許証などの身分を証明できる書類を携帯電話のカメラで撮影しその画像をメールに添付して送信する方法で行います。

 

クレジットカード現金化は業者が悪質なところもありますが、反対に利用者が業者を欺くケースもあります。

 

そういったことから運転免許証だけでなくクレジットカードの裏・表の画像を要求してくることが半数以上となっています。

 

このクレジットカード情報を提示することにリスクがあるのです。

 

クレジットカードは銀行のキャッシュカードのように暗証番号があります。

 

キャッシュカードでお金を引き出しするためには暗証番号の入力が必要ですが、クレジットカードで買い物をする際には暗証番号は必要ありません。

 

つまりこのクレジットカード情報を知れば買い物をすることが可能ということになります。

 

クレジットカード現金化の確認書類の中にクレジットカード情報もある場合は注意した方がよいでしょう。

 

クレジットカードを不正使用する業者の特徴

クレジットカードの画像を提示することに抵抗を感じる方は少なくありません。

 

しかし半数以上の現金化業者でクレジットカードの情報がなければ決済ができないとなりますと、それだけでは判断が困難になります。

 

では不正使用する危険性のある現金化業者にはどんな特徴があるのでしょうか?

 

業界大手の業者なら安全性は高い

クレジットカード現金化関連のキーワードでいろいろと検索するとわかることですが、頻繁に掲載されている業者がいくつかあることに気づくと思います。

 

よくクレジットカード現金化の噂で比較サイトやランキングサイトの信憑性はないなどと投稿されていることがありますが、実際にある話でもあります。

 

なぜなら比較サイトやランキングは現金化業者関連の広告であり掲載するために結構な金額を支払いその位置に掲載されているのです。

 

そういった比較サイトやランキングサイトの広告費をいくつも支払うことができるのは経済的にも余裕がなければ不可能です。

 

それだけの費用を捻出し集客に注力している大手の業者というのはトラブルやクレームといった面倒なことは回避する傾向にあります。

 

なぜなら相当数のリピーターもおり手堅く運営をしているのにも関わらず厄介なことに巻き込まれ撤退を余儀なくされることも考えられます。

 

そうならないためにも顧客情報の管理なども徹底しており漏洩する可能性はないと言っていいでしょう。

 

申し込みフォームで多くの情報が必要

クレジットカード現金化を利用するユーザーにとって申し込みフォームを入力し送信するのが一番初めに行う手続きになります。

 

各現金化業者によって申し込みフォームで入力する内容は様々ですが、簡単な内容のものもあれば多くの情報が必要なものもあるのです。

 

危険性の高い業者の特徴として申し込みの時点で銀行口座やクレジットカード情報が必須項目となるところです。

 

 

クレジットカード情報などは利用することを決めてから提示するのが通常ですが、まずクレジットカード情報が必要になるというのは不可解な点となります。

 

こういったクレジットカード現金化のサイトというのは情報を奪うためのダミーのサイトなのです。

 

つまりクレジットカードのショッピング枠を現金化することはできずただ個人情報だけを抜かれてしまいます。

 

この場合、クレジットカードが悪用される可能性は非常に高いですのでもし入力してしまった場合には変更手続きを行いましょう。

キャッシュバックによる現金化に比較的多い

商品買取でのショッピング枠現金化では本来、クレジットカード情報は必要ありません。

 

なぜならユーザーがクレジットカードで購入した商品を換金するだけですので、現金化業者にはカード情報は必要なく利用することができるからです。

 

従ってクレジットカードの不正使用の原因となる現金化業者はキャッシュバック方式に偏っているのです。

 

キャッシュバックでの現金化の場合、クレジットカード情報を提示し業者が決済を行うところもあります。

 

その場合にはクレジットカード情報がわからなければ決済することはできず、現金化することもできません。

 

そのためカード情報が必要となりますが、その情報がどこに出回ってしまうかはわかることはなく不安な要因の一つです。

 

 

不正使用された後の処理

ではもし本当にクレジットカードを不正使用されてしまったらどう対処すればよいのでしょうか?

 

不正使用が起きた場合には決済の有無の関わらず所有者の元へクレジットカード会社から連絡が来ます。

 

クレジットカードにはクレジットヒストリーという使用した履歴が残されておりこれまでの購入履歴とは異なった動きがあった場合、本人による使用かを確認するシステムとなっています。

 

そのためクレジットカードが他人に利用されたとしても簡単には決済することはできません。

 

つまり不正使用されても自動的に制限がかかり決済はエラーとなり本人確認により不正が発覚するのです。

 

決済がエラーになった場合にはクレジットカードが再発行されるだけで済みますが、決済ができてしまうと通常通り請求されることになります。

 

突然身に覚えのない高額な請求が届き驚く方は少なくありません。この不正使用にによる請求を支払わなければならないのでしょうか?

 

これはクレジットカード会社によって対応を違ってきますが、ほとんどは決済を保留にし請求書が再送されますがなかには一度請求分を支払った後不正使用の処理をする会社もあります。

 

予定していなかった数十万円の支払いをすぐにできる方は少ないでしょう。

 

しかしこれを支払わなければ遅延となりクレジットカードが利用停止となってしまいます。

 

こうならないためにもクレジットカード情報の取り扱いには十分注意し提示を要求する業者はなるべく避けることが不正使用されないための予防策となります。

スポンサーリンク