買い物の支払いをクレジットカード決済で行うことは日常的にあります。

 

晩ごはんの食材を調達しにスーパーに行きレジの列を並んでいると前のお客さんが

「支払いはカードで」と言って財布からクレジットカードを取り出しました。すると

「お支払いは一括でよろしいでしょうか?」と店員さんが聞き返す光景を見かけました。

 

クレジットカードの支払い方法は基本的に

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

の中から選択することができます。

 

一括で支払いをすれば金利は発生しないため特に高額な買い物以外は大半の方が一括払いを選択しています。

 

クレジットカードのショッピング枠現金化でも買い物をした代金をクレジットカード会社から請求され支払うことになります。

 

クレジットカード現金化で使用される金額は使用用途や利用可能枠などによって十人十色異なります。

 

しかしどこの現金化業者でもクレジットカードの支払い方法を選択することができるとは限らないのです。

一括払いしか選べない現金化業者

インターネットで「クレジットカード現金化」や「カードでお金」などのキーワードで検索しますと数多くの現金化業者のサイトや関連した比較サイトなどが検索結果に表示されます。

 

 

一口にクレジットカード現金化と言ってもすべてが同じ方法や手続き内容ではありません。

 

各現金化業者によってクレジットカード決済で購入する商品の種類や提携している決済代行会社は異なっています。

 

そのため現金化業者によっては使用できないクレジットカードがあったり、手数料が異なるクレジットカードの銘柄があったりしているのです。

 

そういった現金化業者ごとの差の一つに支払い方法の選択という点があります。

 

日本国内でクレジットカードを使用する場合、どこのデパートでも飲食店でも支払い方法を選ぶことはできますがクレジットカード現金化の場合には一括払いのみの業者も存在しているのです。

 

なぜ支払い方法を選択できない業者が存在するのかといいますと、クレジットカード決済を可能にする決済ラインが国内以外の場合には支払い方法が一括しかないことがあります。

 

クレジットカードの本場とも言えるアメリカでは支払い方法は基本的に一括となっており、アメリカを拠点として世界中で利用されている世界最大手の総合オンラインストアのAmazonでのクレジットカードの支払い方法は選択肢はなく一括での請求となります。

 

支払い方法が選択できなかった場合の対処法

まとまったお金が必要になりクレジットカード現金化を利用しましたが支払い方法を選択することができないことがあります。

 

支払い方法が選択できないということは一括払いということになりますので、利用した決済金額を一度に支払うことになってしまいます。

 

クレジットカード現金化で使用する金額が少額であれば特に問題になることはありませんが、高額で利用した場合では一括では支払いが困難な状態に陥ってしまうことは免れません。

 

そのため高額決済の現金化利用で支払いが遅延してしまうケースは少なくないでしょう。

 

当たり前の話ですが請求が届いてからではもうどうにもなりません。

 

しかし事前に対処すればこのようなトラブルを回避することは可能です。

 

この一括請求を回避するための方法というのはクレジットカード会社によって名称は異なりますが「あとからリボ」や「あとリボ」などという支払い方法を決済後に変更することができる方法があるのです。

 

これを使用すればクレジットカード現金化で高額決済を一括払いになってしまってもあとからリボ払いに変更可能なので支払いに困ることはないでしょう。

 

クレジットカードは支払いの遅延を繰り返せば利用停止となる可能性は否めません。

 

そのためクレジットカード現金化を利用する場合には支払いのことを考え計画に利用しましょう。

 

万が一クレジットカード現金化で一括の請求がきてしまった場合の対処法はといいますと、最終手段としてもう一度ショッピング枠を現金化するしかありません。

 

計画的な利用という点から考えればあまり良い方法とは言えませんが、クレジットカードの支払いをするためにはやむを得ない手段と言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク